FC2ブログ
≪ 2013 04                                                2013 06 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -
 2013年05月の記事一覧 

 春告げ魚メバル  

#1 日本!食紀行
山口県周防大島町 瀬戸内海で3番目に大きな島。
メバルがつなぐ、島の暮らしに学ぶ
周防大島の海は、日本一の漁場。いないのは鯨だけだと言う。
ひじき、わかめ、なまこ、さわら…人々の暮らしは瀬戸内海の恵みに支えられている。

沿岸には藻場があり、ガラモという藻がびっしりと広がっている。
メバルの餌になるプランクトンが繁殖し、メバルが食べに来る。それを獲る。

春の嵐で海が時化て、藻が千切れて流され、メバルも流れてくると漁師さんは言う。

建網漁は、狙いから数m離れただけで目当ての魚が全く獲れないこともある。


メバル料理
刺身
 脂がのっている。
メバルご飯 ごぼう、にんじん、油揚げ、焼いたメバルを3匹乗せて炊く。

煮付け 獲り立ての魚ははらわたを取らずに丸ごと煮る。
酒・醤油・砂糖・みりん。魚のうまみを消さないように、水は使わない
はらわたがおいしいと言う。
食べた後の骨や煮汁を茶碗に入れ、熱湯を注いで飲む。医者いらずと言われている。

糂汰(じんだ)味噌 郷土料理。
頭を取って小麦をつけて焼いて、背骨だけを取ってほぐし、麦みそを魚の半量混ぜて、
ミンチにして、火にかけて、酒と砂糖を入れて、焦がさないように混ぜる

一週間もつ。
ご飯に乗せてお茶をかけると糂汰汁。
ご飯に乗せて、ちしゃなどの葉野菜で巻くのもおいしい。

胡麻や山椒を入れたり、貝類を入れたり、卵を入れたり、各家庭で違う。
お父さんが味を決める家もある。
「隣の糂汰は酸いうまい」 もらった糂汰は酸っぱくてもおいしいと感じる。


日曜日のじゃこ天売り
メバルは高級魚だが、3割は鱗が取れたり傷がついていて朝市に出せない
ヒトデや他の魚が吸い付いた傷かもしれないが、新鮮なことは変わらない。
メバルや小魚を使って、20年前からじゃこ天作りを始めた。
魚のおいしさを生かすために、今もお客さんの反応を聞きながら改良を重ねている。
島の中で移動販売をする。
この日は10か所ほど回った。みんなが待っている。

冠婚葬祭などの仕出しには、メバルが欠かせない。お遍路さんも喜んでいた。

趣味で釣ったメバルを、ご近所におすそ分け。


おまけ
藻場 豊かな日本の海とその危機。

明日、「海の森の砂漠化」をあげます。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper