FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 ハプログループD (Y染色体) 

ハプログループD (Y染色体) wikiを纏めただけです。
分子生物学・人類遺伝学で用いられる、
人類のY染色体のハプログループ(型集団)の分類で、
YAPと呼ばれる珍しい変異の型を持つもののうちの「M174」に定義されるもの。
YAP (Y染色体ハプログループ) ややこしい。

約5万年前、アフリカでハプログループDEから分岐、
沿海を通ってアジアへ向かった
と考えられている。
今日、アジアの極めて限られた地域でしか見つかっていない。

一方、ハプログループEは、アフリカや中東、ヨーロッパなどで見つかっている。

東アジアに住むためにアラビアから南アジアの沿海岸を通って東南アジアへ
さらに北方への経路を進んで移住していったと想定されるが、
現在のインド・中国(漢民族)やその他の地域では全くその痕跡が見当らない

地球上でハプログループDが人口比に対して高頻度で見つかるのは、
日本、チベット、ヤオ族、アンダマン諸島、フィリピンマクタン島、グアム島だけで、
世界でも孤立した限られた地域でしか見つかっていない


しかしこれらのハプログループは、同じハプログループDに属していても、
サブグループが異なるため、分岐してから数万年を経ている
ことを示している。

また中国、朝鮮、東南アジアで一般的なハプログループOとはさらに遠く隔たっている


チベット D1aが16%、D1cが33%、とD系統だけで約半数の49%。←さすが秘境☆

ヤオ族 30%。

アンダマン諸島のジャラワ族やオンゲ族 D系統が100%。
←全員!

フィリピンのセブ州マクタン島ラプ=ラプ市
アンダマン諸島と同様 D1a,D1b,D1cに属さない、ハプログループD2の人物を複数発見。

グアム島 D1a,D1b, D1cに属さない「D*」が6人に1人の割合に当たる17%。

アイヌ 「D1b」が16人に14人の割合に当たる87.5%。

日本本土(九州、本州、四国)
地域差もあるが30~40%のハプログループが「D1b」。
これは古代の縄文人の末裔
である可能性が高い。
「D1b*」から「D1b2a」まで様々なグループが見られる。

沖縄北部 住民の56%がハプログループD1b系統。

南北アメリカ大陸(ネイティブ・アメリカン)の中では全く見つかっていない。

「パブログループDに属する人々は、
 日本語の文法の特徴である、SOV型の語順の言語を話していた」とする説
がある。


おまけ Y染色体ハプログループ
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper