FC2ブログ
≪ 2011 12                                                2012 02 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 2012年01月の記事一覧 

 #4 森林文化と農耕文化 

ヨーロッパ 1600年位前、ローマ帝国衰退後の5世紀
麦作がヨーロッパ内陸部に持ち込まれた
1、牧畜とのセットで持ち込まれた。
2、強烈な一神教を背負うキリスト教勢力によって持ち込まれた。
キリスト教では、
人間は神のもとで地上の全てを支配すべきものとして位置づけられている。

ヨーロッパの森林は急速に消滅して、農耕地と放牧地に変えられ、
長く共存してきた在来の森林文化を駆逐して、農耕文化が発展した。


10世紀頃  封建制度が発達。人口の増加と共に開拓の速度は早まる。
12世紀頃  「大開墾時代」
13世紀頃  ヨーロッパ西部の肥沃な地域では森林が一掃される
18世紀頃  ヨーロッパの95%を覆っていた森林は20%程度になった。
       特に英国は森林のほとんどが消滅してしまった。
18世紀後半 産業革命。工業生産活動が都市に集中し、近代都市の発展
       都市を拠点とする、かつてない大量生産と大量消費の仕組みの誕生
       経済が急激に発展し、西ヨーロッパを近代文明の拠点にした

しかし、ヨーロッパに興った近代文明の、その後の発展を資源の面で支えたのは、
ヨーロッパの資源ではなかった。


それは、海外貿易と植民地から得た海外資源だった。

15世紀      植民地政策が始まる。
16世紀~17世紀 スペイン・ポルトガルによるラテンアメリカの征服
          英国・フランスによる北米征服
18世紀      アジア諸国に、競って貿易と植民地づくりの手を伸ばした。

世界各地の資源を近代文明社会の傘の下に組み込み、塗り替えるものだった

20世紀以降、地球上の各地に残っていた自然との共存の文化は急速に駆逐され、
自然と人間の共存の拠点だった共生圏は消滅し続けている。


関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper