FC2ブログ
≪ 2019 10                                                2019 12 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 伊勢神宮 

トラッドジャパン
約2000年前に成立。
祭神は天照大神 日本の神話に登場する太陽の神。
日本の神社の中でも特別な位置を占めている。
皇室の氏神、天照大神を祀る神社として、貴族や武士の篤い信仰
を集め続けた。
江戸時代には信仰が民衆へと広がり、何度もお伊勢参りが流行した。
一年間に総人口の一割の人が訪れたと言う記録がある。

伊勢神宮は、五十鈴川の畔に建てられた内宮・外宮・別宮・摂社・末社、
合わせて125の宮からなる。
内宮は神宮と呼ばれる。

内宮の境内には樹齢300年を越える杉や檜が自然のままに生い茂っている。
1km以上続く参道を歩くと社殿に到着。

外宮 内宮と対を為すように建てられた。


日本の稲作文化と深い関わりがあり、その象徴が10月に行われる神嘗祭。

神嘗祭は皇室の年中行事の一つ。
新米を伊勢神宮に奉納し、その年の実りに感謝する。

社殿の形は稲作が始まった頃の米蔵が原型で、稲作との関係が見られる。

式年遷宮 20年に一度行われる行事。

白木造りで、屋根は茅で葺く簡素な造りのため、年月とともに劣化が進む
そこで、社殿の美しさを保つために、隣に用意された敷地に全く同じ建物を作り、
そこに神の魂を移す。


式年遷宮により、神の力が蘇ると人々は信じてきた。御神威を更新する。
伊勢神宮はこの行事を繰り返すことで、古代の建築様式をそのまま現代に伝えている。

古より人々の信仰を集めてきた伊勢神宮。
その建物や行事には、日本文化との深い結びつきが形として大切に保存されている。


立て替えた木材は全国の関連神社で再利用される。 ←なんだか霊験あらたか。


神とdeity
Godはキリスト教の唯一絶対神。
神道は多神教なので、「a god」や「gods」になる。

deityは、ギリシャ神話のゼウス(ラテン語のDeus)に由来し、
「a deity」、「deities」と使う。


godにはgoddess(女神)があることに対し、deityには性別が無い。

日本の神や仏には性別が明確ではないことが多いので、deityの方が合っている。


キリスト教の教会は神宮と趣が違う。

教会は墓地に囲まれているものの、心地良い場所もある。
神秘的な雰囲気は建物の中にあり、そこで唯一神の存在を感じる。

日本の神社は敷地全体が神秘的な雰囲気で、
立派な木に囲まれていて、多くの神々の存在を感じる。


外国人にとって驚きなのは、神聖な建物内には見る物が無い事。
教会のような建物内で見ることやすることはない。
例えば、歴史的な記念碑、礼拝、コンサート、喫茶室、土産屋などがない。
日本の神社は、特別な儀式以外では社殿の中に入れない。

お伊勢参り 旅の過程も大事。
昔、全国にお伊勢講という組織があり、資金を出し合って交代でお伊勢参りをした。
旅行会社の先駆け
とも言える。

イギリスではトーマス・クックにより汽車で海に行くことが流行し、
19世紀に各地にリゾート地が作られた。
日本のお伊勢参りはそれより早かったが、
有名な門前町に線路が伸びるようになったのは20世紀初め。

現在の旅行業も、巡礼の延長線上にあると言える。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper