FC2ブログ
≪ 2014 04                                                2014 06 ≫
 - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
 2014年05月の記事一覧 

 #3 万葉集 100分de名著 

第3回 個性の開花

第三期 710年 平城遷都
 都市社会・日本書記・古事記・法律の成立。

山部赤人 自然の美を詠んだ、人麻呂の後を継ぐ宮廷歌人。山柿と並び称される。
短歌で連作。三十六歌仙。
み吉野の 象山の際の 木末には ここだも騒く 鳥の声かも
(巻6・924)

ぬばたまの 夜の更けゆけば 久木生ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く(巻6・925)

それまで行幸の歌は天皇を讃える為にあったが、赤人は自然のことだけを詠っている。
公式の場では漢詩になり、宮廷を荘厳に讃えあげる和歌は無くなってくる。
和歌は漢詩に主役を譲りながらも消えることはなく、自由になった。
自分が思うままに、自然を自然のまま見ることを、歌の心として重んじるようになった。

田子の浦ゆ うち出でて見れば 真白にぞ 富士の高嶺に 雪は降りける
(巻3・318)
さった峠の歌。馬で歩いていたら、急に視界が開けて富士山が見えた。
空のことを何も言っていないのに、真っ白な富士山で青空をも感じることができる。

春の野にすみれ摘みにと来しわれそ野をなつかしみ一夜寝にける(巻8・1424)

笠金村 旅の叙情を中心に描く。長歌9・短歌26。劇的な構成の挽歌。

大伴坂上郎女 
狭穂河乃  小石踐渡  夜干玉之  黒馬之来夜者  年尓母有粳
佐保川の 小石踏み渡り ぬばたまの 黒馬来る夜は 年にもあらぬか
 
(巻4・526)作者未詳の巻11・2640と似ている。

湯原王 視覚と音を引き出した写実的な歌。19首。
新鮮で繊細な感覚。温和で気品がある歌風。
吉野なる 夏実の川の 川淀に 鴨そ鳴くなる 山影にして(巻3・375)
吉野の菜摘の里 今も古代の静寂を湛える場所。


大伴旅人 歌で人生を見つめる。
天孫降臨で天皇を先導したという、とても古い武門の家柄。
役人として、地方の自然の美しさ、都への憧憬も詠う。
60代以降の、人生の厚みが自ずから出る歌が多い。

世間は 空しきものと 知る時し いよよますます 悲しかりけり(巻5・793)
大宰府に赴任してまもなく親しい人達を亡くした時の歌。

13首の亡妻挽歌 亡き妻を悼む歌をたくさん詠んだ。
帰るべく 時はなりけり 都にて 誰が手本を か我が枕かむ(巻3・439)
我妹子が 見し鞆の浦の むろの木は 常世にあれど 見し人ぞなき(巻3・446)

言霊の時代は美しい言葉だけを選んで使っていたが、
人生の辛いことも真正面から見る哲学的・宗教的な世界に踏み込んでいる。


筑紫歌壇 大伴旅人・山上憶良・小野老らが作った新しい歌の気風。

梅花歌32首 五巻815~に掲載。旅人の邸で宴を開いた時の歌。←楽しそう。

山上憶良 他者に思いを寄せる。
約60首。遣唐使の経験・学問・漢文の教養に根差した、身近な題材の歌が多い。
教養が豊か。仏教に詳しく、漢語をよく使い、あまり古い和歌の技術を使わない。
旅人と年が近く、旅人が大宰師(だざいのそち:大宰府の長官)に赴任している時期に、
憶良も筑前の守として九州に赴任


憶良が旅人の妻を悼んだ歌 仲の良い上司のために作った。
悔しかも かく知らませば あをによし 国内ことごと 見せましものを(巻5・797)
妹が見し 楝の花は 散りぬべし 我が泣く涙 いまだ干なくに(巻5・798)
栴檀の花。

貧窮問答歌 筑紫の守として民の心を報告した、探訪記のようなもの。
筑前国守の自分を貧しい役人に見立て、後半はもっと貧しい農民に話を聞く。

当時の農民の多くは公有・貴族・寺社の土地を期限付きで耕作し、
収穫の多くを賃料や税で払わされた。
さらに物納租税を都に運んだり、造都の労役など、農作業の時間が奪われた。
天候不順や虫害による飢饉などで生活は不安定。
723年 三世一身法 税の苛酷さ・三代後に返す失望で逃亡・流浪する民が相次いだ。

世間を 憂しとやさしと 思へども 飛び立ちかねつ 鳥にしあらねば(巻5・893)
恥し(やさし)
 恥ずかしくなるほどつらい。

732年 貧窮問答歌を民部卿(民の政治を司る)の丹比県守に献上。←友人でもあった。
      
貧困・生老病死・愛別離苦など、社会問題や人生を真正面から取り上げた異色の社会派歌人。
天皇を讃えることよりも、庶民の苦しみを見つめることは難しい。
日本の文学史でも孤立しており、江戸時代の井原西鶴まであまり見かけない。
憶良は昔は評価されず、百人一首にも入らなかったが、他人に共感する力を持っていた。


伊集院さんの言葉
歌の変遷 言霊→公式行事→個性。
写真も似ている。魂を吸い取られる→記録→個性。

貧窮問答歌は、日本の文学史上特異だから教科書にも載っている。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 #2 万葉集 100de名著 

第2回 宮廷歌人の登場

第二期 672年 壬申の乱~710年 平城京遷都 安定期
天皇の地位を確立し、律令制度
が軌道に乗っていく時代。
神としての天皇を讃える歌が詠われるようになった。
権力を安定させる為に立派な儀式を行い、形式のある言葉(歌)も役割を持っていた。

宮廷歌人 天皇の代わりに歌を詠む。
個人的な歌は詠わず、あらゆる場面にふさわしい歌を詠む専門家。
言葉を尽くして天皇の権威を讃えた。


中でも卓越した歌を詠んだのは、柿本人麻呂
短歌の世界で歌聖と呼ばれるのは人麻呂のみ
大らかな構成・的確な描写力。
人生の意味や人間存在の意義すらも見出すことができる。

大君は 神にしませば 雲隠る 雷山に 宮敷きいます(巻3・235)

1巻の38番目の歌
やすみしし
 原文は「八隅知之」。全体の情報を握っている=支配している。

「国つ神(土地の神)が仕える天皇」と讃えている。
山と川、春と秋、上つ瀬と下つ瀬など、対句法を使っている。
詩歌を書いて作る時代の最初の人


鳴呼見乃浦尓 船乗為良武 D嬬等之 珠裳乃須十二 四寳三都良武香
嗚呼見の浦に 舟乗りすらむ をとめらが 玉裳の裾に 潮満つらむか 
1巻40
 伊勢への御幸中に留守番の人麻呂が想像で詠んだ。

行幸 各地の視察・統治・権力誇示のために行った。
国見 山などから地を眺め、その国土の豊穣や繁栄を祝う儀式。
離宮(とつみや) 複数使う。吉野離宮など。
行宮(かりみや) 一回しか使わない仮の宿。

人麻呂の死生観 生と死の間は行き来できない。厳正で冷静な認識。
東野炎立所見而反見為者月西渡 (1巻48)
東の 野にかぎろひの 立つ見えて かへり見すれば 月かたぶきぬ 

夜明けの風景。太陽は昇り月は沈む。人の世も同じ。
太陽を軽皇子、月を草壁皇子に例えていると言う。

巻向之 山辺響而 徃水之 三名沫如 世人吾等者 
訓読 巻向の 山辺とよみて往く水の みなわのごとし 世の人われは 
7巻1269
 まるで方丈記のような歌。

秋山の 黄葉を繁み 惑ひぬる 妹を求めむ 山道知らずも(2巻208)
亡くなった妻を思う歌。


歌の世界を広げる この頃から歌自体を鑑賞するようになる。 
笹の葉は み山もさやに さやげども 我れは妹思ふ 別れ来ぬれば

(巻2・133)石見相聞歌 人麻呂が詠んだ恋の歌。

喧噪のなかで、心の中は静まり返っていくという歌。個人的な体験ではないだろう。
源氏物語のように皆に聞かせて喜ばせていた。歌物語のような、創作が始まった時代。


近江の海(あふみのみ) 夕波千鳥 汝が鳴けば 心もしのに いにしへ思ほゆ

巻3・266 #299 日めくり万葉集 ←短いです。
夕波千鳥は造語。新しい言葉を作りだす達人でもあった。


旅の歌に込めた思い
中央政府と地方の国府が情報を共有するために、旅をする役人が増えた。

16kmごとにある駅家(うまや)で、馬を乗り継いで進めるようになっていた。
#5 高校講座日本史

淡路の 野島が崎の 浜風に 妹が結びし 紐吹き返す(巻3・251)
旅の無事を祈って紐を結んでくれた妻。遠く離れても、心の中はつながっていたい。

言霊を信じていた時代、思いを言葉にして祈った。旅の安全を、祈りを込めて歌った。
土地の名前を詠うことで土地の神様を褒め、災いを防いだ。
故郷や妻のことを詠うことで魂の次元でつながり、連絡を取ることができた。


高市黒人 
現存する十数首の歌は全て旅の歌。各地への御幸に従い見聞を広めた。
旅にして もの恋しきに 山下の 赤のそほ船 沖を漕ぐ見ゆ
(巻3・270)
何かが去っていく寂しい歌が多い。独特な哀愁がある。
人麻呂は向かって行ったり、出会う歌が多い。
意識して作っていたのか、結果的に個性になったのか。後者ではないか。

報告のために歌を詠っていた時代から、一歩進んだ時代。

他の第二期の有名な歌人
大津皇子(2巻108)
大伯皇女(2巻163・105)
志貴皇子(1418)・高市皇子・穂積皇子 自然の中に自らの思いを見事に託している。

長奥麻呂(ながのおきまろ) 即興歌が得意。16巻3824など。
はちすばは 日めくり万葉集


※『面白くてよくわかる!万葉集(根本浩)』の内容も書き足しました。



関連記事
web拍手 by FC2

 #1 万葉集 100分de名著 

第1回 言霊の宿る歌 解説は歌人・国文学者の佐佐木幸綱さん。 

万葉集とは
現存する最古の和歌集。7~8世紀に詠まれた歌を集めた。9世紀初めごろ成立か。
20巻、4516首を収録。
詠み人は天皇から貴族・役人・一般庶民まで身分を問わない。

漢字のみでやまと言葉を表現 どこで5・7・5…に区切るか解釈が難しい。
事実と、昔の人の心も推測しないと解読できない。

当時の社会や生活を知る史実的な資料としての価値も非常に高い。

歌と時代との関係を見るのが楽しい。古代史が立体的に見えてくる。

万葉自体の歌         益荒男振り 勇ましく大らか。
古今和歌集以後の勅撰集 手弱女振り 繊細で優雅。

歌の分類 公的な歌と私的な歌が一緒に入っている。
雑歌(ぞうか)  宮廷などの公式行事で詠まれた歌。
相聞(そうもん) 男女が詠み合う恋の歌。
挽歌       死者を悼み、悲しみを表現する歌。

一巻前半 天皇の歌・天皇を讃える歌。
一・二巻 皇族や貴族が多い。
三・四巻 有名歌人が多い。
その後、和歌が盛んになり、宮廷歌人や役人の歌も掲載。
十七~二十巻 編者の家持の歌が中心。後の時代に追記したのかもしれない。

万葉集の編集は785年までに終わっていた。

万葉集の時代
 四期に分けて説明。
第一期 629年 舒明天皇即位~672年 壬申の乱 激動期。
言霊
 言葉に宿ると信じられた不思議な力。
「言(こと)」は、「事(こと)」と同じで、事実を意味していた。
言葉が現実を引き寄せるという考え方は、現代の日本にも残っている。

始めの歌 雄略天皇の結婚を申し込んでいる歌。
結婚は実りを意味し、言葉で言うことによって豊作が実現される、春の儀式の歌。

二番目の歌 舒明天皇の歌
国見 各地で行われた春の行事。

豊かであってほしいという願いを込めた言霊の表現

歌で詠うと言葉の力が増幅される。言霊の力がより強まる。
だから短歌は1400年以上も続いている。

現代は言葉は信用されなくなってきているが、言葉の大切さを見直したい。


額田王の歌(巻1・8) 軍団を鼓舞する言霊の歌。大化の改新・対外的にも緊張した時代。

有間皇子の歌(巻2・141) 
磐白の 浜松が枝を 引き結び ま幸くあらば また帰り見む

有間皇子の魂を鎮める歌
悔しい思いで死んだ魂=荒魂を、歌を詠んで鎮魂し、和魂にする。
磐代の野中に立てる結び松 心も解けずいにしへ思ほゆ
 長意吉麻呂 巻2・144
後見むと君が結べる磐代の 小松がうれをまたも見むかも 柿本人麻呂 巻2・146

勝者が歴史を作り、敗者は文学を作る。




関連記事
web拍手 by FC2

 5月25土の拍手レス 

5月25日は、拍手を下さってありがとうございました♪
yuushiさんの拍手ページ
2回も拍手を下さって、ありがとうございます☆

からす
アンテナで鉄棒をしている烏はかわいらしかったです。

またの拍手を、お待ちしております!



関連記事
web拍手 by FC2

 浜松周辺のおすすめ  

舘山寺温泉 全国屈指の塩分濃度が高い名湯。花博期間は各宿で企画あり。
2か所の足湯 ←どちらも左の方だな。
水神の松
ダイダラボッチの湯

浜名湖体験学習施設ウオット
 浜名湖の生物に詳しくなれる。面白かった! 
真剣に下敷きが欲しかったが、他に家にあるのであきらめた。←小学生か。

エアーパーク 航空自衛隊浜松広報館 面白かった!!

うなぎパイファクトリー 面白かった!! 
無料で試食ももらえる。お土産を買ってしまう。向かいにある豆製品のお店も良い。

スズキ資料館 要予約で無料。面白かった!!年配の人と行くとさらに面白いと思う。

楽器博物館 行きそびれているけれどすごく行きたい。

はままつフルーツパーク まだ行っていない。

方広寺 桜と三重の塔。要予約の精進料理。

龍潭寺
 国の指定文化財である庭、鴬張りの廊下、左甚五郎「龍の彫刻」。
    井伊家しか入れなかった書院造の茶室で抹茶を飲む。

弁天島温泉、雄踏温泉、三ケ日温泉、奥浜名湖温泉。


浜松城 徳川家康公が天下統一への礎を築いた出世城。今春天守門を復元

新居関所・資料館 全国で唯一現存する関所。説明も聞ける。

舞阪宿脇本陣 東海道五十三次の30番目。1838(天保9年)創建時の姿を復元。

方広寺 室町時代開山。湖北五山の一つ。

長楽寺 湖北五山ではないが良いらしい。5~6月は梅の収穫体験ができるかも?

本田宗一郎ものづくり伝承館 天才的情熱家の足跡。

豊田佐吉記念館 世界のTOYOTAの創始者の生家跡を記念館として公開。


観光モデル 浜松だいすきネットより
1、舘山寺・弁天島周辺
丸吉園芸
ガーベラ摘み取り体験 5本500円。
龍潭寺
浜名湖グリーンファーム ハーブとカレー。

2、浜松周辺
アクトシティ浜松展望回廊
→楽器博物館
→浜松城
→浜松市美術館
→スズキ歴史館

3、天浜線と遠鉄の一日フリー切符
(西ルート)を使って、電車で浜名湖めぐり
新浜松駅→西鹿島駅→天竜二俣駅
→転車台と扇形車庫見学
→気賀駅→気賀関所
→新所原駅→本興寺(小堀遠州による庭園)
→新居町駅→新居関所
→弁天島駅→弁天島海浜公園(夕日・食事やお土産屋が多い)
→浜松駅


また編集するかもしれません。


関連記事
web拍手 by FC2

 はままつフラワーパークについて 

入場料 
3~6月  600~1000円
7~9月  無料
10~2月 500円(園内で買い物券として使える)


園内の花

水仙          12月~
日本一早いチューリップ 1月上旬~中旬    ←そんなに早くから?!
菜の花         1月上旬~3月下旬
蝋梅          1月上旬~下旬
福寿草         2月上旬~3月上旬
花梅          2月上旬~3月上旬
早咲きの桜       2月中旬~3月中旬
チューリップ      3月下旬~4月上旬
染井吉野        3月末~4月上旬   
八重桜         4月上旬~下旬    130種600本
藤(棚・庭木仕立て)  4月下旬~5月上旬
ばら          5月中旬~6月上旬  170種1000株
花菖蒲         6月上旬~中旬    720品種100万本
蛍鑑賞         6月上旬~中旬    21時まで
紫陽花         6月上旬~下旬    3000株
ささゆり        6月中旬~下旬
熱帯睡蓮        7月中旬~10月中旬
オオオニバス      8月中旬~9月中旬
彼岸花         9月中旬~下旬
ハロウィン装飾     10月上旬~下旬
アメジストセージ    10月中旬~11月下旬
ばら          10月下旬~11月下旬
イルミネーション    12月上旬~下旬  ←クリスマス装飾と書いたら良いかも☆


その他
大温室も季節ごとに趣向を凝らした装飾を行っています☆
フラワートレインがある。
休憩所がいくつかあって良い。
池では鯉に餌をあげられる。
竹林もある。
芝生広場もある。
こども広場と観覧車。

花菖蒲 明治神宮から特別に譲り受けた由緒ある江戸系の古花86品種。


感想
一年中楽しめる園内は、よくこんなに花を詰め込んだなあと驚きました。すごい計画。
水仙の園の奥のミニガーデンは市民が作る花壇。良い考えだなと思いました。
園内の池はきれいではなく、鯉や魚がかわいそうだと思いました。
こども広場は全体的にうらぶれていました。なんだこの寂しい空間は。
機関車や恐竜の滑り台は良いと思うけれど、中途半端に有料の乗り物が置いてあります。
小さい子連れの人は来たくないと思うだろうなと感じました。
小さな観覧車は懐かしい感じで好きだけど、毎回乗りたいとは思わないかもしれません。
やたらと飲食物を売っていないのは良いと思います。ゆっくり花を見られます♪


提案
1、ウェルカムガーデンは広さが仇となって印象が薄い。
大温室を入った所みたいに、もっと「ようこそ!」という感じがあると良いと思います。
正面ゲートからフラワートレイン乗り場にかけて花壇部分を狭く集中させて、
右側(花みどり館側)は期間限定の店を出す、などはいかがでしょうか。
その場合は、飲食店ではない店がいいと思います。
花や浜松や音楽や静岡などに関係ある店がいいかな?

2、7~9月は無料。暑いもんねー。
でも大温室には花がありそうだし、多くの人に見てもらえるように、
暑くても来たいと思うことを考えてみました。
まず、広い敷地の、一部でも一日でも、何かの催事に貸し出すのはいかがでしょうか。
その催事が目当てで来た人も、花に目覚めるかもしれません♪
もう一つは、鯉を一時期どこかの池に集めて、
例えばテラス池をきれいにして、手足だけでも水遊びができるようにするとか、
噴水を停めて、覆いなどで触れないようにして、水遊びができるようにするとか、
噴水池はだめかもしれないけれど、立派な屋根付きベンチがあったので言ってみました。
無理でも怒らないで下さい(焦)。

3、もっとお客さんに自宅や近所に花を植えてもらえるようにする。
園内の花を見て、花はいいなあという気持ちになっていると思うので、
『今の季節に行う作業』を掲示し、
種や苗や道具を並べて売る場所を作るのはいかがでしょうか。
1で述べたように、ウェルカムガーデンの右側でも良いと思います。
できれば露天ではなく建物が良いと思います。
正面ゲートのお土産屋さんの苗類は少ないと思います。
でも毎週とか隔週とか、こまめに展示を替えられる位の広さにすると、
新鮮味を保てると思います。

季節ごとにフラワーパークに来る人が増えると良いと思います☆


関連記事
web拍手 by FC2

 #8終 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

正面ゲートの店でお土産を見てから帰ろう。今回は浜名湖ゲート側の駐車場まで歩きます。
水仙の園近くは急な下り坂。

一か月前は桜とチューリップが咲いていた場所は、
3、桜とチューリップ1

親子ガーデンコンテスト会場予定地になっていました。
皆で作るフラワーパークという感じで良いですね♪
親子ガーデン予定地

大温室やばら園への近道がある。
つつじ5

ここにもツツジの木があったのか。つつじってこんなに大きいのもあるんだね。
つつじ6

つつじ7


浜名湖ゲートは浜松動物園が隣り合っています。
また来れたらいいなあ。


感想 フラワーパークは2回目なのに1回目よりも長くなりました。全8回(笑)。
前回から一か月も経っていないのに、かなり内容が変わっていました。
花菖蒲も見たいなあ。琴の演出や紫陽花もあるそうです。




関連記事
web拍手 by FC2

 #7 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

ヒマラヤの青いケシの花 期間中通算200鉢。
3000~4000mの高地に自生し、日本では栽培が非常に難しい
かつて、大阪花博や浜名湖花博で『幻の青いケシ』と話題になった。
25度以上になると生育不良になるため、日本では長野や北海道の一部で栽培。
青いケシの花
意外に淡い色。混雑でうまく撮れませんでした。ぼやけたかな。

ばら やっと撮れた(四月だからね)♪
温室のばら1

温室のばら2


メキシコガーデンの多肉の寄せ植え 今度は撮れました☆ 影が入るのが残念。
メキシコの風

メキシコの風、説明


ローズガーデンはこれから。唯一咲いていた花。
ナニワバラ(Rosa laevigata)
中国南部や台湾原産。大阪の商人が日本へ持ってきた。
『とても丈夫なバラで、どんどん伸びて大きくなります。』
なんだか商魂たくましいと言われる大阪の商人みたいですね。
なにわばら


関連記事
web拍手 by FC2

 #6 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

大温室 入口の寄せ植えも素敵です☆ 
大温室入口


テーマ展示は、5月18日まで18品種、約50株のローズフェア。
つるバラを始め、香り豊かなばらが屋外のものより一足早く楽しめるほか、
紫陽花・ラベンダー・ニコチアナなど、初夏の花々が彩りを添える庭を演出。
↑季節ごとに次々と展示が変わっていきます。すごいなあ。
 使っている植物一覧があって良いです。

寄せ植えの花が代わっている、すごいなあ。一月前にはなかった花です。
温室寄せ植え、1
温室寄せ植え、2


かわいい紫陽花
温室紫陽花1
温室紫陽花2


青い胡蝶蘭は4月いっぱいまで展示。
青い胡蝶蘭


おお、バリガーデンの花が盛りになっている!
バリガーデンの花


ガジュマルの花 びよーんと長い。
ガジュマルの花1
ガジュマルの花2


関連記事
web拍手 by FC2

 #5 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

金隠れ 隠れ笠(かくれがさ)とも言う。トイレのあれみたいだもんね(笑)。
なんだかわさわさした葉っぱ。
金隠れ(隠れ笠)


スマイルガーデン
咲いている花もあるし、まだ咲いていない花もあるし、まばらな感じでした。
スマイルガーデン2  
スマイルガーデン1

でもたくさんの寄せ植えがすごい!
スマイルガーデン3


ベニバナトキワマンサク マンサク科 トキワマンサク属
日本・中国南部・印度東北部に分布するトキワマンサク(黄緑白色花)の変種
(紅色花)で、5月頃咲く。新芽や若葉も赤味がある。
ベニバナトキワマンサク
前回は花が満開でもっと赤かったけれど、混雑で写真が撮れなかったので、
今回撮ってみました。大きいですよね。


この間と違うフラワーバスだ♪
フラワーバス2


大温室前に、いろいろな寄せ植えがありました。特に良いと思った2つです☆
温室前寄せ植え1  
温室前寄せ植え2


関連記事
web拍手 by FC2

 #4 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

小さくて色が濃いつつじがいっぱいありました。
小さくて色の濃いつつじ


菊桜 日本を象徴する2つの花の名前が一つになっています♪
さっきの八重桜の花より小さく、細かい花弁がいっぱいあります。
菊桜も、名島桜、高松稚児桜など、一本一本品種名があります。
菊桜  高松稚児桜


花菖蒲はこれからです。すごく広い!
奥の黄色い花の木は何だろう。写真だと分かりにくくなったけれど、大きな木でした。
花菖蒲予定地


透明感があるつつじ。すごくきれい。
つつじ1  つつじ2


花弁が細いつつじ。
つつじ3  つつじ4


関連記事
web拍手 by FC2

 #3 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 


80mの長藤・70mの白藤の藤棚。
5色の花の鉢仕立て100鉢、20本を越える庭木仕立て。

ものすごくきれいでした!

鉢植え藤 鉢植え藤や藤棚


ハンギングバスケット部門 ジャパンフラワーオープンINしずおか2014浜松 
これも見たかったのでうれしいです!
色づかいも花の種類も千差万別で素敵です! 見応えがありました♪

ハンギング1  ハンギング2

ハンギング3  ハンギング4

ハンギング5  ハンギング6

ハンギング7  ハンギング8


終点でも藤がお出迎え。
藤棚とつつじ  鉢植え藤やつつじ


関連記事
web拍手 by FC2

 #2 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

八重桜並木の後ろの山には、原種つつじ園があります。
日本はツツジ属の原種の数が世界一!

原種つつじ園
国内に野生する50種類以上、15000株のつつじがあり、
ジングウツツジ(渋川ツツジ)、シロヤシオなど、希少な種もある。
春の花・初夏の新緑・秋の紅葉・冬の樹姿など、四季折々の風情を楽しむことができる。

もみじの花 正式名を御存じでしたら教えて下さい(礼)。 紅葉と楓の違い
もみじの品種一覧 bunicoさんが教えて下さいました。ありがとうございます!
楓の花

春なのに、なぜ紅葉しているのかな?
↑新芽が赤い品種もあるそうです。紅葉する前から元々赤いんだね。
 知らなかったー、bunicoさんありがとうございます☆
紅葉?

吊り橋からつつじ。大きなツツジの木だなあ。
吊り橋からつつじ 吊り橋からつつじ2


山を下りて水辺の広場付近に戻ったら、濃い赤の木があった。緑に映える。
ここも紅葉?

辛うじて残っていたチューリップ。薄紫系統がきれい。背高のっぽ。
最後のチューリップ


関連記事
web拍手 by FC2

 #1 浜名湖花博2014感想・フラワーパーク編2 

4月27日
チューリップが終わったのは寂しいけれど、
テラス池のほとりでは、まだいろんな八重桜が並んで咲いていました。

こんな桜
こんな豪華な八重桜がいっぱい♪
一本一本品種が違っていて、130種類600本あるなんてすごい。

福禄寿
福禄寿

松月 ふわふわで可愛らしい色☆
松月 松月全身

御衣黄
江戸時代から知られ、よく栽培されてきた、典型的なオオシマザクラ系の一品種。
花弁は黄色地に緑色の線条があり、花の盛りには中央下部に赤色の線が入る特異な花色。

御衣黄


おまけ #1 浜名湖花博2014感想 フラワーパーク編1 
4月の初め。桜とチューリップがきれいでした!


関連記事
web拍手 by FC2

 #8終 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

花の彩りダイニング 5期に分けて展示。
今回の題は「心地良い春風感じる週末のパーティータイム」でした。
花の彩りダイニングの一つ

フラワーアレンジメント いっぱいあったけれど、写真を撮る時間がありませんでした。
フラワーアレンジメントの一つ  


レカンフラワー フランス語で『宝石箱』の意味。
専用の乾燥剤で植物の水分を瞬時に抜き、きれいな状態で残すことができる。


斑入山野草斑物珍品葉芸品 浜名湖珍品愛好会
斑入山野草を中心に、珍しい葉芸品・斑入り木物・多肉植物花物などの収集・栽培。
情報収集・情報交換・各種展示会の見学など
日々研究を重ね、年二回展示会を開催。
会員募集中。気合が入っていた。


子供サークルの作品 明るい色彩や可愛らしい絵に癒された。
『楽しむ気持ちは心のエネルギー。子供たちの温かな幸せいっぱいの作品です。』

月3回、デッサン・水彩画・アクリル画・染め・焼き絵・粘土・フェルトワークなど、
様々なアートに挑戦。クリスマス会・作品展・募金活動なども行い、
子供たちの“ものづくりを楽しむ心”と“社会貢献できる大きな心”を育んでいます。



「17時に門が閉まるのでお気を付け下さい」
お土産はフラワーパークの方が充実しています。もっと並べた方が良いと思いました。
しかしお土産を見る時間は無く、追われるように出ました(笑)。

門の外にも『見晴らしの丘』、『ほほえみの森』がありました。


「花と緑の夢あいち」の宣伝
愛・地球博から10年後の、2015年9月12土~11月8日に開催。


↑時期が珍しい、秋なんだね。



感想
朝から閉園までいたけれど、時間が足りなくてゆっくり見られなかった所もあって、
すごい見応えでした。さすが花博というだけのことはあります。
門から車までが遠くて、迷いかけました。朝早めに来て門の近くに停めた方が楽かも。


関連記事
web拍手 by FC2

 #7 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

花みどり創造館 16時40分頃に到着、駆け足で見ました。
展望台から全体を見た時は楽勝で回れると思ったけれど、広かったなあ。

千葉大学の青い胡蝶蘭 10年以上かけて作り出した幻の花。普段は非公開
遺伝子組み換えで作った花だからガラスケースに入っていて、
写真はうまく撮れませんでした。
フラワーパークのより花が少なく、露草から取り出したという濃い青でした。

空も海も青く、青は世界の大きな面積を占めているが、触ることができない。
物として存在する青色は自然界にほとんど存在しないため、
青色は、古来より憧れの対象、神秘の色とされてきた。


サントリーの青い薔薇 薄紫に近いね。

「花の都しずおか」計画進行中
静岡県は704品目もの多彩で高品質な花の生産県
花き生産額は全国4位(平成24年)。
静岡の花の一部

ガーベラ 全国の42%を占め、県内でも特に浜松が大産地。
青・紫系統以外のほとんどの色がある。
花の大小や咲き方等、様々な品種が誕生
している。

豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、
一年を通して花を楽しめる名所や花に関わる人材も豊富
生け花・お茶・温泉旅館など、花と関わりの深い文化や産業も色濃く根付いている

静岡県は花の都作りの第一歩として浜名湖花博2014を開催し、
花のある豊かな生活文化を提案
する。
1、花の文化の継承と創造
2、花卉生産の振興    様々な販売形態に応じた流通体制作り
も。
3、人材の育成と活動支援 
4、情報の集積・発信   国内外からの誘客
を図る。

静岡県農林技術研究所や新品種育成研究会などによる、
マーガレットや菊やバラなどの新品種の開発
も盛ん。

新たな花の需要の創出や花き生産の振興、静岡県花の展覧会・栽培の研究会開催など、
花き産地の発展に向けて様々な活動を行っている。


切り花商品の開発  静岡県農林技術研究所花卉科
容器に、水の代わりにゼリー状のものと、花を入れる。
倒れても水がこぼれない。
販売に専門知識が不要で、雑貨的な取り扱いが可能。
新しい流通経路で販売。
そのまま飾れる。
水替え・切り戻しなどの世話が不要。世話無し、花瓶無しで7日間楽しめる。
どこでも、手軽に、適正価格で。

食の都
日本一高い富士山や日本一深い駿河湾をはじめとする多様な風土
に恵まれた静岡県は、
農林水産物の豊富さは全国一位で、品質も極めて高い。
しずおか食セレクション    食材95品目を認定。

野菜30・水産物24・果樹14・畜産物12・茶11・林産物3・米1。
静岡の食材の一部

ふじのくに新商品セレクション 県産農林水産物を使った魅力ある加工食品。

ふじのくに食の都づくり仕事人 
県産食材を積極的に活かし、県の食文化の振興に貢献している
料理人・菓子職人。


感想 なんだかすごい攻めの姿勢ですね、
花博だけで終わるのではなくて、その先へ繋げようとしている。
花博は「花の都・食の都しずおか」作りの始まりというのがすごい。よし応援しよう。
家のガーベラの鉢植えは、今年5回目の花を咲かせてくれました。丈夫な多年草です☆




関連記事
web拍手 by FC2

 #6 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

花美の館 まるで絵画の中にいるような庭園。
花美の館

平日の月~金の11時・13時に楽器の演奏などを行っている。

光と庭の夜想曲 500円。閉園後、特設駐車場に停める。
6月14日までの金・土・日・月・祝祭日の18時半~21時半。

ばらも少しありました。4月末の屋外なのにすごい。
早咲きのばら

東船着場 まだ人がいっぱいだな、今日は乗れないな。

50を越える庭園と花の組み合わせ
2年位前に来た時は建物だけが閑散と存在していたけれど、きれいになったね。
庭園の一つ

にぎわいの庭 木質チップ発酵装置に興味がわきました。

再びばらがちらほら。ばらはまだ見られないと思っていたのでうれしいな♪

庭園エリアの裏、浜名湖沿いには、
『風立ちぬ湖畔の道』や『マーガレットの小路』
があります。


関連記事
web拍手 by FC2

 #5 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

現代に繋がる江戸園芸
盆栽
 天地是在一盆の中
小さな鉢に植えられた木や草を、
自然の中に生い茂る美しい森や巨木の情景を連想できるように育て上げた、
日本独自の伝統園芸


唐の時代から中国で発展した「盆景」は、
日本で「盆山」から「盆栽」へと独自の文化として広がっていった。

近代の盆栽の思想は、
明治時代の文人墨客が机上に鉢植えの植物や小石を飾って心を和ませ、
大自然を瞑想したことに端を発している。

盆栽は、鉢の中に大自然を表現している。

大きな森や老大樹の姿、そこに吹き抜ける風さえも連想して、
あたかも清らかな深山幽谷や美しい風景の中に遊ぶ喜びを瞑想しながらご鑑賞ください。


伝統園芸植物 我が国特有の価値観や美意識で園芸化・品種化された観賞植物。
大陸から来て園芸化された植物や、日本の野生種から品種化されたものなどがある。
斑入り葉や変わり葉・変わり花などの珍品奇品が珍重された。
戦後の生活様式や価値観の変化に伴い、鑑賞作法などが滅失の危機にある。

静岡が嚆矢となった江戸の園芸文化。
世界に誇るべき文化遺産として未来に向けて保存継承が望まれる。

(絵で見る伝統園芸植物と文化より)

南天
長生蘭
富貴蘭
松葉蘭

などの説明があったが、字が小さくて読みにくかった。

二葉葵
徳川家の紋所「三つ葉葵」の元
は、京都の賀茂別雷神社(上賀茂神社)の二葉葵。


2015年 徳川家康公顕彰薨去400年記念事業
世界史上例を見ない平和国家・究極の循環型社会・文化の成熟期の徳川時代を再考し、
その知恵を未来の日本・世界に発信。
家康公ゆかりの地に住んでいることに誇りを持ち、地域の魅力向上と活性化
も目指す。


関連記事
web拍手 by FC2

 #4 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

徳川将軍から始まった江戸園芸
家康 万年青(おもと) 不老長寿の縁起の良い植物
と言われる。
秀忠 家康に輪をかけた花好きで特に椿を愛した。
家光 大の盆栽好きであった。
吉宗 江戸の各地に花見の名所を設け、庶民の園芸への興味を広めた。

諸藩の大名は将軍の花好きにあやかり、
参勤交代に伴い自国の珍しい花を献上すると共に、
自らも江戸と領地で園芸を愛好するようになった。

時代ごとの流行花、印刷技術の向上に伴う多様な園芸書の出版と共に、
幕末に訪れた外国人たちを驚嘆させる園芸文化を広げていった。


おまけ 大名庭園

江戸の花 デジタル浮世絵ギャラリー 
浮世絵で見る江戸の園芸文化。
庶民の暮らしの中にある江戸の園芸。

久能山東照宮映像シアター 家康公を奉り、たくさんの鳥や花の彫刻で彩られている。

清見寺 家康公が幼少時代に学問を学び、大御所時代も大変気に入っていた寺。
静岡市にあり、朝鮮通信使や琉球使の接待が行われたすごい寺。庭園も国の名勝。
↑へえ、雪斎さんに教わっていたのか。

特別展示 時期によって変わります。
浮世絵「百種接分菊」の再現
太さ2、3寸余りの一本の台木に百種もの菊を接ぎ木
して咲かせたもの。
当時、その技術の素晴らしさは評判となった。

江戸中期、文化の末頃から、巣鴨・染井の植木屋が、
菊で人物鳥獣等さまざまな形を作って見世物としたところから「観菊」が流行。



関連記事
web拍手 by FC2

 #3 浜名湖花博2014感想・ガーデンパーク編 

徳川園芸館 徳川家康公から始まる江戸の園芸文化。静岡県は家康公ゆかりの地が多い。

日本人は、古来より豊かな自然の中で、植物との多様な関わりを育ててきた。

日本古来の自然に対する畏敬の念に加えて、
大陸から渡来した習俗などを背景に、列島と言う特異な気候や地理特性の中で、
主として日本人に特有の価値観や美意識で、独特の園芸文化を作り上げてきた。


なかでも家康公が礎を築き、平和な時代が続いた江戸時代は、
将軍から庶民に至るまでの裾野が広い園芸と、
当時の世界でも最高水準とされる技量や鑑賞作法を持った園芸が,
この国に花開いた


園芸は、為政者によっては、
江戸時代以前にすでに嗜みの一つとする文化でもあった。

江戸時代以前に培われた、限られた人々による園芸思考を基層に、
駿河で出会った二人によって、大きな一歩を踏み出す。



家康公は駿府にいる4年の間に小野寺住職の大八郎正知と出会う。
当時の社寺仏閣は教養や知識の中枢でもあった。

家康公は江戸城の造営にあたって後園の手入れをさせ、士分に取りたてた
住職は芥川小野寺を名乗るようになる。

三代家光の時代の、江戸城の絵図には「御花畠」がある。
おそらく家康と芥川小野寺が共につくりあげた後園の姿であろう。

芥川家は代々小野寺を名乗り、小石川御薬園(現在の小石川植物園)の管理をした。



おまけ 
小石川植物園に行ってきました
 
2355の5月の歌。折り良いときに新曲がきたなあ。
元は徳川幕府の薬草園で、約330の歴史を持つ日本最古の植物園。

~樹形図のようなヒマラヤスギの枝を見上げて鼻から深呼吸♪
~ここは植物園 研究のための静かな植物園♪
~東京大学の付属の植物園♪

しみじみする歌だなー。茗荷谷駅から徒歩15分。茗荷谷って行く時あるかなー。




関連記事
web拍手 by FC2
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper