FC2ブログ
≪ 2016 03                                                2016 05 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

 いにしへに 日めくり万葉集 

古に    ありけむ人も  我がごとか 妹に恋ひつつ  寐ねかてずけむ
古尓     有兼人毛    如吾歟  妹尓戀乍     宿不勝家牟
いにしへに ありけむひとも あがごとか いもにこひつつ いねかてずけむ

4巻・497 柿本人麻呂 2011年11月10木放送


古の人も、今の私のように、いとしい人を思い続けて眠れなかったのだろうか。


↓恋人の立場に立って詠った歌。

今のみの  わざにはあらず いにしへの 人そまさりて  音にさへ泣きし
今耳之    行事庭不有    古    人曽益而   哭左倍鳴四
いまのみの わざにはあらず いにしへの ひとそまさりて ねにさへなきし

4巻・498 柿本人麻呂


恋の苦悩は、今の世だけの事ではないのです。
古の人は、今よりもっと苦しんで、声を立てて泣きさえしたのです。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 #4終 人生の意味の心理学(アドラー) 

第4回 自分と他者を勇気づける

共同体感覚 
人間の最終的な幸福。
人は全体の一部で、全体とともに生きている。

「我々の周りには他者がいる。そして我々は他者と結びついて生きている。
 人間は個人としては弱く限界があるので、
 一人では自分の目標を達成することができない。~
 自分自身の幸福と人類の幸福のために最も貢献するのは共同体感覚
である」



自分の幸福は、他者との関係の中でしか得ることができないから、
自己への執着を、他者への関心に切り替えていく必要がある。

自分の家族、学校・職場、社会、国家、過去、現在、未来、すべての人類、
生きているものも生きていないものも含めた宇宙全体へ。



共同体感覚のために必要なこと
1、自己受容
 自分は変えようがない所もある、ありのままの自分を受け入れる。
何が与えられているかではなく、与えられているものをどう使うかだ。

自分に短所があると思うと共同体の中に入っていけない。長所に置き換える。
集中力がない→散漫力がある・同時にいろんなことを手掛ける力がある。

2、他者貢献
自分に価値があると思うのは、何らかの形で貢献していると感じる時。

3、他者信頼
他者に貢献するには、他者を信頼する必要がある。


勇気づけ アドラーの教育論の基本。課題に立ち向かう勇気を持つ援助。

共同体への貢献感を感じる→自分に価値があると感じる→勇気を持つ

全ての関係は横であるべきだ
対等に見られなかったら、自分に価値があるとは思えない。

ありがとう 対等な関係の人に褒めるのも叱るのも失礼だから。

勇気くじき 欠点ばかり指摘する。高い理想からの引き算でしか見ない。


言いたいことを言えばいい
自分の行動が受け入れられた時、共同体の居心地はより良くなり、
自分を受け入れてくれた仲間に対する信頼も篤くなる。



嫌われる 自分が自由に生きていることの代償だと割り切る。
もしそこにいられなくなっても、不本意な生き方を強いられるよりは良い
いつか離れることができて良かったと思える日が来るかもしれない。


今いる場所は共同体の一部にすぎない
この世界には、もっと別な人間関係が無限に広がっている。

困難な人生の中にあっても態度決定をすることはできる。全てはあなた次第だ。



感想
子供にも部下にも全ての人に対等。褒めるも叱るもしない。
課題を分離しながら助言をし続け、干渉はしないようにする。
それが賞罰教育からの脱却になるのかな。
うーん、何だか言葉が上滑りしている気がする。

番組中で、アドラー先生が「それは子供の課題でしょう」と言ったら、
「先生は冷たい、大切な子供の事なのに!」と言われていた。
「自分の意見を述べるのは自分の課題だが、
 それを受け入れるかはあなたの課題だ」とアドラーは動じなかった。
自分にできることとできないことの領域を分けるのが冷たいと感じる所かな。
でも領域が分からなくなると自分も見失ってしまう、とも思う。



関連記事
web拍手 by FC2

 #3 人生の意味の心理学(アドラー) 

第3回 対人関係を転換する

広場恐怖症 広場だと全員が自分に注目してくれないからだと言う。
子供の甘やかしが原因 依存する大人になってしまう。

親の気を引きたい
夜尿症
  片付けは手伝うが、話題にしないようにする。
食が細い 食事に気を使いすぎない。食べ物の話題をしなくてよい。

甘え方が分からないのかもしれない
そんなことをしなくてもあなたは大事な存在だと安心させる
ことが必要。


承認欲求

賞罰教育 
褒められないとやらないし、褒められるならやりたくなくてもやる。

自分の夢を諦めて親の意見に従う
自分がやりたいかどうか、それが適切な行動なのか、判断できない大人になる。

褒められることが少ない子育てや介護が辛いと感じる。



人生は与えるもの 承認が無くても自分の行動の価値を自分で理解している。


課題の分離 これは自分の課題なのかを判断する。他人の課題を切り捨てよ。

親の課題 子供に幸せになってほしい。
しかし、親が良いと思う人生は子どもにとっては違うかもしれない

話し合いが必要 助言はできるが支配はできない。

雨を傘で防ぐことができても、雨を止めることはできない。
他人の感情も、いくら抑え込もうとしても、それを止めることはできない。
もし相手が人生の選択に失敗したと思った時に、恨まれたりするかもしれない


悩みも幸せも、他人がいるからこそ
悩みは対人関係から生まれ、傷つくこともあるが、幸せも他人にもたらされる。
どこまでが自分の課題なのかを考えながら、他人と関わる。


対人関係は自分が握っている 
これからの関係を考えるしかない。
それで相手がどう動くかは、相手の課題。

人間は自分自身の人生を描く画家である


それがどんな絵になろうとも自分自身で引き受けるしかない。


感想
劇薬だが、いざという時のために知っておいてよい考え方だと言っていた。

広場恐怖症は原因が意外でした。不安で自分を保つことができなくなるのかな。

おねしょや好き嫌いは、根本を解決することが必要なのだな。
現象自体に囚われてはいけない、あまり気にしないという解決法も、
分かる気がします。
やっきになって食べさせるより、一かけらから慣れさせる方が効果的だと思います。

少子化になっているのは賞罰教育が原因なのかなと思った。
日本の現代社会において価値が認められていないからだと思う。



関連記事
web拍手 by FC2

 #2 人生の意味の心理学(アドラー) 

第2回 自分を苦しめているものの正体

優越感と劣等感 人間のあらゆる営みの背景にある。
生きづらさの原因ともなるが、うまく付き合えれば飛躍の原動力にもなる。

優越性の追求
方法を誤ったとしても、今より優れた存在になりたいと思って生きる。

劣等感 優越性の追求と対
に立つ。


他者との比較によって生じる劣等感や優越感

劣等コンプレックス
『AであるからBできない。AでないからBできない』
こうだから仕方がないという理由を持ち出す。


見かけの因果律を立てて、人生の課題から逃げようとする。
現実を受け入れずに、そこに留まっている。

「劣等感を持つ自分」をあえて選んでいる状態

劣等感がある限り今のままの状態でいられるから。

人と関わらない限り問題は解決しない
伊集院さん
「傷つかなくて済むように、言い訳をしてずっと生きていくのではだめなんですか」

岸見一郎さん
「そういう生き方をする人を敢えて否定しませんけれども、
 生きる喜びだって人との関係の中でしか得られないんだから、ここは勇気です。
 悪いことばかり起こるわけではないということを経験してみる価値がある。
 そういう勇気がないんだと僕なら言います」


優越コンプレックス 自分を実際よりも優れているように見せようとする
学歴や肩書を誇示する。
高価なブランド品を持ち歩く。
過去の栄光にすがりつく。
自分の手柄のように自慢する。

他者からどう見られているかを非常に気にする
自分に価値があると思いたい。
現実的な努力をしていないが、挑戦している自分が素晴らしいと思いたい。


劣等コンプレックスと優越コンプレックス
正反対のようだが実はつながっている。

価値低減傾向 相手の価値を貶め、相対的に自分の価値を高めようとする。

不幸自慢   劣等感を先鋭化させることで、特異な優越性を持とうとしている。


そのままの自分を認めよ 
競争や勝ち負けで生きていると、必然的に劣等感が生まれてくる。
常に自分と他人を比べ、一方で誰かをうらやみ、一方で誰かを見下す。
そういう生き方をしている。


特別に良くなろうとも、悪くなろうとしなくてもいい。
ありのままの自分から始めよう。

盟友
自分とは違う、励みになる存在。競争する必要はない。

自分の中の問題として劣等感を捉える
理想の自分と現実の自分の隔たり。

劣等感が他人との比較ではなく、理想の自分との比較から生まれるのなら、
より上ではなく、前へ進むための力になる。




関連記事
web拍手 by FC2

 #1 人生の意味の心理学(アドラー) 

第1回 人生を変える「逆転の発想」 講師:岸見一郎さん(哲学者)
100分de名著

世界三大心理学者 アドラー、フロイト、ユング。

アルフレッド・アドラー(1870~1937)
著書『嫌われる勇気』など。
自分の心理学のことを個人心理学と言った。

ジークムント・フロイト(1856~1939)
人間の人格の基礎リビドー(性的欲動)。

当時、ウィーンでは、フロイトの「夢判断」が出版され、話題を呼んでいた。
フロイトの勉強会に参加し、ともに研究を行う

アドラーは、リビドーに代わるものとして、
劣等感は人生に立ち向かう力も生み出すと考えた。



第一次世界大戦
フロイト「なぜ人間は戦うのか?」→「人間には攻撃欲求がある」。

アドラー「闘わないためには何をすべきか?」→「人間は仲間である」。
人間は闘わなくて済むという理想
を掲げた。

後にフロイトとアドラーは学説の違いから決別する。


実践の心理学
心理学によくあるタイプ分けをしない
 個人は分割できないから。

私自身がどう生きていくか→人間はどう生きるべきかを考えていく。


人は主観的な世界に住んでいる

原因論 過去の原因が、自分を生きづらくしていると考えること。

過去の原因ではなく、今の目的に目を向けよ
不安だからできないのではなく、しないから現状が変わらないのだ。
人生が困難なのではない。あなたが人生を困難にしている。

自分の生は、過去にどのような意味を与えるかで決まる
意味付けを変えれば、未来は変えられる。


ライフスタイル 
一般的に言う「性格」よりも、いつでも変えることができるもの。
意識化し、どう変えていけばいいかを知る事。


1、自己概念 自分のことを自分がどう見ているか。

2、世界像  他者を含む世界の現状についてどう思っているか。

3、自己理想 自分および世界についてどんな理想を抱いているか。


人生はすべてあなたが決めていける
あとは勇気さえあれば変えられるだろう。
アドラーは、3日あれば人は変われると言っている。



関連記事
web拍手 by FC2

 ふりわけの 日めくり万葉集 

振分の    髪を短み   青草を   髪にたくらむ  妹をしぞ思ふ
振別之    髪乎短弥   <青>草乎  髪尓多久濫   妹乎師<僧>於母布
ふりわけの かみをみじかみ あをくさを かみにたくらむ いもをしぞおもふ

11巻・2540 作者未詳 2011年11月9水放送

振分の髪が短いので、青草を髪に加えて束ねているであろう、
あの子のことを恋しく思う。


振分 髪を左右に分けて垂らしただけの、当時の子どもの髪型。

髪を結い上げることは、少女から大人の女性になる儀式の一つだった。


選者 有職結髪師 南 登美子さん
様々な時代の髪型を研究。

古墳島田 埴輪に見られる髪型。
当時は髪を切ることが無かったので、地に着く位長かっただろう。 

いつの時代も髪は女の命
石器時代にも石の櫛があった。川の水に姿を映して髪を梳いたことだろう。
みだれ髪のままではなく、できるだけきっちりと結い上げていたことだろう。



関連記事
web拍手 by FC2

 #2 哲子の部屋 

第2回 人はなぜ考えないといけないのか

私とあなたのいる世界は全然違う

全ての生物はそれぞれ異なる時間と空間を生きている
ユクスキュル「生物から見た世界」より



環世界 それぞれの生物がそれなりの世界で生きているという概念。
ハイデガー(著書:存在と時間)にも影響を与えた。

同じ森にいても、マダニは「においと温度」しか感知できない。
これを「マダニはマダニの環世界に生きている」と言う。

環世界は学びで変化する 
新しい環世界が理解できるようになる。
人間は動物より環世界を変えられる能力が格段に高い。


恋はデジャ・ブ(映画)
繰り返す毎日に閉じ込められた主人公は追いつめられるが、
学ぶことでいろんな情報を受け止め、現在を楽しむようになる。
 
学びは楽しむための訓練 
相手の話を聞き、相手の環世界に近づくこともできる。



関連記事
web拍手 by FC2

 #1 哲子の部屋 

第1回 人生が楽しくなる哲学

哲学 学問の原点。どんな学問も哲学に通じている。

デカルト 「我思う、ゆえに我あり」
XとY座標という概念を作った数学者
でもあった。

フロイト 「心は無意識に支配されている」
無意識と言う概念
を作った精神科医。


ジル・ドゥルーズ 現代哲学の巨人。
哲学とは 新しい概念を作りだすこと。

概念とものの見方

人は考えるのではなく考えさせられている

思考という積極的意思が人間の中にあると想定するのは、哲学のおかす過ちである。



人間はめったに考えない 情報を受け取る時と受け取れない時がある。

習慣 日々の繰り返しから「違い」を無視したもの。
   思考を停止し、新しい刺激を無視して習慣を維持
している。

人間が考える時 習慣を壊すものが現れた時。

習慣は思考の母 不測の事態に備えて思考力を温存している。

人は考えないように生きているが、時に考えさせられる何かと出会う。



関連記事
web拍手 by FC2

 #3終 100分de日本人論 

第四章 日本人の根源にあるもの 中沢新一さん(人類学者)
日本的霊性(鈴木大拙) 仏典を見事に英訳した人。
日本人が無意識に抱えてきた考え方を言葉にした本。
大和魂が強調された戦争中に、戦後の日本人のために書いた本。

霊性 人間の精神よりも根源的な働き。
霊性は大地を根として生きているから、
貴族による平安文化には無く、
鎌倉時代に日本人の霊性的自覚が生まれたと言う。
武士と禅宗   生きる心構え。
農民と浄土思想 念仏を唱えれば、どんな人でも極楽へ行ける。


大地性  日常の生活に下りてくる振る舞い。自分と仏は一体である。
莫妄想  自分の思い込み・雑念を取り除こう。
無分別智 世の中の分別(成功・規則・損得など)を取り除き、根源を見よう。

座禅の時も、考えることを戒められる。

義務と欲望の混同
 すべきこととやりたいこと。
義務感を与えるのは分別。分別を取り払うことで本当にやりたいことが分かる。

分別と無分別の付き合い方 
分別には限界がある。

無分別を常に働かせながら、分別を相対化する。
例:食べたいという悩み
 食べることの弊害を考え続けながら食べればよい。

清き明き心
分別が働いている奥で無分別智を働かせ、世界を見る。


最も無分別智を働かせている人
妙好人
 浄土真宗を厚く信仰している一般の人。
~阿弥陀の方からわしになる。なむあみだぶつ。あなたも私も仏である。

日本人論とは 無分別の活用
禅は大拙によって海外に紹介され、上手く取り入れた人たちもいる。

スティーブ・ジョブズ 主客未分の道具を作った。

覚醒 思考方法を引き出す。

鈴木大拙の言葉

仏教には西洋のようにこれが宗教、これが哲学、これが芸術などと言わないで、
人間生活そのものを一つの宗教とみてゆくという考えがあるから、
きちんと分けた西洋的な眼から見ると、
日本にはそういう宗教はないかもしれない

我々の日々の暮らしの中に宗教が生きている点から見ると、
何と言っても宗教なしに生きるのは人間じゃないです。
自分で物を考え、自分で物を見てゆく習慣を身につけなければならない。
つまり外ばかり見ないで、内にかえりみる。



分別については欧米の方が得意だろう。
日本人は、意識して分別の中に無分別智を育てる必要がある。



全体の纏め
戦後70年、内部に抱えていたひずみがたまっている。

TPP、震災・尖閣列島・憲法改正・原発・集団的自衛権・移民等の問題の山積。
変わりゆく世界の中で、自分の姿を見失いそうになった時に、
名著は教えてくれるだろう。


日本人の根源とは
うぬぼれはいけないが、自分自身についてあまりにも無自覚。捉える知性が必要。
二元論で争う世界に福音を与えられる存在になれるか。
覚醒し、飛躍することができるか。


おまけ #前 法然と親鸞~探求の道~


感想
弱腰外交は、気が弱いからではなくて、自分や相手について知らないからかな。
これは国と国のやりとりだけではなく、個人間でも同じだろうなと思う。
国を動かす人だけがんばれというのも効果が薄い気がする。
各個人が知力を高めないと、国益にも関わるのだなあ。
外圧は迷惑だけど覚醒するきっかけにもなるのか。来ない方がいいけれどね。

昔は無自覚でもよかったけれど、いろいろなものが侵入してくる現代は、
自分の考え方や、他との違いを自覚する必要があるのだな。

自分を知るのは難しいから、まず他を知って、違和感を感じた所を考えて、
自分を見つけるといいのかな。

まだまだ知りたいことがあるなあ。



関連記事
web拍手 by FC2
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper