FC2ブログ
≪ 2019 11                                                2020 01 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -
 小説の記事一覧 

 「薔薇の名前」ウンベルト・エーコ 100de名著 一部分だけ 

#1 修道士は名探偵?
1980年に発表、世界で5500万部以上売れたが、読破できた人は少ない。
7日間の物語だが、一日目で挫折する人も居る。

著者は記号論の学者。
推理小説のような、学問のような、文学のようで文学を解体しているような

先端的な書物。

「人間にとって知とは・言語とは・政治とは?」
数多くの根源的な問いを投げかけた物語。


#2 知の迷宮への旅
中世の修道院の図書館 閉架式。禁書が世に出回らないように守る役目もあった。

好奇心を持った者から殺されていく 知の代償。

「知」は力を持った側によって選別することができる
権力側から異端の烙印を押されると、その「知」は排除されるべき対象となる。



#3 “異端”はつくられる

「一巻の書物を前にして、それが何を言っているのかと自分に問うてはならない。
 何が言いたいのかを問うべきなのだ」


個別の真実の中に事物を捉えなおす
本は信じるためのものではない。
例え事実を述べている本だとしても、どうしても著者の主観などが入ってしまうので、
丸ごと信じると偏った考え方になってしまう。

同じことについて書いた他の本とも照らし合わせて読んだ方が良い。

#4終 謎は解かれるのか
アリストテレスの「詩学」第二部
 
実在するかは謎。笑いについて述べているらしい。
「真理は絶対的なものではない、疑え」ということを説いたのではないか。

「詩学」という本は元は「ポイエーシス(創造)の技術」という文芸創作論。

喜劇とは
世俗で重要だと思われてる価値とか権威づけとかを全部ひっくり返していく

キリスト教世界にとっては大変なスキャンダルになるだろう

ホルヘは「笑いは秩序を吹き飛ばし、真理を暴く力を持っている」と恐れていた。


終幕
結局 「ヨハネの黙示録」は事件とは無関係だった

「私は記号の真実性を疑ったことはないよ、アドソ。
 人間がこの世界で自分の位置を定めるための手掛かりは、
 これしかないのだから。
 私に分からなかったのは記号と記号の関係性だった。…」


実は謎なんてありませんでした
エーコはこの後も何冊かミステリーを書くが、この終わり方が多い。

ミステリー自体が一種の決まり事でできている世界だから、
これをもひっくり返したかったのではないか。


ミステリーのパロディーと言う事もできる。
ただし完璧にミステリーを模倣しないとそのはしごは外せない。


伊集院さんの意見
「このオチに至るまでの力がよっぽど強くないと許されない終わり方ですよね。」

記号論の世界観
人間は記号によるしか世界を解釈する方法を持っていない。
記号から推理する喜び、その限界
も一冊の中で教えてくれる。


おまけ 名著80 ウンベルト・エーコ「薔薇の名前」 適当な纏めです。

「人間が言語や記号といったものを離れては生きられない」
という根源的な真実を描いている。

言語に支配し操られる人間の宿命、
逆に言語を武器として自由を求めようとする人間の可能性。


推理小説なのに完全に謎が解き明かされることはない。
主人公の知性は、事件解決のための鋭い切れ味を各所で示しながらも、
最後には事件の大半が偶然の産物であることがわかり、彼の推理は大きく裏切られる。
近代的理性の限界を暴く物語
でもある。


カーニバルと民衆世界 「笑い」を古来から支えてきた。
キリスト教世界がもっとも危機感を覚えたのが「民衆世界」。
民衆文化であるカーニバルは、世俗権力を全部ひっくり返したり、
男が女になったり女が男になったり、ありとあらゆる価値をひっくり返すもの。
そういう文化がイタリアには深く根付いている。
カーニバルや民衆世界というのは、ある意味罰当たりなものであり、
権威的な物言いや、「これこそが真理だ」といった態度を、
根本から笑いのめしてやろうという強力な力が働いているものだから、
体制側は必死でそこから教会を守ろうとしていた。

そうした構図が「薔薇の名前」では見事に描かれている。

カーニバル的な世界は、異端の世界にも通じている。
カタリ派などの異端は、民衆の中から湧き上がってくるような宗教改革運動。
その淵源は、厳格な一神教のキリスト教的な世界観ではなく、
笑いに満ち溢れた多神教的なギリシャ世界に発している。

「喜劇」の本質を追究したとされるアリストテレス「詩学」第二部は、
「笑い」を分析した書なのだから、この本を畏れたのではないかというわけです。


反知性主義に抗するために
1970年代 西欧の知的なテンションがピークに達している時代。
現代は、反知性的なものが蔓延していて、こういう著作が読まれなくなっている。
こういう流れは大体50年周期で循環しており、
2020年~30年に、再び知的テンションは上昇してくるのではないか。

本来ならば「知」と「笑い」は、
人間が自らを呪縛するものに立ち向かうための強力な武器
だったが、
現代は権力に奉仕し、支えるものとして使われてしまうことが多々あるようです。

私達は、「知」と「笑い」という人類に与えられた武器を鍛え直さなければならない。
文学を深く読むという体験は、そうした貴重なことを教えてくれる。



スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 #4終 オイディプス王 

第四回 滅びゆく時代を生き抜く

コロノスのオイディプス 二十数年後に書かれた続編。
オイディプスの最後の一日
を描いている。

物乞いをして放浪するオイディプスと、支える娘のアンティゴネ。

聖地コロノスに辿り着いた

信託を受け、ここが自分の最期の場所だと受け入れている。

運命との付き合い方を変える
運命を嘆かず、自分に起きたことを冷静に見つめるようになった。
運命とは神ではなく人間の所業ではないか。

「おれの所業は、おれがやったと言うよりは、おれの方が被害者なのだ。」
 おれは何も知らずに、おれが来たる所へ来たのだ。」

「反対に、おれの加害者たちは、~何もかも知っていて、おれを殺そうとしたのだ。」

利害関係がない状態 立場を捨てなければ真実は見えない。


オイディプスの怒り
イスメネ
(娘の一人) 兄弟が争い、父を引き込もうとしていると教える。
息子達は自分が国を出る時に何もせず、権力を争っている。
誘いに来た息子に呪いをかける。

どちらにも肩入れしない 
戦争をするのはどちらも愚か
であるという作者の思い。

オイディプスの最期
自分を保護してくれたアテナイ王 守り神となって加護を与えた。
二人の娘 「~お前たちはもう苦しむことはないだろう~。」



ギリシア世界が滅びゆく時代に書かれた物語
拡大し、民主主義が崩れ、
権力者が力を持つ帝国の政治理念に傾く
財政悪化・疫病・戦争による疲弊

アテナイの自国主義を批判している。

戦争を止めて恒久的な平和を目指すか、次こそ戦って勝つか(拡大主義)
アテネは後者を取り、亡びた。

コロノス アテネ郊外にある作者の故郷。
「イリアス」に、オイディプスは玉座に留まり、
テバイに埋葬されたという記述がある。
この部分は創作で、滅びゆく故郷の守りをオイディプスに託したのではないか。


国家を守るもの 人と人との信頼関係。

平和とは 長い歴史の中では、戦争と戦争の間
平和の中で、前の戦争の悲惨さを忘れてしまう。

「遅かれ早かれ、娯しみは苦しみに、そして再び愛に転ずる」


一人一人が信義に基づき、正しい選択を選び続ける責任がある。


感想
朗読も良かったです♪

面白いだけでなく、作者の主張が込められていることがすごいなあ!

最後の引用の言葉は簡潔で重いなあ(誰の言葉かを忘れました、すみません!)。
既に約2500年前に歴史を俯瞰しているような言葉があるのに、
その直後に戦争をしてアテネは滅び、その後も世界中で何度も戦争をしてきたのか。

でも、今まではその言葉を知らない人がいっぱいいたという理由もあったと思います。
今は古今東西の知恵を知ることができるようになってきたから、
この幸運を生かして、いろいろ知り続ける努力をして、
今度こそは平和の新記録を作り続けたいと思います。

でも、この物語で知ることの恐ろしさも教わったので、自分の器の範囲で(笑)。

拡大主義
この物語では戦争だけど、現代は経済拡大主義が問題だと思います。
考え方は利己主義・自国主義で、戦争と同じようなものではないかと思います。

地球の許容量は限られているので、
情報・交通などの発達により、
多くの人が地球という視点で捉えることができるようになったことを生かして、
次の世代に繋げられる生き方に切り替えていく必要があると思います。
人間だけではなく、他の動植物や自然に対しても。

荘子でも進化と心の幸せの調和を世界全体で考えることができたらいいと思ったけど、
この物語にも共通する部分があるなあ。
幸せと平和を保ちうるのは、自分の心。


おまけ
「アンティゴネ」という物語もあり、結末は幸せではないようです。
オイディプスが娘に言ったことは真実にはならなかったのかな、
息子は呪い通りになったのに。
短い物語なようなので、読んでみようと思います。



web拍手 by FC2

 #3 オイディプス王 

第三回 人間の本質をあぶり出す

人間は、言語能力など、自然界に無いものを作り出すことができるが、
動物なら考えないことも悩んでしまう。


Oedipus complex(エディプス・コンプレックス) フロイトが提唱。
母を独占したいが、強い父のためにあきらめ、独立する。

世の中は自分の思い通りにならないものであり、その最初の壁は父親。

「知らない」とは
 無意識の衝動の表れ。

オイディプスは、通常は叶わない、幼少期の欲望を実現したことになる。

悲劇の元凶 父親が子と戦わずに逃げたことではないか。←伊集院さんの意見。


捨て子という幻想 これも誰もが一度は思うことでないか。
親が自分を抑圧すると感じ、自分は実の子ではないのではないかと想像する。

みにくいアヒルの子 本当の自分はもっとすごいのではないか。

この物語の拠り所は、運命と人の意志の対立ではなく、~
それがわれわれ自身の運命であったかもしれないからである。
(フロイト「夢解釈」よりまとめ)



自分探しの危うさ 追及したことにより身を滅ぼしてしまった。
探した結果に幻滅する。

自分探しは失敗した方がいいという意見
例え傷ついても、真実を知ることで自分の認識の甘さを知り、再出発できる。


理想の自分を夢見ても、自分探しはほどほどにしたようがよい。
苦い自己認識と幻滅は避けられない。
しかし、それを覚悟して自己批評を止めないものは、真実を知ることができる。
人間が抱え込んでしまった、謎めいた人間の本性を悟ることができる。



感想 
この結末では真実を追及するのは怖いと思ってしまうなあ。
でも、真実を追及しないと国の災いは治まらなかったし、
そうするしかなかった。

妻も使者も、王を安心させるために言ったことなのになあ。

Oedipus complexは、
父親を古い価値観などに置き換えて考えるなら、理解できるかなと思いました。



web拍手 by FC2

 #2 オイディプス王 

第二回 起承転結のルーツ

ギリシャの合理精神
論理的思考で荒唐無稽な神話を「構造」に落とし込み、
人間の本質を描き出す芸術形式
に高める。

「知」によって世界を体系化する、欧州の思考の原点ともいえる。


起 謎を提示 先王殺害の犯人を捜せと信託が下る。
数学の証明問題と似ている。古代民主主義の議論。

承 移り変わる容疑者
予言者は始めは真実を告げることを拒むが、王に疑われ真実を話す。
しかし王はそれを信じず、予言者と妃の弟を疑う。

転 犯人捜しから自分探しへ
妻が昔の信託の話をし、王を安心させようとするが、
王は犯人が自分ではないかと気付き始める。

コリントス王の死により、自分が実の子ではないと知る。

結 恐ろしい真実を知る

認知と逆転 共に人の心を最も掴む要素
この物語では、認知と逆転が同時に生じた

「~連れ出してくれ、国の外へ、いますぐに~」




「ああ! 知っているということは、なんという恐ろしいことであろうか」
予言者テイレシアスの台詞


都市国家アテナイ
富や知が集積し、科学や哲学も大いに興隆
していた。
自然哲学者やソクラテス、プラトンといった大哲学者も活躍。
「知」は人間に大きな力をもたらすものと誰もが考えていた時代に、
「知は恐ろしい」と言い切り、反省を促した
のではないか。


感想 
知性を活用して物語を書きながら、内容は知性の恐ろしさを描いているのだね。



web拍手 by FC2

 #1 オイディプス王 

100分de名著 作家 島田雅彦さん
第一回 運命とどう向き合うか?

オイディプス王
紀元前430年頃、アテナイの祝祭で上演された戯曲。

アリストテレスも絶賛した、古代ギリシャ悲劇の傑作

100頁の短い物語には、文学の全ての要素が入っている。
↑読んだ方が早そうだね(笑)。

作者 ソポクレス 三大悲劇詩人 演劇大会で24回優勝。


「イリアス」・「オデュッセイア」 ホメロス著(紀元前8世紀)
欧州最古の英雄叙事詩。

ギリシャ神話のオイディプス王の話を基にして作った。

ギリシア世界の自然哲学
物語だけではなく、自然現象も自然科学も神話由来。
混沌とした自然を合理的に説明しようとしていた。


物語は口承で伝えられ、語り部が一人で語るものだったが、
大勢で語る演劇ができていった。
演者は神様などの高貴な行動の振りをし、観客は登場人物と喜怒哀楽を共有する。

オイディプス王は都を襲う災いの謎を解くと宣言するが、
犯人は自分だと知らずに、犯人を追いつめていく。

観客は知っている
 知らないのはオイディプスのみ。

信託を信じて人々は努力するが、すべて裏目に出る。


運命との向き合い方
テイレシアス
(予言者) 
「わしはけっして、この不幸な秘密を明かしはしない。
 わしは自分をもあなたをも、苦しめたくない。」

イオカステ(妻)
「忘れておしまいになって下さいませ。何もならぬことでこざいます。」

オイディプス 
「どうあってもこの事は、最後まではっきりと、つきとめなければならぬ。」


感想 
sphinxの問題も、この物語だったんだなあ。
信託は絶対正しいという設定なのだなあ。



web拍手 by FC2

 #4終 フランケンシュタイン 

第4回 “怪物”とは何か

「覚えておけよ。おまえの婚礼の夜に、会いに行くからな。」

ヴィクターはエリザベスと結婚。二人は旅行に行く。
怪物を見回っている間に妻が殺される。

ヴィクター自身は殺さず大切な人々を奪う 孤独を味わわせたい。
親であるヴィクターに自分の気持ちを分かってほしい。

「あわれなやつ!おまえが生きることに決めたのなら、おれは満足だ。」


ヴィクターの最期 ウォルトンに見守られ、平穏に生きよと言いながら。

怪物はヴィクターの死を嘆く
「いまは死ぬことだけが、おれの慰めなのだ。」

↑怪物が『若きウェルテルの悩み』を読んだことが伏線になっている。


怪物とは何か
ヴィクターの影
(無意識の暗い部分)
ヴィクターを抑圧する清らかなものたちを消していく。

時代の不安 
フランス革命・ナポレオン失脚・産業革命・失業・労働者階級の急増など。

女性 女性は怪物の立場と似ている。

この作品 当時、女性が名前を出すことに偏見があった。


創造主と被造物
追いかけあう宿命を背負った関係。制御できない。
物語はヴィクターと怪物の追いかけ合い。

怪物が最も欲しかったのは親の愛情

ヴィクターは、怪物に醜いことを上回る魅力や能力を見い出すこともなく
怪物の視点には最後まで立たず、怪物側からの一方的な理解で物語は終わる

伊集院さん「ヴィクターはもっと自分の力を信じるべきだった」




web拍手 by FC2

 #3 フランケンシュタイン 

第3回 科学者の“罪”と“罰”
弟を殺されたフランケンシュタインは心を慰めるためにアルプスへ行くが、
そこに怪物が現れる。

怪物は、これまでの不遇と恨みを語り、伴侶を作ってほしいと言う。
願いを叶えてくれたら伴侶と未開の地へ去ると誓う。


「もし誰か、おれに好意をもってくれる者がいたとすれば、
 おれは百倍、二百倍にもして返すだろう。」


「~たったひとつでも恩恵を受けたと、感謝させてくれ!」



フランケンシュタインの良心
保身のためにあの悪魔に伴侶を与えて後世に悪影響を与えるわけにはいかない

衝動的に完成間近だった女の人造人間を破壊。


怪物はフランケンシュタインに復讐を誓う

「おれがもっていた愛情の心は、毛嫌いされ蔑まれただけだった。」


「復讐こそ、これからは光よりも食糧よりも大切だ。」




性格が運命を決める要因 作者は、各登場人物の性格を丁寧に描写している。

ヴィクター・フランケンシュタイン 子供時代は幸せだったと語る。

「言語の構造や国家の奉天、諸国の政治といったものには、関心がなかった。


「私が学びたかったのは、天地の秘密についてだった。~
 形而上学、あるいは高度な意味における世界の自然科学的な秘密へと向かったのだ」


人との交流に興味がない。
英雄的な生き方にのぼせやすい。業績を上げたいために近視眼的。

ヴィクターは自分の内面的原因のために破滅した。



ヴィクターとウォルトン 
ウォルトンは北極に行く野心を燃やし、そのための犠牲は仕方がないと考えていた。
ヴィクターは彼に若い頃の自分を重ね、教訓になればと思って自分の話をした
(現実では1909年にロバート達が北極点到達)。


副題 あるいは現代のプロメテウス
プロメテウス
天上の火を盗んで人類に与えた英雄であると同時に、
ゼウスに背いた罪により罰を受けた反逆者。

火は文明や生命の象徴で、光や雷にも関連し、物質に化学変化をもたらす。
科学者を暗示。


当時、処刑された犯罪者に電流を与えて死体を動かすという公開実験が行われていた。

「創造主であるおまえが、被造物のおれを嫌って踏みつけにするのか?~ 
 おれを殺そうというのだな。
 どうしてそんなに命をもてあそぶことができるのだ?
 おれに対する義務を果たすがよい。(第10章)。」




感想 朗読が良かった。なんか話があちこちに飛ぶなあ。



web拍手 by FC2

 #2 フランケンシュタイン 

第二回 疎外が“邪悪”を生み出す
怪物の一人称 怪物の内面を描く。
怪物は森をさまよい、粗末な小屋で暮らすことになる。

怪物は学ぶ まるで記憶がはっきりしている赤ん坊のようだ。
その様子を、異化という手法を使って描写している。
異化 見慣れたものを初めて見たもののように新鮮に物事を捉える

隣に住む家族 盲目の老人と息子と娘と後にその夫。
怪物は、貧しいが助け合って生きている姿に憧れ、人間に近づきたいと思った

怪物は学び続ける 言葉を覚え、拾った本を読む。

怪物の純真さ
人間社会の悪を知るとそれを嫌悪
する。
本の主人公に心を寄せ、涙を流す。


出生の秘密を知る
研究室を出るときに、怪物はフランケンシュタインの服を羽織った。
そこに研究日記が入っていて、字を読めるようになった怪物は、
自分の生まれ方は『失楽園』とはずいぶん違うと分かった。


怪物が人間の共感に出会える最初で最後の場面
かつて村人と遭遇した時、醜いと受け入れられなかったことがあったので、
盲目の老人が一人の時に会いに行き、友達を失いたくないと言う悩みを相談。
「私は目が見えず、あなたの顔はわからないが、
 あなたの言葉には、何か誠実だと思わせるものがある。」


しかし「あなたは誰なのですか」という問いに答える前に、他の家族が帰ってきた。


醜さによる人間の偏見
怪物が見られる存在である限り、人間の共感を得られることは不可能。


創造主への怒り 怪物は人間として苦しみぬいた。

無数の人間が存在するのに、おれを哀れみ、支えてくれる者は、
そのなかにひとりもいない。
それなのに、敵に対して優しい気持ちを持てというのか?



怪物は溺れかかった少女を助けたが、誤解され父親に銃で撃たれる。

偶然フランケンシュタインの幼い弟に出会う
友達になろうとしたが、醜いと罵られる。

怪物は思わず少年を殺してしまった。



web拍手 by FC2

 #1 フランケンシュタイン 

100de名著 
第一回 “怪物”の誕生

廣野由美子教授 
専門は19世紀を中心にしたイギリス小説。小説の技術や読み方を解説した著書。
これらは一つの解釈であり、自分の読み方を大切に、
現代においてどのように読み直すことができるか探っていくことも大切だと言う。

19世紀初頭 メアリ・シェリー(イギリス)作 19歳で書いた。

最初の本格的なSF小説 科学者が新しい生命を創造するという点。
SFの常道 科学が予期せぬ結果を招くという筋書き。

ゴシック小説 18世紀後半~19世紀初頭に流行した超自然的内容の恐怖小説


誤解が多い小説 小説よりも、舞台や映画が有名だから。
本当は美しい文学  アルプスなどの自然描写も多く、詩情豊かな作品。

フランケンシュタインとは怪物の創造主 怪物には名前が無い。

怪物は読書家で雄弁 ミルトンやゲーテなどの古典的名著に感動している。


作品の特徴
美と醜の対比

美しさへの憧れ、命の大切さ、輝かしい世界を描く一方で、暗く陰惨な場面もある。

3重の入れ子構造 臨場感を追及したため。
ウォルトンという人物が姉への手紙の中にフランケンシュタインの話を書く。
その中に怪物の話も入っている。


科学者の傲慢
ヴィクター・フランケンシュタインは死体から人造人間を作りだしたが、
あまりにも醜いので逃げ出す。

創造主としての責任を放棄
業績の達成のみを目指して、その結果について考えなかった。



web拍手 by FC2

 #4終 おくのほそ道 

第四回 別れを越えて 

第四部 市振~大垣 人間界の旅 様々な別れ、芭蕉の人生観が書かれている。

1、遊女との別れ(市振) この部分は架空。
宇宙を旅していた心が浮世に戻ってきたことを表している。

2、一笑との別れ(金沢)
俳句が好きな一笑に会いに来たが、彼は亡くなっていた。悲しみの句を残している。

3、曾良との別れ(山中)
芭蕉の館に芭蕉直筆の2つの句がある。 
温泉がよほど気に入ったらしく、8~9泊した。
しかし曾良が病気になり、伊勢の親戚の元へ行った。寂しくて句を詠み合う二人。
実は金沢から北枝という俳人も随行していたが、ここでは書かれていない。

4、北枝との別れ(天龍寺) あまり説明が無かった(笑)。

5、大垣での別れ(大垣)
集まって労ってくれた弟子たちと別れ、伊勢に向かう俳句で終わる


芭蕉はこの世の中を、別れであると感じていたのではないか。
そして不易流行を別れに満ちた人間界にも当てはめて考えた

多くの別れも、そんなに悲しむことではない
おそらく一笑の死が大きなきっかけになったのではないか。


かるみ
苦しみや悲しみを持たない人のかるみは軽薄なだけ。

様々な苦労を経験してきた人こそがかるみを理解できる。
おもみを分かった人が、かるく生きていくことができる。


最初の句と最後の句
行春や 鳥啼魚の目は泪
蛤のふたみにわかれ行秋ぞ


最初の句は漢字が多く、おおげさな別れの句。
最後の句はゆったりして柔らかい。二見ヶ浦とかけている。

貝合わせ 一つの貝は離れてもぴったりと合う。


感想 最後の句は、自分と相手を一つの貝に例える所がすごいなあ。



web拍手 by FC2
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper