FC2ブログ
≪ 2019 12                                                2020 02 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -

 #25 ヨーロッパへようこそ(2) 

高校講座地理
格差社会と多民族社会

フランス アルザス地方
 ライン川沿いで、ドイツとの国境にある。
英語よりもドイツ語が重要。

石炭や鉄鉱石
が取れるため、フランスとドイツの狭間で揺れ動いた。
アルザスの人々は生きている間に祖国が変わったこともあった。
1618年 30年戦争 
1870年 普仏戦争
WW1後  フランスの領土。
WW2中  ドイツの領土。
現在は和解し、EUの象徴として欧州議会(ストラスブール)がある。


ロマの人々 集団で旅をしながら暮らしていた。
約1000年前、故郷のインド北西部の異民族の侵略から逃れ、西へ旅を始めた。
姿や生活様式の違いから、各地で差別を受け続けた。

「我々はジプシーと呼ばれ、蔑まれ虐げられてきた」
奴隷として取引されたり、ナチスの犠牲になったこともあった。
現在は世界中に1000万人、特に東欧州のセルビアとルーマニアに住んでいる。
定住している人がほとんどだが、住宅・就職・教育で不利な状況
になる事が多い。
地域の楽団は格好の就職場所。賞を取って外国に行きたいという人も多い。
「私達ロマも同じ人間として認めてほしい、ただそれだけさ」
多様な民族の平等を目指すEUにおいて、ロマとの共存は大きな課題。


ポーランド 国外に出稼ぎに行く人が多い。
EU内はGDP格差が大きい。例えばイギリスが117で、ポーランドは40。
イギリス人が嫌がるきつい仕事を頑張れば母国の5倍稼ぐことができる。
母国では人材不足が深刻化し、工事が投げ出されたまま。
経済格差を小さくすることがEUの課題。



感想 
これで欧州は終わりだけど、
各国の特徴とか、せめてもう一回あったらいいなあ。
ドイツは33の世界遺産があるんだね。


関連記事
スポンサーサイト





web拍手 by FC2

 この記事へのコメント 

この記事へコメントする















12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper