FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #2 アラビアンナイト 

100分de名著 西尾哲夫国立民族学博物館教授

第二回 異文化が出会う場所
バグダット 762年、アッバース朝イスラーム帝国の新都
として建設。
円城都市 四方の門から幹線道路が延び、世界の十字路と呼ばれていた。

9世紀には人口100万人、当時世界最大の平和な国際都市。
唐の長安と並ぶ二大都市。宗教や民族政策が寛容だった。

最先端の医学 高度な手術。
古今東西の文献がアラビア語に翻訳され、書店で注文することができた。
ギリシャ哲学や数学など、ユーラシア大陸一の知恵の都
とも呼ばれた。

アルトロラーベ 天体の位置から日時・方角・場所が特定できる測定具。
床屋が散発していい日か決める。

バグダット・カイロ・ダマスカスなど、ほとんどが都市の物語。
背中にコブのある男
 登場人物達は多民族・多宗教。

荷担ぎ屋と3人の娘の物語 バグダットの市場で買い物をする場面がある。

博物誌のように読むこともできる。
当時の庶民の暮らしぶりが分かる資料でもある。


シンドバッドの冒険 海洋交易時代の物語。
シンドバッドは「シンド地方の人」
という意味。インド洋に面する辺り。

元は千一夜に入ってなかったと思われるが、当時のバグダットの様子が感じられる。
船乗りと言うよりは商人。珍しいものを仕入れてはバグダットで売り捌いていた。

5世紀位から、陸から海に交易路が変わっていった。

ダウ船 イスラム圏の伝統的な木造帆船。
アフリカ大陸~東南アジア~中国まで巡っていた。


不思議な物語はイスラム圏から少し離れた場所
当時の人達は実用的なものとして活用していた。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper