FC2ブログ
≪ 2011 10                                                2011 12 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - -
 2011年11月の記事一覧 

 #4 歌川国芳展 

子供絵
天保の改革で「忠孝貞節」、「勧善懲悪」など、啓蒙教化が謳われた。
子供の遊びや学びを主題にした作品が増える。

国芳は同時代の浮世絵師より子供絵を多く描いている
お行儀のよい子供、わんぱくな子供、どれも愛らしく生き生きとしている。
「子供大名行列」など、子供を大人に見立てた絵もある

五節絵 
五節句とは
人日 1月7日
上巳 3月3日
端午 5月5日
七夕 7月7日
重陽 9月9日

「子供遊びのうち 角のり」
角乗とは木場の筏師が水辺に浮かべた材木を
鳶口一つで乗りこなして筏に組む仕事の余興として生まれ、芸能としても発達
鳶口(とびぐち)とは
丸太や原木など木材の移動・運搬・積み上げや
木造の建築物の解体や移動(曳き屋)に使用される道具。(bywiki)
子供たちが三方乗り、梯子乗り、日傘乗りをしている
子供の姿を借りて角乗の説明をしているみたいだ(笑)。

風景画 天保期は風景画の黄金期
同い年の広重、やや先輩の北斎とも違う。

遠近法を用いている絵が多い。
蘭書の銅板画の挿絵などから、西洋画法を取り入れ、斬新
光や影、雲や虹などの移ろいゆく自然現象を捉えつつ、江戸の人々の日々の営みを描く

相州大山道田村渡の景
東海道五拾三次人物志 川崎
東海道五拾三次人物志 平塚

など、びっくりするほど真面目で静かなものもありますが、

東都名所 両国の涼 1832年頃 楽しそう!!なものもある。
当時は当たり前だった生活ぶりを、絵にしてくれたから現在も知ることができる。
記録することの大切さを感じました。

本朝名橋之内 江都日本橋略図 1836年 天保7頃
橋が落ちちゃうよ~! 人とか荷車とか乗りすぎ!!
すっごい人混みだなあ。窒息しそう。橋の下も船が通りまくっている。

東都 三ツ股の図 1831 天保2頃
やったー!! スカイツリーかと言われている絵を見られました☆
誰かがスカイツリーをこっそり同じ場所に作るように提案したんだとしたら、
その人はおちゃめな人だな。皆が騒いでいるのを一人楽しんでいるのかな。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper