FC2ブログ
≪ 2019 06                                                2019 08 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

 #2 マルクス・アウレリウス『自省録』 100分de名著 

第二回 他者と共生する

対人関係
人と関われば摩擦が生じないわけにはいかない。
悩みの源泉ではあるが、生きる喜びも、人との関係の中で得ることができる。

許すだけでなく、過ちを犯した人を愛せ
自分も不完全な人間で、過ちを犯した人と同類だから。

人間は協力する状態が本来であり、対立している状態を改めるきっかけ。
道徳的な考えではなく、人間は弱いから、それが自然な宇宙の秩序である。

過ちは無知から
何が善で、何が悪であるかを正しく判断できないから。
悪とは「自分にとってためにならない」という意味
で、道徳的な意味は含まれない。

「怒らずに、教え、そして示せ」
怒って相手を抑え込もうとすると、反発や対立を招く。

復讐する最善の方法は、自分も同じような者にならないこと。
やり返すのではなく、喧嘩から降りること。
怒りは怒りで返せと言っているようでは家庭も世界も平和にならない。
怒りや憎しみを持ち続けて生きるのは自分自身にとって幸福ではない。

「人間は互いのために生まれた。だから、教えよ。さもなくば耐えよ」 
怒りの感情を抑えて我慢してするのではなく
怒りの感情から解放されて寛容になること怒っても意味がないと知ること。

「次の結論を心に留め、心を和らげよ。
 理性的な生き物は互いのために生まれたということ。
 我慢することは、正義の一部であること。
 人は心ならずも過ちを犯すということを。
 このことを知っていれば、その時、
 お前はすべての人に優しくあるだろうから。」


「できるならば、教え改めさせよ。
 しかしできないならば、これ(他者の過ち)に対して
 寛容がお前に与えられていることを覚えておけ」



賞賛を求めない
自分や自分の行為の価値は、誰かの評価とは関係ない。
他者に振り回されない。


「絶えず波が打ち寄せる岬のようであれ。
 岬は厳として立ち、水の泡立ちはその周りで眠る。」



褒めてはいけない
褒められないと適切な行動をしなくなる。
褒める人に操作されかねない。
それは不自然な生き方。


承認欲求 現代社会はかなり理性(ロゴス)が歪んでいる。
自分の価値も他人の価値も自分で判断できなくなっている。



感想 
評価されなくても、批判されても、
自分がより幸福に生きられるように、
自分で何を努力したらいいのか考えて行動し続けていたら、
自分の人生が忙しくなるから人の評価は気にならなくなるのかな。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper