FC2ブログ
≪ 2015 04                                                2015 06 ≫
 - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - - -

 #6 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

手順

1、準備 目的を決める
アファメーション 前向きな考えを宣言する。
どうなりたいか・どんな価値があるか・どの位理解したいか・かける時間を宣言。
例:要点を掴む・問題解決のため・仕事の材料を探す。


2、予習
1分で概要を掴み、目的を再確認し、読む価値があるか決める
本は目次・新聞は見出しと最初と最後の段落を見渡す。 
構成を読み取り、文章は読まない。

3、フォトリーディング 1秒に1ページ。
意識を通さず、前意識の情報処理に視覚刺激を送り込む。
深く寛ぎ、集中して、加速学習。

一定の速度を保ち、呼吸を深く、数を口ずさんでも良い。


4、復習
 読んだらすぐに12分位で仕上げる。まだ文章に深入りしない。
①3分で文書調査 
表裏の表紙・出版日・紹介記事。
目次・最初と最後の段落。見出し・図・太字に注目。
全体の構成・著者の持論の展開を把握。
分類・要点・型式を認識。

②トリガーワードを見つける 2分以内。
本の4~11%。一冊20個、20ページに1つ位。

③質問を作る
 10分以内。②を使って、疑問・知りたいことを書き出す

生産的休息  20分~1日その本から離れる


5、活性化 設定した目標に必要な情報を認識
フォトリーディングで得た情報を取り出して理解
フォトリーデングで線路を引き、復習で活性化。

意図的な活性化
 脳が一度作った道筋を再現するのを助ける。
「自発的な活性化」と「意図的な活性化」の後者になる。

目的を明確にし、強く問いかけること。
筆者の論理展開
が分かると、
スーパーリーディングとディッピングをすべき箇所を見つけやすい。


質問を見直す
内容・筆者の主張・自分への影響・テストの高得点・レポート完成・興味の材料。

見つけたトリガーワードを見て気になる所を調査
A~Cのどれかの方法で30分。A・Bは作者の論理展開を掴むのに良い。

A、スーパーリーディング 
固まりごとにざっと見て答えを探す。いきなり途中からでもいい。
本の中央に視点を定め、意味のある言葉を探しながら
最初の行から最後の行まで素早く視線を動かす。

B、ディッピング(飛び込み) 気になった所の周辺を掴み取る

C、スキタリング 分析が得意な人・教科書など情報中心の本に適する。
最初の文をさっと読み、視線を泳がせ、大事なものを探し、最後の文を読む。


マインドマップを作る 
A4を横書き。視覚による記憶と空間認識力。記号・絵・多色を使う。

中央に核となる概念、そこから放射状に派生する概念を書く。

キーワードのみ トリガーワードが使える。それぞれの概念を3語以内で表現

関連を結ぶ

完成したら本に挟んでおくと読み返す時にも便利。
記憶に働きかけるごとに再生される。


6、高速リーディング 全体的に読む。 ←やっと読める(笑)。
似た所はすばやく、
目的に合わない・重要でない所は、トリガーワード以外はぱらぱらと
難しい・重要な所はゆっくり。
止まらず読み切る。←一番重要。


パソコンで読む時は、ページダウン機能を使う。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper