FC2ブログ
≪ 2020 01                                                2020 03 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

 生き生き書ける(しかもモテる)作文術! 

エデュカチオ!

作文 文字にして自分の考えを伝える。何を書くか、思考力を支える

小学校「書くこと」目標 
低学年
 
経験したことや想像したことなどについて順序を整理し、簡単な構成を考えて書く

中学年
相手や目的に応じ、調べたことなどが伝わるように注意して書く

高学年
目的や意図に応じ、考えたことなどを文章全体の構成の効果を考えて書く


どのように書くか
読み手の頭の中に映像が浮かぶような、臨場感のある文章。

五感を使って書く

自分が何をどう見たか、どう感じたのか、表現豊かに

一番印象に残ったことを題名にする
「遠足について書け」と言われても、題名は「3回も転んでしまった山登り」。


書く態度を育てる 嫌々ではなく、書く楽しさを伝えたい
苦手な子には、まず原稿用紙の裏の白紙に書かせる

対話を通して子供の思考を引き出す。言葉にする。
積み重ねると子供が自分で考え、書けるようになってくる。
作文は自分と向き合う作業。人間が深くなっていく。

ほめられてコツがつかめてくると、世間の上手い表現に心が留まるようになる。
作文が上手いと異性にもてる 知性を感じさせる文章に異性は弱い。

国語の力は全ての学力。人間力とも言える、全ての土台となる大事な力。



感想 
なるほど、苦手な子は客観的に書こうとしすぎるのかな。
それでつまらない文章になるし、長く書けない。

読書も「こういう表現があるのか」と感動して使ってみたくなるので良いと思う。

国際化に伴い、自分の考えを述べることがさらに重要になる。
話すのが苦手ならば、せめて文章は得意になった方がいいよねー。


おまけ 
感想文の書き方
伝える極意 一分間スピーチ

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper