FC2ブログ
≪ 2019 10                                                2019 12 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 孔子 

10min.ボックス(古文・漢文) 漢文3・論語
約2500年前の春秋時代、小さな国々が争っていた。
孔子は、武力がものを言う社会に憤っていた。

孔子の理想 如(まごごろ)に満ちた社会。

老者は之を安んじ、朋友は之を信じ、少者は之を懐けんと


そのために、正義と秩序を重んじた

30代の頃、塾を開いた。
豊かな見識と温かな人柄を慕って、多くの弟子たちが集まった。

教育の基本は対話
相手の性格や資質に合わせて
、人生の様々なことについて正しい道を教えた。

知るとは、自分が何を知っているのか、知らないのかをはっきりさせること。

過ぎたるは及ばざるがごとし

力足らざる者は、中道にして廃す。今女は画れりと
「先生の教えはありがたいけれど私の力が足りない」と言った冉求に対した言葉。



50代の頃、政治家として活躍できる国を求め、故郷を離れた。

法律や罰で縛れば、民は悪いことをしても恥じることが無くなる。
道徳を持って行い、礼儀を重んずれば、人々は悪いことを恥じるようになる。


しかし、孔子の教えを受け入れてくれる国はなかった。
14年後、失意の内に故郷に戻る。晩年は、弟子の教育と書物の編纂に打ち込む。

理想は実現できなかったが、
後に弟子たちが孔子の教えを纏め、論語として残した。


孔子廟には人が訪れ、今でも人々の生きる指針になり続けている。


おまけ #1 論語  昔の記事は上手く纏まっていないと感じます(汗)。


感想 法律で縛るのが良くないと言うのは、孔子も老子も同じなのだなと思った。
違う所は、孔子は悪事を恥だとして、他人の目を通して良くないと捉えていて、
老子は悪事をすると自然の道から外れ、自分にとって良くないのだと言っている。

道徳が大切だと言うのも同じだけど、対処法が違うのかなと思った。
孔子はそのために礼儀が大切だと言い、
老子はその形式主義を批判し、水のように素直に生きろと言った。

孔子さんは、人間の本質は悪だから礼儀を以って接することが必要だと考えたのかな。
老子さんは、人間も自然から生まれたから、純朴に生きればいいと思っているのかな。
↑違っていたら恥ずかしいので、ご存知の方はこっそり教えて下さい。

ちなみに性善説は孟子(仁義)で、性悪説は荀子(礼治主義)のようです。
孔子の死後、儒家は八派に分かれ、その中の二つなのか。孔子より後なのか。

今の所、老子さんの考えの方が納得できるなあ。
言動に義務を要求されたら反発が生まれると思う。

「情けは人のためならず」ってね。
はて、この言葉の語源はどこだろうか。
調べてみるとこれは日本のことわざで、古くからいろんな書物で使われているんだね。
「曾我物語」  (南北朝頃1315~1420年の伝記)
「太平記」  (応安3~4年=1370年頃の軍記)
「山中常盤」 (1620年代の絵巻)
「葵上」   (室町後期か?謡曲)
「世話尽」  (明暦2=1656年)
「御前義経記」(元禄13=1700年)
「常夏草紙」 (文化7=1810年)

「情けは人のためではなく、いずれは巡って自分に返ってくるのであるから、
 誰にでも親切にしておいた方が良い」
という意味だけど、老子さんの思想を加えると、
「自分に返って来るかどうかは関係なく、自分の心に素直に良いことをしたら、
 それは道を行うということであり、気分がいいよね」
という意味もあるかなと感じました。ついでに、
「べっ別にあなたのためじゃないんだからね、自分のためなんだからねっ!」
という言葉も浮かびました(笑)。
そして、道に沿った良い行いを続けていると、言わずとも周りは気付き、
自分も助けられるということなのかなと思いました。

このことわざは、社会の中の振る舞い方として小さい意味になってしまったけど、
生きていたら身の回りのことで精いっぱいになるよねということで、
役立つ処世術として残っているのかなと思いました。

でも、孔子さんも良い言葉をたくさん残していると思います。
最後は老子の話になってしまったので、孔子についてももっと知りたいと思いました。

関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper