FC2ブログ
≪ 2014 01                                                2014 03 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 -
 2014年02月の記事一覧 

 #2 古事記 

第2回 文化と農耕の起源
イザナギが禊ぎをして、次の主役になる最も素晴らしい神が目と鼻から誕生する。

アマテラス 正統 女性性 太陽 調和性
スサノヲ  異端 男性性 暴風 暴力性

誓約
  ←「うけい」と読む。判定基準が謎だがスサノヲが勝ちを主張。

天岩戸伝説 一番偉い神様がだまされる話。←言い方(笑)。しかしどこか微笑ましい。 
冬至の祭りではないか
北半球の各地には、同じように大騒ぎをしながら太陽を迎える祭りがある。

おおげつひめ 偉大な食べ物の女神。しかしそれは無秩序だった。
鼻や尻などから食べ物を出してもてなす様子を見たスサノヲは怒って殺してしまう
五穀の起源 その死体から、蚕・稲・粟・小豆・麦・大豆が発生した。
死や災いにより、新しいものが生まれる。スサノヲは種を手に入れた。


こしのやまたのおろち退治

頭と尻尾が8つあり、山谷8つ分の大きさ。斐伊川という大きな川を表している。
スサノヲは高天原では問題児だったが、人間界では知恵で計画的に川を治めた。

クシナダヒメをくれるなら #1 新日本風土記 出雲

農耕の始まりを象徴した神話
種を持った男神は、田んぼの女神と結婚した。

最初の自然破壊は農耕である。種は血塗られた過去を持っている。


感想 
昔読んだ時はおおげつひめがかわいそうだとしか思えなかったけれど、
そんなに深い意味があったのか。

食料生産が無秩序だと困るので、スサノヲ(ご先祖様)は研究して統合した。
そのおかげで人間は計画的に安定して食べ物を得ることができるようになったが、
自然や植物にとっては残虐なことで、そのことを忘れないで生きるようにと、
古事記は明記していると感じた。

なるべく自然を破壊しない、大切に食べる、よく噛む。
自然によって生かしてもらっている自分を大切にする。
そして自然や他の生物を大切にする。


おまけ 茶草場農法 静岡の世界農業遺産。
「でも人の手は自然と街の間に里山という調和も作りだすことができる」


関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper