FC2ブログ
≪ 2014 01                                                2014 03 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 -

 #後 第2回 出雲大社 ~オオクニヌシの謎~ 

一書 日本書紀の、本文とは異なる国譲りの記述

大国主命は巨大な力を持っており、毅然として断った。
天照命の使者は大国主命に立派な神殿を建てることを約束し、
地上は天照命の子孫に任せ、神事(見えない世界)を治めてくれるように交渉した。


国譲りの代わりに、大国主命には大きな霊力が与えられた
大国主命は高天原の神々との交流を認められ、神の権限を譲られたとも言えるらしい。

出雲大社の大国主命は死後の世界を任され、西を向いている。
心御柱 国つ神が天上界(高天原)へ登るための橋。


政治の都は奈良、宗教的な都は出雲になっていく。

続日本紀 716年、果安という名の出雲大社宮司が神賀詞(かんよごと)を奏上。
天皇に捧げる特別な祝詞。大国主命は天皇の和魂(守り神)となると宣言した。
その後、歴代の出雲大社の宮司は奈良に赴き、大国主命の名の元に祝詞を読み上げた

三輪山 大国主命の魂を鎮める場所となった。
大国主命の3人の息子達も大和の守護神となった。
↑大国主命は霊威で天皇を守り、天皇は権力で大国主命を守るということか。


役割を分担し共存する世界
都の東には伊勢神宮。西には出雲大社。
日本国家の東西の要所に神様を鎮め、大和の人も出雲の人も共存する指向性を示した。


大国主命を祀る神社は全国に7000以上ある。
大穴持神社(鹿児島)
 1200年以上前に創建。まむし避けの砂。
↑大国主命のたくさんある呼び名の一つ。
医薬・醸造・武・安産・縁結びの神でもある。
心の広い、頼りがいのある福の神として生き続けている。


古代、騒乱の中に失われていった出雲の国。その民の思いを背負った大国主命。
対立ではなく共存の道を求め、天照命と共に国の守り神となった。
60年に一度の遷宮により力をよみがえらせ、この国の人の安寧を見守り続けている。





関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

QR