FC2ブログ
≪ 2019 10                                                2019 12 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 #3終 病の起源 プロローグ 

糖尿病
食事で得た糖分は、小腸で吸収され全身に運ばれる。
血糖が上がると、毛細血管に糖がくっつき、塞いでしまう。

足で詰まれば壊疽・目だと網膜症で失明・腎臓だと心臓病になる。

13000年前 農耕でお腹一杯に食べられるようになった。

ハッザの人々(タンザニア)
太古の人類と同じ狩猟採集生活。必要最低限の食事で満腹になることはない。
糖尿病とは無縁。
←多分腰痛も。農耕をしないから。

人類の抵抗 糖尿病を防ぐ進化
インスリン 血糖値が高くなると膵臓から分泌し、
血糖中の糖を素早く細胞に取り込み、血糖値を下げる。


しかし、お腹いっぱい食べたいと言う人類の欲望が、
牧畜の開始・農耕技術の向上などを生み出し、
いまやインスリンの働きが追い付かないほど栄養過多
になり、
世界には3億7000万人もの糖尿病患者がいる。

最新医療 胃の上部に特殊なバンドを付けて食欲を抑える手術。


欲望が大きくなりすぎると病を作る。


悠久の時を越えて、現在の姿に進化してきた人類。
進化の裏で背負ったのは、病という宿命。

しかし、二足歩行で手を自由に使えるようになったから、私達は知恵を手に入れた。
自分が『ホモ・サピエンス(知恵のある人』であることを、
もっと自覚して生きていけば、病の種を開かせずに済むかもしれない。



おまけ
脳卒中 180年前
 脳の巨大化に、血管の進化が追い付かなくなった。

心臓病 250万年前 
人類が食べ始めたものによって心臓に負担がかかるようになった。←肉かな。

うつ病 4億年前の魚 防衛本能の暴走。

がん 5億5千万年前の多細胞生物 細胞分裂のコピーミス。他にも幾つかの要因。


おまけ2
どうして人類だけが太るの?面白い本でした。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper