FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #2 和暦で暮らそう 

上古の暮らし 暦も天気予報もない。
四季が激しく転変し、その変わり目を突いて起こる天変地異も少なくない。

だから、少しでも慣れない変化を感じればそれを疎かにせず、
それが何の前兆なのかを必死に突き止めようとした
自然風土への研ぎ澄まされた感性や知恵の集積は、生存条件そのものだった。


6世紀頃 漢字文化圏に編入した。
利点
 #1 日本語の変化
土着の日本語の音と文法を生かして文字で表す便利さ万葉仮名→日本語の変化

夥しい漢語が新しい日本語として取り入れられた経験は、
治時代、西洋の文化・文明の一切を翻訳・吸収することにも生かされた。
漢字の意味表現力・新語造出力
のおかげもある。

欠点
外来文字を強引に当てはめ、本来の意味や情感が隠蔽された部分もある
↑古事記の序文はこのことを言っているのかな。

古来の日本語は、一つの音にいくつもの意味がこもっている。
それを漢字に当てはめると、その文字の意味に限定されてしまう。


日本人古来の精神性や宗教観に関しても外来文字が当てられ、漢意に塗り込められた。
「たま・いみ・みそぎ・はらい・なおらい」
→「魂・忌・禊・祓い・直会」


旧暦 欽明天皇の頃、百済の暦博士が日本に伝えた。
暦法・漢字・仏教は、日本史最大級の外からの文化衝撃。


江戸時代
本居宣長 古事記伝全44巻
 今日私達が古事記を読めるのは、この人のおかげ。
最初の2文字、「天地」の、「あめ」、「つち」の意味に悩む。
「あめ」の意味は、「天」とは違うのではないかと追及した。
日本語本来の意味を再生しつつ解読。
それでもまだ読み誤っている部分もある。

玉勝間 
宣長は、全ての日本の知識を、
借り物の「漢意(からごころ)」で判断基準にしていることが不満だった。

平城・平安以来、日本の知識人と文物は、漢文的教養に塗り込められていた。
宣長は、平安王朝さえ「上辺の絢爛」と喝破し、
源氏物語に通偏する「もののあはれ」に深沈たるまなざしを注いだ。

上田秋成 雨月物語の翻案者。宣長の論敵。
日本の古代を不毛の時代だと思っていた。


明治以降
知識人は中国文明から西欧文明の仕入れ屋に転向。舶来崇拝の精神構造は同じ。
現代も、日本古来の精神構造や生活習俗と海外からの輸入文化を、
混同
している知識人は多い。



おまけ 日本の神話・伝説を読む―声から文字へ (岩波新書)
一つの語の由来が、同一か類似した音韻の別の語に行きつくことがある。
言葉の持つ意味的な重層性が、
伝承を文字化することによって失われてしまうことがある。
漢字のもつ意味から離れて音に注目
する必要がある。
クロスレビュー 2012-02-20 22:40


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper