FC2ブログ
≪ 2011 09                                                2011 11 ≫
 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -
 2011年10月の記事一覧 

 #12 高校講座地理 

鉱・工業地帯を旅しよう
自動車 鉄、アルミ、ガラス、ゴム、ガソリン、プラスチック…日本ではみんな輸入。
海外からの原料供給なしに、日本の工業は成り立たない。

アメリカ デトロイト(五大湖のエリー湖の北西) 自動車製造のための立地が良い。
五大湖は、すべて水路が繋がっている。
材料を運んだり、自動車をエリー湖からハドソン川を通りニューヨークへ運べる。

豊富な地下資源
スペリオル湖  メザビ鉄山

アパラチア山脈 石炭  火力発電などにも使われる。
クリーブランド 重工業地帯 石炭と五大湖周辺の鉄鉱石を利用し、鉄鋼の中心地

トヨタ博物館 ←ミータスが一瞬デトロイトに行ったのかと思って焦った(笑)。
世界最初の車 1886年ドイツ 馬車みたいな三輪のガソリンエンジン自動車
1908年アメリカ T型フォード
人は動かず車体を動かし部品を取り付け、生産ラインの自動化による大量生産
車が2000ドル以上した当時、850ドルで販売(学校の先生の年収位)。
工夫を重ね、大量生産で価格を抑え、20年内に290ドルに値下げした

アメリカの自動車の生産量は世界一になった。
他の国のメーカーとの提携や買収を行って世界各地に進出し、国境を越えて活動。
1980年代には、低価格で燃費の良い日本車に生産台数を抜かれることもあったが、
設備投資や技術開発を積極的に行って勢いを盛り返している。


電気自動車 既存の自動車産業とは関係がないベンチャー企業が多い。
構造が単純で、電池、モーター、車輪で動く。
高熱を発するエンジンが無いため、金属からプラスチックの置き換えが進む

シリコンバレー(地名はサンタクララ) 太平洋側 
4万社以上ものIT関連企業が集まる。コンピューター製造、通信産業など。
IT・ロボット・ロケットのエンジニアなどが、半導体などのエレクトロニクス技術を応用。

今まで、自動車の発達と共に、多くの部品メーカーなどの世界中の工業も発達したのだが、
部品メーカーの数が減り、取引する業種も変わり、産業の形は大きく変わるかもしれない。

工業の国際化は、ますます進んでいく
工業製品の生産は1つの工場で完結しているのではない。
部品のやり取りなどで他の工場・企業と、時には国境を越えて結びついている。
一方で、よりよい条件を求めて、工場自体が国を越えて移転する場合も多い。



関連記事
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper