FC2ブログ
≪ 2018 12                                                2019 02 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 「薔薇の名前」ウンベルト・エーコ 100de名著 一部分だけ 

#1 修道士は名探偵?
1980年に発表、世界で5500万部以上売れたが、読破できた人は少ない。
7日間の物語だが、一日目で挫折する人も居る。

著者は記号論の学者。
推理小説のような、学問のような、文学のようで文学を解体しているような

先端的な書物。

「人間にとって知とは・言語とは・政治とは?」
数多くの根源的な問いを投げかけた物語。


#2 知の迷宮への旅
中世の修道院の図書館 閉架式。禁書が世に出回らないように守る役目もあった。

好奇心を持った者から殺されていく 知の代償。

「知」は力を持った側によって選別することができる
権力側から異端の烙印を押されると、その「知」は排除されるべき対象となる。



#3 “異端”はつくられる

「一巻の書物を前にして、それが何を言っているのかと自分に問うてはならない。
 何が言いたいのかを問うべきなのだ」


個別の真実の中に事物を捉えなおす
本は信じるためのものではない。
例え事実を述べている本だとしても、どうしても著者の主観などが入ってしまうので、
丸ごと信じると偏った考え方になってしまう。

同じことについて書いた他の本とも照らし合わせて読んだ方が良い。

#4終 謎は解かれるのか
アリストテレスの「詩学」第二部
 
実在するかは謎。笑いについて述べているらしい。
「真理は絶対的なものではない、疑え」ということを説いたのではないか。

「詩学」という本は元は「ポイエーシス(創造)の技術」という文芸創作論。

喜劇とは
世俗で重要だと思われてる価値とか権威づけとかを全部ひっくり返していく

キリスト教世界にとっては大変なスキャンダルになるだろう

ホルヘは「笑いは秩序を吹き飛ばし、真理を暴く力を持っている」と恐れていた。


終幕
結局 「ヨハネの黙示録」は事件とは無関係だった

「私は記号の真実性を疑ったことはないよ、アドソ。
 人間がこの世界で自分の位置を定めるための手掛かりは、
 これしかないのだから。
 私に分からなかったのは記号と記号の関係性だった。…」


実は謎なんてありませんでした
エーコはこの後も何冊かミステリーを書くが、この終わり方が多い。

ミステリー自体が一種の決まり事でできている世界だから、
これをもひっくり返したかったのではないか。


ミステリーのパロディーと言う事もできる。
ただし完璧にミステリーを模倣しないとそのはしごは外せない。


伊集院さんの意見
「このオチに至るまでの力がよっぽど強くないと許されない終わり方ですよね。」

記号論の世界観
人間は記号によるしか世界を解釈する方法を持っていない。
記号から推理する喜び、その限界
も一冊の中で教えてくれる。


おまけ 名著80 ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」 適当な纏めです。

「人間が言語や記号といったものを離れては生きられない」
という根源的な真実を描いている。

言語に支配し操られる人間の宿命、
逆に言語を武器として自由を求めようとする人間の可能性。


推理小説なのに完全に謎が解き明かされることはない。
主人公の知性は、事件解決のための鋭い切れ味を各所で示しながらも、
最後には事件の大半が偶然の産物であることがわかり、彼の推理は大きく裏切られる。
近代的理性の限界を暴く物語
でもある。


カーニバルと民衆世界 「笑い」を古来から支えてきた。
キリスト教世界がもっとも危機感を覚えたのが「民衆世界」。
民衆文化であるカーニバルは、世俗権力を全部ひっくり返したり、
男が女になったり女が男になったり、ありとあらゆる価値をひっくり返すもの。
そういう文化がイタリアには深く根付いている。
カーニバルや民衆世界というのは、ある意味罰当たりなものであり、
権威的な物言いや、「これこそが真理だ」といった態度を、
根本から笑いのめしてやろうという強力な力が働いているものだから、
体制側は必死でそこから教会を守ろうとしていた。

そうした構図が「薔薇の名前」では見事に描かれている。

カーニバル的な世界は、異端の世界にも通じている。
カタリ派などの異端は、民衆の中から湧き上がってくるような宗教改革運動。
その淵源は、厳格な一神教のキリスト教的な世界観ではなく、
笑いに満ち溢れた多神教的なギリシャ世界に発している。

「喜劇」の本質を追究したとされるアリストテレス「詩学」第二部は、
「笑い」を分析した書なのだから、この本を畏れたのではないかというわけです。


反知性主義に抗するために
1970年代 西欧の知的なテンションがピークに達している時代。
現代は、反知性的なものが蔓延していて、こういう著作が読まれなくなっている。
こういう流れは大体50年周期で循環しており、
2020年~30年に、再び知的テンションは上昇してくるのではないか。

本来ならば「知」と「笑い」は、
人間が自らを呪縛するものに立ち向かうための強力な武器
だったが、
現代は権力に奉仕し、支えるものとして使われてしまうことが多々あるようです。

私達は、「知」と「笑い」という人類に与えられた武器を鍛え直さなければならない。
文学を深く読むという体験は、そうした貴重なことを教えてくれる。



関連記事
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

 どこから来た? 縄文人の真実 

にっぽん! 歴史鑑定

北海道礼文島 約3800年前の縄文人骨
顔は四角く、眉間は少し出っ張り、鼻は高め、上下の歯のかみ合わせが合っている。
耳垢は湿っている。身長は男性が約158cm、女性は約153cm。

氷河期が終わり、定住生活。
植物から糸を作り、衣類を作った。刺繍も行っていた。

三内丸山遺跡
茅葺の竪穴式住居 直径4m未満。6畳位。4~5人が住んでいた。
屋根が傾斜しており、雨は外に流れていく。
夏は涼しく、冬は火を焚いて暖かい。
真ん中に炉の跡。
板や植物を編んだ敷物を使っていたのではないか。
燻製を作っていた。土器や石皿も場所を決めて置いていた。
煙が木材を燻し、家の耐久性が増す。竪穴式住居の寿命は10~30年。

大型竪穴住居 長さ約32m、幅約10m。
300人位入れる。集落の中央辺りにある
ので、集会所や共同住居だったのではないか。

5~10家族(30~100人)ほどの集落だったのではないか。
けがや病気の人を助けながら、協力して生活していた。


縄文人の起源
長い間、縄文人の特徴は東南アジア系の種族に近い、つまり南方説が有力だと思われてきたが、
2017年、福島県の三貫地貝塚から出土した約3000年前の縄文人骨の奥歯のDNAは、
東南アジア系の種族とはかけ離れていた。

縄文人は東南アジア系の種族が進化したのではなく、
北方・東方・南方、複数の経路から来た種族が日本列島で交わり、独自に進化した、
アジアでも特異な人々だった。

縄文土器の変遷
無紋土器(青森県) 16000年前、日本最古。

定住を始めた縄文前期に、三内丸山遺跡などでバケツのような土器が多く作られ、
縄目の模様は100種類以上
あったが、模様の意味はまだ分からない。
縄目の模様を中心とした土器から粘土を張り付けた模様に変わった。
土器作りは主に女性。

生活が安定した中期に、新潟周辺の火焔型土器など、装飾過多な土器が出現。
模様は単なる装飾ではなく、縄文人の世界観・哲学・思想などを表現している。

それぞれの地域に、時代によって独特の様式の土器が発達した。

後期以降には日常用の簡素な土器・儀礼用の繊細な土器などを作り分けている。

製塩土器

縄文ハンバーグ


三内丸山遺跡の6本柱
登ると八甲田山や陸奥湾が見える。
当時はここから海岸線が一望でき、海からやってくる際には目印になったのではないか。

二支二分 一年という時間感覚があった。


1992年に三内丸山遺跡で見つかったヒスイの大珠は新潟県糸魚川産。
海や川は丸木舟。
北海道白滝産の黒曜石が青森県で見つかっている。
オノマトペを利用して、他の地域と情報も交換していた。


土偶
遮光器土偶も左足が欠けている。


一歳未満の子供の、手形・足形の陶板
穴があり、ひもを通してぶら下げていたのかもしれない。
生まれたお祝いか、それとも形見か。
どちらにしても子供を思う気持ちが強く感じられる。



感想 岡田康博さん・小林達雄さんが出演していました。気になったところだけメモしました。



関連記事
web拍手 by FC2
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper