FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 未来を変える!? 大豆の力 

大塚製薬プレゼンツ 宮根誠司と考える!ニッポンの食の未来

大豆には牛肉に近い良質のたんぱく質がある。
しかも体に負担のかかりにくい植物性たんぱく質である。

一人が一食で食べる牛肉200gは、大豆を2kg使って育てられている。
大豆2kgで、32人の一食分になる。

大豆を直接食べると、
牛に大豆を与えて育てるより、水は50分の1、エネルギーは20分の1で済む。



中国の貴陽
 貴州省の省都。標高1100m。
市場には30種類もの豆腐が並んでいる。

豆油鶏(ドウ・ユー・ジー) ガーゼに包み、ハムのように紐をかけている。
豆腐果 焼き豆腐。
豆腐干 長方形で茶色、厚さ1cm位。

屋台でいろいろな豆腐料理を食べられる。
豆腐に野菜を詰めて揚げたもの、干した豆腐とセロリの炒め物、
桶豆腐
 朧豆腐。砂糖や辛い物などをかけて好きな味付けで食べる。


17の少数民族
プイ族 
400人が壁も屋根も石造りの家
に住んでいる。敷き詰めているから雨漏りはしない。
稲作に向かないので、大豆やトウモロコシをよく食べる。
納豆の発祥地かもしれない。
「ナットン」と発音する。
貴重な保存食。一粒でも塩辛く、酒の風味がある。

蒸した大豆は甘いにおいがする。
藁のような籠の内側に藁のようなものを敷き詰め、その両側に袋を入れ、
大豆を入れ、敷き詰めてあった藁で包み、重石をする。
4日発酵させ、塩と酒を入れる。

野菜や肉と炒めたり、香菜と和えたりする。

納豆文化がある国
 中国・インドネシア・タイ・ネパール・日本など。

ミャオ族
道どめ
 村の入り口で12回お酒を勧めて歓迎する習慣。伝統音楽で歓迎もする。
一軒の豆腐屋が代々受け継がれ、村人は豆腐や野菜を多く食べている。

生絞り製法 
機械で未加熱の大豆から豆乳を絞り、鍋で煮詰め、古くから山で採れる石膏で固める。
ゆっくり固まり滑らかになる。
布で濾す。ぎゅうぎゅう押す。こうしてできた豆乳は世界一おいしい
と言う。
型に布を被せ、豆乳を流して2時間で完成。
村で採れた大豆を、清らかな水で、手間と時間をかけて豆腐を作っている。

豆腐料理
豆腐と魚の辛みのあるスープ
 ぼこぼこ沸騰している。
干した豆腐と豚肉の炒め物  プリプリで薄いお麩みたい。
血豆腐 大豆を潰して豚の血を加え燻製にしたもの。もちもちして甘辛い。唐辛子。

元気なお年寄りが多い
標高が高く、森があり、水や空気がきれい。
大豆には植物性たんぱく質が多く含まれており、他の食物とバランスよく食べている。



感想 
肉がますますもてはやされる昨今ですが、大豆の良さも見直した方がよ良さそうだな。
消化が良くなるように、いろいろな加工法や食べ方が工夫されてきたのだな。

おまけ1 豆腐店、続々と廃業「365日働いても利益ない」
スーパーの豆腐はなぜ安いのか理解し、もし近くに豆腐屋があるなら、
そこで大豆製品を買うことが自分たちの食を守ることにもつながると思います。

おまけ2 大豆から作られる食べ物
おまけ3 凍み豆腐
関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper