FC2ブログ
≪ 2011 10                                                2011 12 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -
 2011年11月の記事一覧 

 #6 高校講座日本史 

明治時代までだと1000年以上都が置かれていた所。
鎌倉時代まででも794~1192年 398年間。江戸より長い。
平安時代は3つに区分される。
1、中国の律令に基づく政治を立て直していこうとする時代唐風文化。
2、摂関政治。唐風文化を吸収した上で日本風の文化が生まれた時代。
3、院政。武士の活躍。この頃はもう古代ではなく中世だといわれる。
今回は上記の1つめの区分を、3つの要点に分けて説明。

平安京の時代
1、平安王朝の成立
奈良時代の天武系の孝徳天皇から、天智系の光仁天皇へ
その子である桓武天皇は父が天智系で母が渡来系
自分が新しい王朝に作ると言う強烈な意識があったらしい。

軍事 支配を広げるため、三度東北の蝦夷を攻める
789年胆沢 最初の戦い。アテルイに負ける。
801年 三度目の戦い。征夷大将軍坂上田村麻呂が制圧。
胆沢城、志波城を作る。

造作 新しい都の建設
784年 長岡京 
水利が良かったが、二度洪水があった。

794年 平安京 東西およそ4.5km、南北およそ5.2km
古代中国の都にならい、北よりの中央に政治をおこなう大内裏を置き、
そこから幅85mの朱雀大路。街路樹。
碁盤の目のように区分けされた町並み。
大内裏のいくつもの門をくぐると、天皇が儀式を行なう大極殿

805年 徳政相論 藤原緒嗣と菅野真道の二人に政治改革について論じさせた。
藤原諸嗣は軍事と造作の取り止めを主張し、桓武天皇は受け入れた。
天皇は当時70歳。自身の進めてきた二大事業に終止符を打ち、3か月後に崩御。

桓武天皇の子の平城天皇 経済を立て直そうとするが、病弱。
弟を嵯峨天皇にし、自分は上皇になるが、病が回復し政治に口出し。二所朝廷となる。

810年 薬子の変 嵯峨天皇が平城京に都を戻そうとした上皇を阻み、上皇は出家。 
ここから平安京は千年の都として確立。

2、律令制の変容
律令制が行き詰まり、修正。
班田収受がうまくいかず、12年毎にして、また6年毎に戻した。
全国一律のはずが、畿内だけ定めている。
偽籍 女だらけの戸籍。これはあからさまな。

令外官(りょうげのかん) 令の規定にない、新置の官職
勘解由使 かげゆし 国司などの交替の際に不正が行われないよう書類を確認する役所。
蔵人   くろうど 天皇の言葉を臣下に伝えたり、臣下の言葉を天皇に伝えたりする
検非違使 けびいし 京中の警察機能を担当する役職。
摂政   せっしょう天皇が幼少のときなどに、天皇の代理で政務を行う
関白   かんぱく 天皇から下されることについてまず相談を受け、天皇を補佐
など

律令制を円滑に進めるための規則作り
820年 弘仁格式 施行細則である式や律令を補訂する格(きゃく)の集大成。

遷都により、奈良時代の貴族や豪族の没落
新しい貴族

降下 天皇家の子孫が姓をもらって普通の貴族になる。
桓武天皇→ 桓武平氏 → 将門・清盛など
平城天皇→ 在原氏  → 業平など
嵯峨天皇→ 嵯峨源氏 → 信・融など
清和天皇→ 清和源氏 → 頼朝など
 
藤原北家
冬嗣 娘の順子を明天皇に嫁がせ、孫の文徳天皇の外戚となる。
866年 応天門の変 など、政変を利用して他の一族を追い落とす


▼続きを読む▼

関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper