FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 茶草場農法 

静岡流~お茶作りが育む“命の楽園”~より

掛川市東山地区 2013年、世界農業遺産に認定
された。
自然を生かした伝統的な農業を守り続けている地域に認定される。

茶草場 茶畑に寄り添うように点在する草むら。茶畑によって守られている。
人の営みが生み出した、小さな生き物たちの小宇宙。

多様な植物 
100m2辺り80種もの植物があり、普通の草むらの3倍。
絶滅危惧種や、ここにしか咲かない花も多い。

草刈り
茶草場は、薄が刈られることでいろんな植物が入ってくる。

もし草刈りをしないと薄が強くなり、もっと強い山の植物が入ってくる。
つる性の植物が草むらを覆ってしまうと日当たりが弱くなり、
丈の短い草花が人知れず消えていく。←↑川沿いで見た状態だな。

秋に畝の間に乾燥させた草(茶草)を敷き詰めると、
1、お茶の味や香りが良くなる。
2、雑草を防ぐ。
3、乾燥を抑える。
4、土がふかふかになり、根張りが良くなる。
5、有機物、腐食が増えて黒っぽい土になる。


茶草場の一年
12月
 朝の冷え込みが増した茶畑に霧が立ち込める。
茶草場の草は根元からきれいに刈り取られている。
地表は短く刈り取られていても、根は変わらずに地面から水を吸い上げて、
一心に日光を浴びている。凍る寒さでも、たくましく生きている。
一見何も無くなったように見えるが、草花たちは息を潜めて春を待っている。

4月 新茶の季節。
日光が地表にあたり、草が少しずつ伸びてくる。
はるりんどう 草丈8cmの小さな花。

5月 
ささゆり   草刈りの恩恵を一際受ける花。3年で芽が出て、開花まで7年
かかる。
フジタイゲキ 掛川周辺だけに咲く、春の終わりを告げる草丈1m位の花。

6月 梅雨。草が急速に伸びる。
ダイミョウセセリ
ナキイナゴ
ニホンカナヘビ
 かわいい。
茶草場の中にできた小さな水の流れに、ヤマアカガエル、モリアオガエル
草地の生きものを狙って、鳥達も集まる

8月 あふれんばかりの草で覆われる。バッタは隠れられてほっとする季節。
秋の七草が咲く。
かつては人里近くでよく見かけたが、人が手を入れる草地が減ったことで見なくなった。
昔のように、草を肥料や家の屋根に使ったり、家畜の餌にすることが無くなり、
人が手を入れなくなると、草むらは失われ、花も姿を消す。

10月 最後の茶の収穫。虫たちの楽園。
命を繋ぐ虫たちの声が聞こえる。
カケガワフキバッタ 掛川に昔から住んでいるとても珍しいバッタ。

12月 農家の人は再び刈り取った草を畝にまく。

直売所
 茶草場の草花やカモシカなどの写真を飾っている。
しかし、急な斜面で毎年大量の草を刈るのは農家の人にとっては大きな負担。

認証制度 どれだけ草を入れたかなどを表示。
消費者に分かりやすく、生産者に張り合いを持たせるため。
良いものだと分かれば消費者は応援するし、生産者は頑張れる。

観光客の案内 生産者自らが自然を学び、伝える取り組み。
茶畑と自然の関わり、茶草場農法の素晴らしさを、生産者自身も再認識した。



感想
 「農業も自然破壊の始まり」と言われて衝撃を受けた学生時代。
でも人の手は自然と街の間に里山という調和も作りだすことができるし、
人の手を入れないと失われる自然もあることを認識することができました。

おまけ1 富士市大淵笹葉地区 
防霜ファンがほとんどなく、日本の原風景そのものの珍しい地域。

大淵地区まちづくり協議会
8年位前から耕作放棄地として荒れていた土地を少しずつ戻してきた。
駐車場・観光案内などを整備して、多くのカメラマンが集まるようになった。
これからもこの景観を大切に守っていきたいと活動している。


おまけ2 静岡お茶物語 壱 より
静岡お茶物語 チャレンジする茶農家たち 壱

お茶は静岡県が生産量・消費量とも一位だが、消費量が減ってきている。
急須で淹れて飲むお茶のおいしさを知らない人が増えている。


静岡市葵区大沢 縁側カフェ お茶とお茶請け 300円。
茶農家の人の話を聞きながらおいしいお茶が飲める。
各家でお茶の味や、お茶請けも違う。

グリーンエイト(菊川市) 和紅茶の開発。静岡マルイ・ネットなどで買える。
 
茶っピイ向島園(藤枝) 新工場を作り、攻めに出る若社長。
有機栽培! 抹茶の原料の碾茶を作っている。抹茶味は世界中で人気。従業員も若い。
「お茶は好きでやっている。もっとストレスを無くして趣味のように楽しくやりたい」

おまけ3 #2古事記 文化と農耕の起源

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper