FC2ブログ

 #3 アニメ「ダイの大冒険(1991年)」の感想 

旅立ち編:9~16話

9話 さらばデルムリン島!大冒険への旅立ち!!
まだ泣いている。
タイトル。
ナレーションはアバン先生の声なので寂しさが薄れて良いです。

ハドラーによる魔王軍の説明。

ダイの出発。ブラスは多めの荷物をしっかりと荷造りしてくれた。
ゴメちゃんは袋の中へ。

ポップが弟子になった経緯の再現が良いです。

「じいちゃん、ポップのこと、よろしく頼んだよ」
「まあ、元気を取り戻したらおいしいもんをたらふく食わせて、
 故郷へ帰るように説得してみるわい」

魔の森で3日彷徨う。マァムの影でつづく。2巻P134。
予告:ポップ・ダイ「見てくれよな」


10話 さまよえる魔の森!獣王クロコダイン登場
「ここは、魔王軍の拠点、鬼岩城。」
ナレーションがアバン先生だから寂しくない。

BGMは「おてんば姫の冒険」。
マァムとの会話が丁寧です。

魔の森で悪魔の目玉がダイを見つけたのは仕事が早い。
クロコダインは椅子すらない?無骨な洞窟の奥で座って眠っている。
CM
「勇者とか守り神とか、もっと他に言い方があるでしょう!」
マァムは村の神になりたいの(笑)?

マァムがダイの荷物を勝手に開けちゃダメだと2回言うのが良いです。
それでも開けちゃう男の子も良いです。

ハドラーがクロコダインへダイ討伐指令。
クロコダインが大笑い。迫力があって良いです。

ダイとポップのせいで森が燃えた。2巻P163まで。
予告:クロコダイン・ダイ・クロコダイン・ダイ「見てくれよな」


11話 うなる真空の斧!むかえ撃てアバン流刀殺法
使ったのはライオンヘッドだが、森でそんなに火を使ったら燃える。
ライオンヘッドは逃げられないほど素早い。

ポップの挑発。ポップはなんで弱いメラを使うのか。

ダイとクロコダインの戦闘。BGMはゾーマ。
クロコダインは素早いし、皮膚も硬い。真空の斧。ポップとマァムが合流。

キアリクをダイに撃ち、ダイが立ち上がった。
3巻P31の3コマ目まで+オリジナル。
「ふん、オレの楽しみが少しだけ先に延びただけのことよ」
「行くぞ、小僧!」でつづく。
魔弾銃の説明は次回に。
予告:ダイ・マァム・ダイ「見てくれよな」


12話 我らが師アバン、魔弾銃に残された思い出。
魔弾銃の説明。急にマァムの声がかわいらしくなった。

ダイは魔のサソリの時も今回も目を狙う。容赦がない。

思ったよりベホイミの時間が短いんだなあ。この辺の絵はいまいちだなあ。

ダイがアバン先生のことを「元気ですよ」と言う時、
ポップが原作よりダイのことを訝しんでいないのが良いです。
CM
ポップ「おれ、こんなうまいもの食うの初めてだよ」
マァムの修業の様子が詳しくて良い。
攻撃呪文は多分一生できないというのは辛い設定だなあ。

「でもね、マァム、
 愛ややさしさだけでは必ずしも他人を守れない時もあるのです」
が省略されて残念。

泣き方が不自然。

夕食の支度に薪を集めに行く。料理ではなく力仕事なのが良いです(笑)。
薪を長老様にも分けに行こうとして、
アバン先生が死んだことを立ち聞きしてしまうのが、
自然な展開で良かったです。

ここでP44・45に戻ってブラスとザボエラの場面になってつづく。

レイラさんは上村典子さん、長老は河合義雄さん。
予告:クロコダインとザボエラとダイ「見てくれよな」


13話 妖魔司教ザボエラの罠!あ?!ニセ勇者御一行様
悪魔の目玉も相槌を打つのが命懸けで大変だなあ。

悔しがるクロコダイン。ザボエラは原作より懐柔が上手いと思いました。
クロコダインの洞窟にピンクの椅子があった。前回は寝室で眠っていたんだな。

あれ、クロコダインがザボエラを「貴様など」と見下している。
原作でも「貴様如き卑怯者の手な借りずとも」と言っているなあ。

魔法特訓。火の球を投げて2の海の曲。楽しげな曲だから分かる気もします。
長老は額に紋章を抱く最強の騎士一族の噂を聞いたことがある。ここでは一族。

物憂げなマァムとエレジーの曲が合っていて良いです。

「あのさダイ、いっそマァムには本当のことを話したら?」というポップに、
いきなり「ポップ、おまえ、マァムのこと好きなんだろ」と言う前に、

「わかった、ポップ、クロコダインと会って怖気づいたな?
 それで、少しでも戦力になるマァムを、図星だろ?!」


というオリジナルの台詞が良いです。書き出してみると長い台詞ですね。
原作を読んでいた時、ダイって結構鋭いな、恋愛感情とか分かるんだ、
と驚いたことを思い出しました。

「教えてあげない!」が良いです。
知りたがるダイがかわいいし、台詞のやり取りが細かくて多いのは嬉しいです。

マァムはせめて家では下着ではなく部屋着で眠ったほうがいいと思いました(笑)。

出発。BGMは3の街。マァムが泣くところは3の村の曲。
レイラと2の王城の曲が合っている。編曲も良い。

地図を見ながら迷っているところにマァムが来た。
ダイにぱふぱふについて聞かれて即座にポップにエルボーするのが面白いです。

宿屋でニセ勇者。クロコダインでつづく。
横山健次さんが一人原画。
予告:ポップ、ダイ・ポップ・ダイ「見てくれよな」


14話 百獣魔団総進撃!!ロモス王国の危機を救え!
雄たけびで百獣魔団が集まる様子が丁寧。
夜から始めて朝になった。夜のうちに攻めた方が魔物に有利だったかもしれない。

ゴメちゃんの寝方がかわいいけど寝づらそう。
CM ブラスが仰ぎ返した!!
P113の後に、ハドラーが悪魔の目玉からロモス総攻撃の報告を受ける。
でもハドラーが朝っぱらからパン一で椅子に座っているのはなんでだろう。

P114に戻ってロモス王の感動的な台詞。

マァムがポップを殴り飛ばす場面は良いですね!
殴るときにマァムが「フッ!」と勢いをつけるのは笑ってしまいましたけどね。

「アバン先生は、何のために死んでったのよ」
「マァム、知ってたのか、アバン先生が」


うなずくマァム。ここで確認するオリジナルの展開も良いですね。
一方でマァムが知ったことをダイ達がいつ知ったのか分からない原作も良いです。
マァムが走り去った後、なぜか2の王城の曲。

クロコダインがロモス王を持ち上げているときにダイが来た。
悪魔の目玉を見ているザボエラの声の人がすごく上手だと思いました。
3巻P125まで。
予告:ザボエラ・ダイ「見てくれよな」


15話 なぜ?ダイを襲うブラス!!卑劣なり妖魔司教
この世界ではメラの存在感がすごい。
マァムが追い付いた。でも戦わずに王様の手当て。

原作にはないポップを励ますニセ勇者たちが良いです! 言い方も最高です。

で「そんなに落ち込むことな~いさ」
ず「そうそう」
で「誰もが勇者になれるわけはないんだしよ?」
へ「まったくまったく」
ず「人にはそれぞれ役割があるんだからさ~、無理することないのよ~」
で「あんなすごい怪物が出たんじゃ、俺たちおよびじゃないなあ」
へ「当然だ、
  なにせああいうのとは鉢合わせしないようにするのがおれたちだからな」
で「それじゃあポップとやら、どこかで会うかもしれんが」
ず「まったね~」
ま「ほんじゃな、お若いの」


この世界では魔法の筒が大活躍。
CM
城の外の戦い。ブラスがダイにメラミを二回。一回目は躱した。
マァムの表情を赤色で表現。

ハドラーはマグマ風呂? ザボエラが戦況報告。
3巻P155まで。
予告ポップ・クロコダイン・ダイ「見てくれよな」


16話 ふるい起こせポップ!ひとかけらの勇気を!!
城の外の戦いは魔物が優勢に。
P156「いったいどうしたら…!!」
ダイは頭がいいなあ。どうするか考えて動ける。
魔法の筒を奪おうとして失敗。
CM
まぞっほは原作より若く見える。
アバンの使徒は有名なのかな?
P175から3の鎮魂歌。
「勇者とは~なんてな」まで、BGMは3のほこら。
「おかげで今はこの有様じゃ」からBGMは2の王城。

~始めから役割なんぞ決まっておらん。~
 それぞれの状況でどんな選択をしていくかで人間は決まっていくんじゃ


オリジナル屈指の名台詞だと思います!!
なりたい自分になれなかったまぞっほが言うのが切なくて重みがあると思います。

水晶玉には、既にマァムが悪魔の目玉に捉われているけど、間に合うのかな。
ポップが走る。4の戦闘曲。橋桁に飛びつけるのが普通じゃないすごさを感じる。
間に合った。「小さな勇者ダイ」のBGMが盛り上がります。
ここで3巻終わり。良い続き方。
3巻終わりにはすぎやまさんの文章がある。良い笑顔!!
予告・ポップ・クロコダイン・ダイ「見てくれよな」




関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper