FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #4終 プラトン 饗宴 

第4回 理想を求める心
漫画家 江川達也先生 
一貫して描き続けてきたのは哲学だと言う。
数学や世の中の出来事など、法則性を見出すのが好き。
伊集院「数学と哲学は関係ないのでは?」
教授 「プラトンの学校『アカデメイア』の入り口には、
    『幾何学学ばざる者入るべからず』と書いてあったのですよ」

巫女ディオティマの言葉
の纏め

美そのものを観ることで、人生は生きるに値するものとなりましょう。
黄金・衣装・美少年などは比べものにならないと思うでしょう。
徳の影ではない、真実の徳を生み出すことが起こり得るのです。
その人は神に近づき不死となることが許されるのです。


愛は、人間が美そのものへ近づく最大の援助者。
人は愛の修行に励むべきだと結ぶ。

徳の影・徳の像
便利さ・豊かさ・長寿などを求め続けるのは、幸せのイデアから離れてきていないか。


江川先生の言葉

世間で言われている愛は、まだ未熟な愛なのではないか。
性的エネルギーが昇華していくと、素晴らしいものに変わっていく。


洞窟の比喩
 プラトンの著書『国家』より

私達は生まれた時から洞窟に住んでいて、穴から差し込む光の影を見ている。
私達は一部分の一部分の一部分を追い求め、それもまやかしかもしれない。
洞窟の外にイデアの世界がある。そのことを知ると私達はもっと自由になれる。


私達は延々と影絵を見ていられない。一人ではその事に気付くことができない。
社会が行き詰った時、イデア(外の世界)を知っている人間が変えなければいけない。


アテナイでは、弁舌に長けたソフィスト達が幅を利かせていたが、
ソクラテスは彼らとは一線を画した活動をした。

声高に演説するのではなく、人との対話で誤りを指摘し、真実を導き出そうとした
ある日、神を冒涜し若者を惑わせたとして裁判に掛けられる
「皆さんは私の「話し方」ではなく、
 私の言うことが「真実か否か」だけに注意を向けてそれをよく考えて下さい。」
しかし、有罪となり死刑が宣告された。

弟子達が逃げるように勧めるが、紀元前399年、自ら服毒死した。

ソクラテスは皆を洞窟の外に導こうとしたが、社会の破壊分子だと殺されてしまった。
弟子達は一切著作物を残さなかったソクラテスに代わって、膨大な本を残した。
プラトンの『饗宴』は、師のソクラテスを尊敬する心が書かせた本だった。
ソクラテスのことを書くことで、皆をイデアの方へ向けさせようとした。
『饗宴』は、始めの方は読者に受けるように面白おかしく書いている。

漫画界のプラトン

ソクラテスのように処刑されたくないから、「話し方(漫画)」を面白くしているが、
本当はイデアに近づいてほしいと思って描いている。「ちょっと偉そうですね(笑)」
イデアを増やすほど売れなくなっていくと言う。
↑「力を入れた本は売れなかったりする」  教育学者 斎藤孝

『饗宴』との対話
プラトンは、書くことでソクラテスと対話している。
『饗宴』を読む私達も、ソクラテスやプラトンと対話している。


感想
3、4回目ですごく面白くなったと思いました。1・2はその準備段階だったのか。

江川先生がとても生き生きとして楽しそうでした。本文に混ぜちゃったけど名言連発。
隣の教授が頷きまくっていました。
この2人、この後飲みに行くんじゃないかと思うほどでした(笑)。
知恵の子が生まれちゃったりして(笑)。
良い出会いは大切だな、と改めて思いました。

洞窟の比喩はすごい! いつも持っていたい感覚です。
すぐに囚われてしまうんだよな、どうでもいいことを追い求めてしまうんだよな。
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper