FC2ブログ
≪ 2012 07                                                2012 09 ≫
 - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -
 2012年08月の記事一覧 

 #後 知られざる大英博物館2 

なぜ歴史は歪められたのか
ヨハン・ヴィンケルマン
 美術史家。
ギリシャ彫刻がアフリカやアジアの影響を受けており、
決して白くなかったことを知っていた。
しかしそれを無視し、ギリシャ人だけで作った白く純粋で高度な文明だと考えた。


この考えは西洋が世界で優位に立つための歴史的な根拠として利用された
西洋の起源としてふさわしいと教育にも利用した。
実生活には全く使わない古代ギリシャ語を週5回4年間教え、
古代ギリシャへの関心を育てる。
西洋思想の基盤として理想化されるうちに古代ギリシャの本当の姿は忘れられていった。

19世紀 ヴィクトリア女王の白い婚礼衣装
白は純粋で穢れのない理想的な色
として西洋で大いにもてはやされた。
白いギリシャ彫刻はまさにその象徴として人々の人気を博した。

エルギン・マーブル洗浄事件 
大英博物館で、発掘されたギリシャ彫刻の色を落とす作業が行われていた。

アテネのパルテノン神殿の壁や梁に残されていた彫刻を、
ダイヤモンド並の硬い石で大理石の色を落としていた。
「白さが足りない、もっと白くしろ」←美術品収集家の指示。

白が良いという思い込みと、観衆の期待に対する迎合。
展示品をよく見ると、削られた傷などが確認できるものがある。

収集物は、芸術品であると同時に長い歴史を含んだ資料である。
収集物に手を加えることは、歴史が永遠に失われてしまうことである。

ヘルメス像の修復
 欠けた鼻はそのまま展示することにした。
歴史の痕跡に手を加えずありのままを展示する予定。

250年に及ぶ誤った認識から解き放たれた古代ギリシャ。
その真の姿を求める解明は、まだ始まったばかりだ。



感想
日本も奈良時代の初めの建物は色鮮やかだったみたいですね。日本の色
人間は色鮮やかなものに心を奪われる本質を持っているのかな。

わびさびの思想の影響で、現在の日本人は風化した建物に趣を感じる人も多い。
利休は今でも日本人に影響を与えているんだなと改めて思った。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper