FC2ブログ
≪ 2015 01                                                2015 03 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
 2015年02月の記事一覧 

 #2 風姿花伝 

第二回 初心忘るべからず

時分の花  一瞬の輝き。
失われてしまう花。
まことの花 失うことのない本当の花。能楽者は精進し続けなければならない。

年来稽古条々 
 7歳  型にはめずのびのびと
 その子供独特の個性を見る。
12歳位 稚児はそれ自体が幽玄(可愛くて美しい)である。しかし時分の花である。
17歳位 声変わりや姿が成長し始める。能楽者にとって最初の難関。
24歳位 声も直り、体も定まる頃。

時分の花をまことの花だと思いがちな頃が初心。

初心 最初の志ではなく、最初にぶつかる壁。

3つの初心忘るべからず 
1、是非の初心
 24歳頃。修行を始めた頃。
2、時時の初心 その時々の壁。絶頂期は34歳頃。後継者を育てる。
3、老後の初心 50歳以降    何もしない以外に方法もあるまい。           
しかしながら、本当に能を極めた名手であれば、花はまだ残っているだろう。

自分の父親が死の直前に浅間神社で舞っていた様子
「老い木に残る一輪の花のようだった」 

却来 年をとったからこそ獲得した自由。
 
若い頃と同じようにするのではなく、一輪の美しさに懸けろ。


感想 「初心」がちょっと分かりにくかったので調べると
「芸が未熟だった頃に味わった恥ずかしさを忘れずに精進し続けなさい」
という意味らしい。

各段階で年相応の芸を学んだ初めての境地覚えておくことにより、
幅広い芸が可能になる。

老後にさえふさわしい芸を学ぶ初心があり、
それを忘れずに限りない芸の向上を目指すべし。


うん、分かりやすかったです。

番組では「そのとき初めてぶつかる壁」と説明。
「その時に心掛けること」を思い出すことが必要だな。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper