FC2ブログ
≪ 2019 09                                                2019 11 ≫
 - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -

 #12終 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

右脳を使う

舌端現象 無意識状態で知っているけれど言語化できない状態。
これを引き出すには、思い出すための余裕を与える
「もうすぐ思い出せる」と、一旦それについて手放すと、浮かんでくる

自分の脳を最も信頼する姿勢
何かをしたいと強く思い、きっとできると思い、一旦それを手放すと願いはかなう。



夢を活用
無意識に取り込んだ情報の処理
夢を思い出す
 意識と無意識の架け橋、細かく思い出す練習。
寝る前に夢を覚えていたいと念じる
枕元に筆記具を置き、目覚めたら、今どんな夢を見ていたか問いかける。



ダイレクト・ラーニング 知識ではなく行動で活性化を引き起こす
明示学習 自覚を持って学習し、記憶して思い出す。
暗示学習 自覚なく学習し、いつのまにかできている。


1、身につけたい行動を思い描く 自分の欲しいもの・目標を明確に。
2、信頼できる関連本を数冊用意 ハウツー本など。
3、それぞれ目的を明言してからフォトリーディングとアファメーション
  1冊ごとに軽くストレッチなど休憩
する。
4、脳にその方法による行動を命令 「できたつもり」になる。
『「潜在能力」であらゆる問題が解決できる』フォレスト出版 ポール・R・シーリィ


ナチュラル・ブリリアンス・モデル(天賦の才能を発揮する方法)
1、解放
 身体ストレスを開放 姿勢を変える・目を休める。
2、感知 選択肢を増やし、反応するため。
3、反応 打破する行動。
4、確認 行動と結果を結び付ける。


直観 無意識が知覚した情報を意識的に伝達。
フォトリーディングと活性化で、無意識と意識が近くなる。
自分の中の感覚的なもの
(心に浮かぶ映像・会話・感情など)に注意を向ける。
一つだけに集中するのではなく、感覚を全方位的に開放して情報を取り込む。
運動感覚 姿勢の感覚・気持ちの状態・首の後ろの温度を感じる。

直感で遊ぶ どのエレベーターが先に来るか予想。



スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 #11 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

仲間を増やす
本の「25分でこの本を読んでみよう」に従い、
レベル2まで行うと1時間位でできるので、仲間にも勧めてみる

できる人の作業を見て、自分の作業を見てもらって助言をもらうことができる。


グループ活性化 文書処理を楽しく有意義に
数人がそれぞれ前日(就寝前の数分)に、
会議の目的を書いた紙と内容の文書をフォトリーディング
復習→質問を2つ位→10分でスーパーリーディング・ディッピングで答えを探す→
会議の成功を想像→就寝。


会議 目的を明言。
情報の共有
 まずそれぞれわかったことを発表。

活性化を分担 それぞれ興味がある課題を持つ。
例:人事 新たに採用や研修が必要か
例:システム課 既存の仕組みとの整合性
例:著者の提起する問題を分析

10分でスーパーリーディングとディッピング 答えを見つける。

各5分で得た情報を発表 1人が書記として大きなマインドマップを書いていく。


纏め方
A、内容と構成についての分析を重視する場合

トリガーワードを並べ、意味とそれが変化することがあるか確認。
著者の主張・結論と論拠・問題提起と結論の吟味・優れた点と欠点・賛成か反対か。


B、新しい発想の手掛かりを探す場合
感覚的な反応を表現。
事実と情報・目的への影響・何をするべきか。


各専門家が得意分野で最善を尽くすことに集中し、お互いの知識を共有できる。
互いに学び合い、生産的な意思決定ができる集団になる。



読書会 目的を定めて定例会。




web拍手 by FC2

 #10 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

レポートを書く 

シントピック・リーディング 
関連本を纏めて読み、様々な側面を理解・統合・選択・自説を構築
著者何百人もの威力がある。

1、目的設定 自分にとって価値がある明確な目的。
例:資産運用→自立のための節約と賢い投資法

2、文書目録
予習→目的に合っているか判断→
目的について違う意見を述べている本を10冊以上
用意。

3、纏める前日にフォトリーディング(予習)
復習を1冊10分、45分の活性化を2回。

4、シントピック・マップ作成
大きな紙と多色のペン
を用意。
真ん中に目標、周りに目的に関する文章を書く。
単に本の要約にせず、自分に必要な情報を選ぶ

5、関連個所を見つける
自分が記者になって質問の答えを見つけるつもりで、
大まかにスーパーリーディングとディッピングをする。

6、自分の言葉で纏める
マップは選んだ重要な概念で埋まっているので、自分の意見を纏める。

各著者の意見の共通点や違いが明確になり、自分の意見が分かってくる。

7、中心的な課題を見つける 多くの著者が共通する見解を述べている所。

8、論点を纏める
著者によって見解が違う所
が問題の論点。
スーパーリーディングで各著者に取材。

9、中立の立場でそれぞれの説を理解し、自分の立場を決める。

10、自説を確立し、まとめる
本の情報に基づき、自説を裏付ける。
反対説への配慮
 理解を示した上で、反対する論拠を明確に。

論理構成
各論定を効果的に配置
し、肯定意見や反対意見に触れながら自説に説得性を持たせる。

他説の引用は正確に 書名・著者・ページ数など。

マインドマップで下書き 論旨が明快になり、早くできる。

もっと詳しく知りたいと思った本は高速リーディング。

総合的な知識と経験を反映させた自分の論理は、自分の真実になる。



web拍手 by FC2

 #9 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

学生のためのフォトリーディング
学校の授業
 学期の始まる前に勉強する目的を明確にする

学期に読む全ての本を初日に予習(フォトリーディング)
内容が難しい時は何度か繰り返す。
毎回具体的な目標を持つ
「今日は全体像を理解する」・「この分野の馴染みを深める」など。

予習すると授業で自発的な活性化が起こる。

ノートは全てマインドマップで取る。

課題の章が提示された場合はその前後もフォトリーディング 全体を掴む。

復習 範囲のマインドマップを一つに纏める。←自分が理解すればいいんだもんね。

テスト勉強 
マインドマップを見返し、
試験範囲を加速学習モードでフォトリーディング→高速リーディング。



全脳を使って試験を受ける
集中
問題をフォトリーディング
簡単な所から
時々深呼吸
・手を止めて緊張を解く。


読書をしろという課題
課題の他に自分に必要な情報があるか判断。
←自発的に読むためだね。
有る時 スーパーリーディングとディッピングで見つける。
無い時 スキタリングか高速リーディングで全体を読み、気になる所を見つける。

暗記をしたい所 マインドマップに纏める。



30分単位で勉強 集中力・記憶力が増す。心地よい音楽をかける。
1、使う本を全て目の前に並べる。
2、3分で目的を明確にし、集中。

  「今から30分完全に集中して勉強します」
  「脳の中に自由に情報が流れ、必要な時に取り出せるようになります」
3、予習→フォトリーディング・活性化・高速リーディング。
4、5分休憩
 「30分勉強する」という自分との約束を守る。

続ける時は15分休憩してから。



web拍手 by FC2

 #8 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

時間を作る
1、予習して優先順位を付ける
 至急・必要・不要。
2、1の判断は一度だけ 決定したら記録しておく。
3、常に読む物を持ち歩き、隙間時間に読む。
4、重要な文書は全て30秒で予習

読みたい所から読み、読まない勇気も必要。

5、なんでもフォトリーディング 活性化しなくても将来役に立つ時が来る。
新聞 数分で見出しと最初の一段落。
   立って机に広げ、中央に視点を置き、
   全体を見て役立ちそうな記事を3つ程選び、30秒で予習

雑誌 読みたい所から。フォトリーディング→3分で復習。読まない勇気も必要。

専門誌 目次→全体をフォトリーディング→3分で復習。
    読む記事を選び、優先順位、活性化。

小説 集中→人物・時代背景などを簡単に予習→
   フォトリーディング→高速リーディング。

教科書類 予習→フォトリーディング→活性化したい重要な所を決める。

     章の終わりに設問があれば利用して質問を作る。
     

スキルの向上
習慣にする
 違和感が無くなるように。
時間を測る 出来る範囲で水準を上げていく。
進歩を実感 小さくても良い。

日々の日課も明確に 自分の役に立つように、探究心を持つこと。

結果が出ない時も自分を責めない
道は一つではない
 違うやり方を試し、自分の可能性を信じる。


自発的な活性化
フォトリーディングで読む手を休まず1日3~5冊、
できれば5~10冊を3か月
続ける。
週に1~2冊は活性化を行うと自分の一部になる。



web拍手 by FC2

 #7 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

5日間テスト
1日目 準備・フォトリーディング

2日目 準備・予習を1分以内・フォトリーディング・
    復習
(トリガーワード探しと質問作りを10分で)

3日目 準備・フォトリーディング・
    30分以内でスーパーリーディングとディッピング
(理解度は気にしない)
    トリガーワードを見て理解度を確認。

4日目 準備・フォトリーディング・
    30分以内で
スーパーリーディングとディッピングかスキタリングで全体を。
    トリガーワードを見て追加の質問を作る
     
5日目 準備・フォトリーディング・
    目次をみてもっと読みたい所を読む。

    スーパーリーディングとディッピングかスキタリングで、
    具体的な質問の答えを見つける
    漠然ともっと知りたい時は高速リーディング。
    10分で簡単なマインドマップ作り

   (本を纏めるというより、目的のために必要なことだけ)

さらに4日目のことを2回繰り返してもいいが、あまり意味はない。




web拍手 by FC2

 #6 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

手順

1、準備 目的を決める
アファメーション 前向きな考えを宣言する。
どうなりたいか・どんな価値があるか・どの位理解したいか・かける時間を宣言。
例:要点を掴む・問題解決のため・仕事の材料を探す。


2、予習
1分で概要を掴み、目的を再確認し、読む価値があるか決める
本は目次・新聞は見出しと最初と最後の段落を見渡す。 
構成を読み取り、文章は読まない。

3、フォトリーディング 1秒に1ページ。
意識を通さず、前意識の情報処理に視覚刺激を送り込む。
深く寛ぎ、集中して、加速学習。

一定の速度を保ち、呼吸を深く、数を口ずさんでも良い。


4、復習
 読んだらすぐに12分位で仕上げる。まだ文章に深入りしない。
①3分で文書調査 
表裏の表紙・出版日・紹介記事。
目次・最初と最後の段落。見出し・図・太字に注目。
全体の構成・著者の持論の展開を把握。
分類・要点・型式を認識。

②トリガーワードを見つける 2分以内。
本の4~11%。一冊20個、20ページに1つ位。

③質問を作る
 10分以内。②を使って、疑問・知りたいことを書き出す

生産的休息  20分~1日その本から離れる


5、活性化 設定した目標に必要な情報を認識
フォトリーディングで得た情報を取り出して理解
フォトリーデングで線路を引き、復習で活性化。

意図的な活性化
 脳が一度作った道筋を再現するのを助ける。
「自発的な活性化」と「意図的な活性化」の後者になる。

目的を明確にし、強く問いかけること。
筆者の論理展開
が分かると、
スーパーリーディングとディッピングをすべき箇所を見つけやすい。


質問を見直す
内容・筆者の主張・自分への影響・テストの高得点・レポート完成・興味の材料。

見つけたトリガーワードを見て気になる所を調査
A~Cのどれかの方法で30分。A・Bは作者の論理展開を掴むのに良い。

A、スーパーリーディング 
固まりごとにざっと見て答えを探す。いきなり途中からでもいい。
本の中央に視点を定め、意味のある言葉を探しながら
最初の行から最後の行まで素早く視線を動かす。

B、ディッピング(飛び込み) 気になった所の周辺を掴み取る

C、スキタリング 分析が得意な人・教科書など情報中心の本に適する。
最初の文をさっと読み、視線を泳がせ、大事なものを探し、最後の文を読む。


マインドマップを作る 
A4を横書き。視覚による記憶と空間認識力。記号・絵・多色を使う。

中央に核となる概念、そこから放射状に派生する概念を書く。

キーワードのみ トリガーワードが使える。それぞれの概念を3語以内で表現

関連を結ぶ

完成したら本に挟んでおくと読み返す時にも便利。
記憶に働きかけるごとに再生される。


6、高速リーディング 全体的に読む。 ←やっと読める(笑)。
似た所はすばやく、
目的に合わない・重要でない所は、トリガーワード以外はぱらぱらと
難しい・重要な所はゆっくり。
止まらず読み切る。←一番重要。


パソコンで読む時は、ページダウン機能を使う。



web拍手 by FC2

 #5 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

視覚と脳の接続を強化 文字を固まりとして捉え、音声に置き換えない。

視線をフォトフォーカス(全体を一度に見る)
目を楽にしてぼんやり見る 視野を広げて四隅を見ると文字が浮かび上がる。

本の中心に沿って上から下へ視線を移動。
目は壁の一点に焦点。文はぼやけてもよい。

うまくいかない時は時間を置いて、遊び感覚で挑戦。


ソーセージ効果 フォトフォーカスに入る準備
少し離れた壁の一か所を見つめながら、
目から40cm位の所に両人差し指をくっつける。

すると、指の間にソーセージが見える。
視線を分散させると起こる。視界を柔軟に。見ずに観る。

ものを見る方法は「見」と「観」がある。 宮本武蔵「五輪書」より



気楽に挑戦 目を閉じて休みながら。
本越しに壁の一点を気楽に見て、綴じ目がぼやける状態にする。

開いた本の綴じ目を見つめながら、本の四隅の余白を意識しながら壁を見る
文字に焦点を合わせず視界を緩める。

行間の余白に注意するようにしながら、四隅を結ぶ×の字を思い浮かべると、
四隅が同時に見えている。


本の中心に沿って、上から下へ視線を移動。目は壁の一点に焦点を合わせたまま。

うまくいかない時は時間をおいて、遊び感覚で挑戦。


視覚トレーニング
焦点の集中・分散
 遠くから近くへ焦点を移す。
動いている物を目で滑らかに追う。
視覚情報の、短期記憶の容量を大きくする。

同縁視野を広げる
瞳孔を開く
 照明を柔らかい光にし、フォトフォーカス(視点を広げて分散)。

本の余白や行間に注意する。
話をする時に相手の顔だけ見つめながら服を確認。
食堂で隣の話・厨房の音などを同時に聞く。

運転で前を見ながら道路脇やサイドミラーに映るものを見る。

フォトフォーカスで歩く
 地平線上の一点を見つめ、周囲の風景をパノラマに捉える。

ゆるやかな型を使う 太極拳や合気道など。

禅や瞑想法の本をフォトリーディングして数日放置 活性化しなくても良い。
→ダイレクト・ラーニング



web拍手 by FC2

 #4 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

集中する 現在の時間に没入。

無我の境地 瞑想・祈りに似ている。


集中の儀式 30秒。
本を置き、目を閉じて寛ぎ、頭の頂から足のつま先まで意識を行き渡らせる。
背筋を伸ばしてゆっくり呼吸。
心の中でこの文書を読む時間と目的を宣言。
(私は今から10分間、○○の考えを得るためにこの本を読む。
 この本の方法を理解し、使えるようになる)など。

みかん集中法 注意を一点に定める。
掌にみかんを乗せていると想像。重み・手触りなども再現。
軽く投げて反対の手で受け、想像で何度かお手玉
後頭部の上20cm位の所にみかんを置いてくる。
みかんが落ちないようにバランスを取り、目を閉じ、視界が広がるのを想像。

心身を寛がせ・目元・口元に笑み、穏やかな表情。
精神を研ぎ澄まし、目と心をつなげる。
目を開けて読む。


くつろいだ集中 意識を手放し、内面の直観的な理解に切り替える。
脳波 電気信号を作っている。長さにより機能や能力が違う。
通常1~30cps。←低い状態が良い。

4つのチャンネル 
1、16~30cps 活動チャンネル

外部に向かった行動・批判・分析的思考。ストレス状態。

2、12~15cps リラックスチャンネル
心身ともに覚醒した状態に向かう入口。

3、8~12cps 学習チャンネル
落ち着いて寛ぎ、集中力がある。

4、4~7cds 創造チャンネル
空想力・直観力・創造力・独創性・天才性のような、能力が発揮される最も高い資質。


集中し学習する
 思考や感情の枠組みを変える。
バランスの良い食事・適度な運動・脂肪と糖分。

時々深呼吸。

自律訓練法・瞑想(気候・ヨガ・禅など)。



web拍手 by FC2

 #3 あなたもいままでの10倍速く本が読める 

[新版]あなたもいままでの10倍速く本が読める ポールR.シーリィ

フォトリーディング 文章を脳に写し取る、見方の転換。

目的 より多くの選択肢を得るため。様々な見方を駆使する。

効能 読書・レポート・試験・学位取得・会議・昇進などが早く的確にできる。
   生活自体が目的意識を持って積極的に活動できるようになる。

必要なもの 
新しい発見を試す意欲・寛いで楽しむ心・好奇心・純真さ。

「自分にとってこれが必要だ」という認識
 なぜ重要か・どんな利点があるか

積極的に読む 自分が「これを読む」と決めた行動だと認識する。
目的意識を持って、常に著者に問いかけ、目的を達成することに集中する。
↑受け身でなく、吸収してやろうという姿勢。


世界平和のために 
戦争は無知、理解能力の欠如により引き起こされる。 

争いは、相手の立場や置かれた状況への無理解、
差異に対する理由のない嫌悪感から起こる。



知識創造時代 情報の付加価値
情報収集・整理→実体験(知識を基に編集を繰り返す)→
新しい知識を創造し、実践して検証→結果を出す。


0から1を生み出す

フォトリーディングで一つのことについて短時間で様々な考えを知り、
自分と異なる見方に共感し、独自の考えを見つけ、行動し、結果を出す。


自分も社会に繋がっていることを知り、社会の可能性を信じられるようになる。



web拍手 by FC2
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper