FC2ブログ
≪ 2012 12                                                2013 02 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -
 2013年01月の記事一覧 

 #2 ブッダ「真理の言葉」 

うらみから離れる
パンを奪われた時、自分のものだと思っていれば恨みを抱く。

真理の言葉5 「恨みは、恨みを捨てる事によって鎮まる」
1951年 サンフランシスコ講和会議

日本と世界の国々との平和条約を結ぶために行われた。
日本に領土や賠償などの厳しい要求を提示する国も少なくなかった中、
セイロン(現スリランカ)のジャヤワルダナ代表は、
戦時中の日本からの空襲などの被害を指摘した上で、
「我が国は、日本に対して賠償を求めようとは思いません。
 なぜなら、ブッダの言葉を信じているからです」
「憎しみは憎しみによっては止まず ただ愛によってのみ止む」
と述べた。

水に流すこととは違う。責任の所在や反省や謝罪の手続きをした上で許す。
自分の勝手な思いで相手を憎むのはやめる。

無明 「明」は知恵という意味で、「無明」は愚かさという意味になる。
無明とは、自分勝手に解釈して正しく見ることができないこと
汚れの極み。無明を捨て去って汚れのない者となれ。

愚かな者が自分を愚かであると自覚すれば、その者は賢者になれる
自分を賢いと考えるなら、その者こそが愚か者だと言われる。

苦しみの果てに安楽があると考え、前正覚山で煩悩を消す苦行をしていたが、
無理だと気付いた。
山を下り、スジャータから乳粥の供養を受け、健康を取り戻した。
その後、菩提樹の下で、苦行から瞑想の修行へと切り替えて、目覚めた。

体を痛めつけても煩悩は消えない。心を鍛錬することが必要であると気付いた。

ブッダの教えは「一歩一歩」。客観的に物事を見る訓練を続けることが大事。


おまけ 
ジャヤワルダナ元大統領
日本とスリランカの交流に尽力した人。
何度も来日し、広島平和記念資料館も見学して下さいました。
戦争で亡くなった日本のご先祖様の死も悼んでくださったと思います。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 1月4週目の拍手レス 

1月17木 赤毛のアン
R様へ、感想を頂いてうれしいです!
マリラとアンは、本当の親子同士より大切な会話をしていることも多い気がします。

マリラが一人暗がりで泣いている場面、私もじんわりきました。

マリラは何年間も生活するためのいろんなことを教えてきて、
手のかかる子供だと思っていたアンが、これからは自分の助けを必要とせず、
遠くに行ってしまうのだと思うと、寂しいでしょうね。

マシュウはアンに対してはしつけはしないで、褒めて自信を持たせる役目なので、
アンについてあまり心配しないで済んでいるのかなと思います。

そのすぐ後に、おしゃべりが減ったアンに、マリラがその理由を尋ねると、
「どうしてかしら、あまり話したいと思わなくなったの」
というようなことを言った時に、ちょっとどきっとしました。

現代の子供たちも、森・草原・池などで思い切り遊べたらいいと思います。
池は危ないとしても、共有林に近い公園などがあればいいかもしれません。
日中はいつでも地域の誰かがくつろいでいるような、
安全で居心地のいい場所があればいいなと思います。

拍手から感想を送る時に上手くいかなかったようで、すみません。
自分で拍手してみました(笑)。

教えて頂いてありがとうございました。またのご上陸をお待ちしております☆


1月19土 2355・0655 年越しをご一緒にSP
チームにょろにょろ♪ へび年もいいものだと思わせてくれる番組でした☆

またの拍手を、お待ちしております!


関連記事
web拍手 by FC2
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper