FC2ブログ
≪ 2013 11                                                2014 01 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 2013年12月の記事一覧 

 #3終 シチリアーノ  

一つの楽想を追及
自分の信念を貫こうとする姿勢
は、音楽作品にも表れている。
フォーレは、自分が気に入った旋律を他の作品に取り入れることが多く
シチリアーナもその一つ。

現在はフルートの曲として有名だが、元は劇作品のために依頼された曲だった。
劇場の倒産により未発表となり、どうにかこの曲を世に出したいと思ったフォーレは、
数年後にチェロの曲として出版。
同年に劇音楽「ペレアスとメレアンド」にもシチリアーナを取り入れる。

さらに、組曲版にも取り入れた。フルートが旋律、ハープが旋律を支えている。

自分が良いと思った旋律を、3度も4度も編曲し直して世に問い続けたことにより、
シチリアーナが世に出ると、瞬く間に人気を得て、
現代では、フルートとピアノで演奏されることが多い。


フォーレは古い旋法を旋律の中に盛り込んだり、
昔なら不協和音と言われた和音を、非常に美しく響かせた。
シチリアーノも、古い時代への強い憧れから生まれた、新しい音楽だった。

フォーレのシチリアーナの特徴
細かく変化する和音 複雑で不思議な感覚。

裏切りの下降線
始めは短調で上がっていくが、中盤で明るくなり、陽の光が差すような印象を受ける。
しかし、旋律は下がっていく。
音楽に身を任せて聞いていたら、急に流れが変わったような、予想外な印象
を受ける。


感想 
音が少しずつ変化していって、濃淡があるような、
なんとなく印象派のような感じがする。
ドビュッシーとも似ている気がする。
やっぱりパリ万博の影響は強いのかなと感じました。
4小節目は跳ねるんだな。

音が細かいので、8分の12拍子で考えた方が弾きやすそう。
和音がどんどん変わっていくので、覚えづらいと思います。
なんか変な音が多いなと思っていました。わざとだったのか。
でもちょっとひねりすぎな部分もあると感じます。これが現代風なのか。
後半2ページ分の不安な感じが現代っぽい(感覚的な感想笑)。

ららら♪クラシックも好きで、今回は特に面白かったです☆
30分で詳しくなれるし、最後に演奏も聴けるし、それが興味のある曲なら余計に!
フルートの音も美しくて、フルートを引き立たせるピアノも素晴らしかったです☆

フォーレさんといえば、シチリアーナと教本という印象でした。
パリ国立高等音楽院学長だったとか、いろいろ知って楽しかったです☆

フォーレ小品集
フォーレピアノ小品集  全音ピアノライブラリーフォーレピアノ小品集 全音ピアノライブラリー
(2009/12/11)
フォーレ、高木 東六 他

商品詳細を見る


フォーレのwiki 「大言壮語的な記述」って初めて見た(笑)。




関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper