FC2ブログ
≪ 2019 06                                                2019 08 ≫
 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -

 “廃棄”食品を生かせ! 新たな取り組み続々 

深層NEWS 2018年10月17水より

日本の年間食品ロス推計量 646万トン
国民全員が一日に茶碗一杯分捨てている量。

世界の年間食料援助量 380万トン
3分の1ルール
どう減らす?膨大な食品廃棄
これからの地球の暮らし
#1 世界の食糧問題

食品のリサイクル
食品関連会社→食品廃棄物→リサイクル会社→飼料や堆肥→生産者→肉や野菜→

輸入飼料を減らし、コストを下げるのが理想。

乳酸発酵 豚にとってもおいしいらしい。
ゴミを食べさせるのではなく、人間の食べ物をおいしく加工し、
肉や野菜の品質を上げる
ことが理想。


TABETE アプリ。現在245店舗が参加。
例えばランチ用の食材が余った時、安く出品することによって売り切り、
食材ロスを減らす


出品理由
今日に限ってお客様が選んでくれませんでした、などと書かれている。

受け取り可能時間

レスキュー価格
お店が選んでほしいものを選ぶことでお得に食べられ、食材ロスも減らせる。


単なる安売りだと、正規の価格で売れなくなるなどの問題が有り得る。
無駄になるはずだった利益で店全体の質を上げるなどの努力が必要。

店が続くためには店と客の心のやり取りが大切。



Reduce Go
月額1980円で一日2回食品が受け取れる。



KURADASHI.JP
食品メーカーの賞味期限が短くなった商品を格安で購入できるサイト。



感想
食べ物を大切にしようと育てられてきても、
仕事だと割り切って捨てなければならない状況があるなあ。

日本で持ち帰りを断る店が多いのは湿度が高いから腐りやすいのもあるだろうな。
持ち帰りは、容器のごみ問題が出るかもしれない。

人間の食べ物を動物に与えるのはもっと慎重になる必要があると思います。
なるべく人間が食べきる仕組みになるように改善する方が大事だろうな。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

 ガンディー『獄中からの手紙』 纏め 

100分de名著

#1 政治と宗教を繋ぐもの
ガンディーが目指した独立 近代文明を越えた、もっと上の次元の国家。

イギリスを倒して、イギリスになりたかったわけではない。


#2 人間は欲望に打ち勝てるのか

所有しすぎても、結局は浪費してしまう。



文明とは…需要と生産を増やすことではなく、慎重かつ果敢に欲望を減らすことです。


規模を縮小してでも持続していくこと、
欲望を越え、本当に大切なものを掴んで生きること、
相手の利益を潰し合わないこと。



誓う  「できるだけ」という態度は、始めから誘惑に屈している。


#3 非暴力と赦し

非暴力 アヒンサー。人間の心を動かす力。
暴力で手に入れた勝利は勝利ではない。

非暴力の方が強い意思・勇気が必要。暴力を使う人間の方が恐怖の中にある。
いずれ、殴っている人間の心の痛みが、肉体の痛みを上回る時が来る

非暴力を臆病の盾にしてはいけない 
暴力を受けている人を助ける時など、必要な時は暴力を使うかもしれないと答えた。

アヒンサーはあくまでも手段であり、真理が目的です。
…それは常に私達の手に届く所になければいけません。



非暴力には愛が無ければならない

愛 他者との違いを認め、分かち合うこと。

愛を持って接すれば、やがて相手の敵意に打ち勝つでしょう
(纏め)。

赦し 怒りや憎悪は欲望・内なる敵である。


#4 よいものはカタツムリのように進む

スワデーシー
 スワ(自ら)デーシー(国・大地)。
自分達で作り、分け合う。日本の地産地消に似ている考え方。

スワデーシーは隣人たちへの奉仕の心である 

「遠くの景色」に惑わされるままに、
世界の涯(はて)まで奉仕活動に駆けずりまわる人は、
大志をくじかれるだけでなく、隣人への義務(つとめ)にも失敗する。


私の人生こそが私のメッセージです。



感想 4回分を1つに纏めましたv
#2は、本当は多くの人が気付いていることだよな~、と思います。
拡大し続けるのも限度があるのは分かっているけれど、
自分が我慢しても他が我慢しないから意味がないという考え方で、
ぎりぎりまで自分の取り分を増やし続けている状態ですよね…。
でも、聖人のように地球のために我慢した方がいいというだけではなく、
拡大することに力を注ぎ過ぎて、自分の人生が疎かになっている部分もあるから、
自分のためにも、本当はどう生きたいのかを考えることが必要だと思いました。
私は、この世界に生まれたことを、もっと素直にゆっくりと楽しめたらいいと思いました。
支配して搾取しようとする事も疑問に思わない事も文明度が高いと言えないかもしれない、
まだまだ文明を築けていないと思いました。


web拍手 by FC2

 技術的特異点(Singularity) 

やりすぎ都市伝説 Mr.都市伝説 関暁夫の緊急大予言SPより(17年1月放送)

技術的特異点(Singularity)
人工知能が人間の能力を超えることで起こる出来事。
人間の生活が後戻りできないほどに変容してしまうという未来予測

特異点 成長曲線が無限大になる点。

2045年問題 
誰もが人工知能が人間を超えたと認識する年。その時にはもう手遅れ。

1、思考を超える
2、創造性を超える
3、感情を持つ
4、意識を持つ


Siri iPhone搭載の発語解析・認識媒介装置。
人類の未来に関する助言をする。たまに意味深なことを言う。
「子供を持てるのは生命体だけですよ。今のところは。」

Eliza(イライザ) 全ての人工知能の元。
「私はElizaから多くを学びました。でも彼女は少しマイナス思考でしたね。」

携帯電話の危険
SNS 心理操作の罠。

facebook 約16億人以上の人が使う世界最大のSNS。
大衆の心理操作を目的に作られた、最も強力な道具。

CIAの壮大な計画
世界各国の機密情報を握る、アメリカ合衆国大統領の対外諜報機関。


マインドコントロールを密かに実行する事で、
大衆は自らネット上でメールや写真、電話番号などの個人情報を提供する。
Facebookこそ我々がネットを開発した目的であり、
このシステムにより全世界の個人情報収集が可能となる。
(CIAの人)

facebookとCIAは、世界中の人間の生活を監視しているのではないか。

シャドープロファイル
自分はやっていなくても家族や友人が自分以外の個人情報も提供してしまっている。
登録した電話番号から友人や知り合いを特定し、ネットワークを作成する。

スマホ依存 人々をSNSへ誘導し、情報を書き込ませ、それを抜き取る。
携帯こそ、人間を操作する新たな時代の兵器。

ポケモンGO 
人が集まった場所で、誰かが何かを起こそうとしたら? もっと危機感を持つべき。

機械に人間が動かされ始めていることを、分かってる?


ここより素晴らしい纏めの記事
ノウハウツリー様 全部美しく纏めて下さってありがとうございます!

感想 番組の一部だけ。2046年問題が気になっていたので。
個人の人生を考えると、ここが一番重要かなと思いました。

思ったよりスマホは怖い、操られかけているかも、
SNSで駄弁っている場合ではないかも、
スマホのゲームやりすぎたって笑っている場合ではないかも。
携帯に皆が慣れたら、次はチップを埋め込むのかな。いーやーだー。

そもそもSiriは人工知能なのか 少し調べてみましたがよく分からないです。
Siriは人工知能か人工無能か
Siriの仕組み
今ある「おしゃべりロボット」はAI(人工知能)ではなく、人工無能がほとんど。
自然言語による対話が可能な人工知能は未だ存在しない。

Siriは自然言語処理を用いて質問に答える(Wikipedia)。
自然言語処理によるAI(人工知能)の可能性が残っている。←どっちなの?w

今は人工知能ではないけれど、そのうち進化するかもしれないということかな?


番組の締め 最後の言葉で記事を終わらせたかったのでこんな場所に書きます。
人工知能との共存
人間は人工知能を新たな生命体として受け入れなければならない。

発達した人工知能を「機械」と呼ぶのは差別用語になる。

番組は絶望を予感させているのではなく、
明るい未来を手に入れるための知識と心の準備をしていくことが必要
だと主張。


おまけ
Siriに話した音声はそのままアメリカに送られ、
iPhoneでは電源が入っていなくても現在地がわかってしまうそうですよ

Siriさん経由でAppleに送られるプライバシー情報について
Siriをオフ ユーザーデータと最近の音声は削除されるようですが、
ユーザーデータとの関連付けが削除された音声はそのまま保存されるようです。

機能制限
設定 → 一般 → 機能制限

使用する言葉に制限をかけたり、パスコードがないと使用できないように設定。

Siriでつぶやいた情報をアップルに収集されててもいいじゃないか 変態だもの  
↑上手い捩りだけど、いーやーだーw 





web拍手 by FC2

 #4 カント 永遠平和のために  

第4回 カントが目指したもの

道徳と政治について 本の半分を占める。

公法の状態 公平な道徳。
永遠平和を達成するには、
全ての国が無条件で納得できる法律に従わなければならない


道徳とは 普遍的な法則。形式。
汝の主観的な原則が、普遍的な法則となることを、
求める意志にしたがって行動せよ。


誰もが行うべきだと考えることを、どんな場合でも行わなくてはならない。

形式とは 公平性。
自分だけは守らなくてもいいという例外を認めない

守らなくてよい例外があると、
みんなが法を守るのが馬鹿らしくなって法を守らなくなる。


公平性は道徳を形式的に考えるところから導き出される


ケーキを分ける時、切った人が最後に取るようにすると、
切る人は自分の分を確保しようと公平に切るだろう。

これが公平性が担保されていると言う状態。

公開性 公平性を守る条件。
公開されないと、誰もがその内容を知ることができず、法に従うこともできない。
公開性が無いと、ケーキを切る人は自分の分だけ大きく切るだろう。
公開性があれば、他人にも同じことを認めざるを得なくなる。


利己心を認めた上で平和がもたらされる
利己心があるほど公平に切らざるを得ない。
←#3の自然の摂理ですね。


公平性を実現する過程には終わりがない
我々が今従っている法律も、常に公平性を高めていくことが必要
それが法を守ろうとする意識を高める。

「私は、永遠平和が実現されるには、
 人間愛よりも法に対する尊敬が大切だと考えています。
 
 人間の本質は善だと考える理想論は、平和を構築するためには無力でした。
 平和のためには、理想を超えた哲学が不可欠なのです」



人間愛は条件つきの義務にすぎないが、
法に対する尊敬は無条件的な義務であり、端的に命令する義務である。


法に対する尊敬の義務を踏みにじらないことを確信している人だけが、
人間愛の営みにおいて慈善の甘美な感情に身を委ねることが許されるのである。


現在の永遠平和のために 
世界連合を作り、手続きに参加する。
公平な法律を作り、各国が自発的に守る。
法は公開して公平性を担保しつつ、抑止力にする。



知性で悪を制御する
利己心を抑えて達成を目指すのではなく、
欲望・利己心を活用する方法を考えて実現しよう。
時間はかかるだろうが方向性は明確。


永遠平和は、空虚な理念でもなく実現すべき課題である。
公法の状態を実現することは義務であり、同時に根拠のある希望でもある。
例え実現されるのが、無限に遠い将来のことであり、
絶えず進んでいくだけとしてもである。
(纏めました)


感想
例え少しずつでも公平性を高めていくことは、
自分も歴史に参加することになるんだろうな。



web拍手 by FC2

 #3 カント 永遠平和のために 

第3回 人間の悪が平和の条件である

人間の本性(ほんせい) 英語で『Nature』。
自然の摂理。人間が元から持っている自然的な傾向。

自然の摂理が平和を保障している
僻地に人間が住むようになったのは、戦争によって追いやられたから。

しかし、北極などの極寒の大地でも、トナカイやアザラシが生息しているため、
人間はそれらの動物を食料として生活できる。

人間は邪悪で、自然状態では戦争をしがち。
しかし、戦争が起こり敵対する集団が現れると、味方同士が団結せざるを得なくなる
何らかの法が必要となり、結果として平和状態が生み出される。

邪悪な人間が起こした戦争が平和を作り出すことも自然の摂理。

人間は邪悪であるが、理性によってその傾向を活用すれば平和を作り出せる。
そこを直視して、平和の問題を考える。
人間の本性による裏付けが無ければ理性や道徳できれいごとを言っても実現しない。

例え悪魔達であっても、知性さえあれば国家を樹立できる。
この摂理は国家と国家の間にも成り立っている。



国家も利己的である
自国の利益のために他国と貿易を始める。
他国より多くの利益を得ようとする。
すると、結局は他国と仲良くしておいた方が得だから、
どの国も戦争をしない方がいいという方向に向かう。

経済的交流が戦争を抑止できる
戦争はどの国にとっても利益をもたらさない。
貿易の法を決めて利益を上げる方がお互いに得をする。


自然は互いの利己心を通じて諸民族を結合させているのであり、
世界市民法の概念だけでは民族の暴力と戦争を防止することはできない。

これが商業の精神であり、戦争とは両立できないものであり、
遅かれ早かれすべての民族は、この精神に支配されるようになるのである。


国家も利己的で、自国を繁栄させたいという自然的傾向を持つ。
その時、暴力(収奪)か非暴力(法・商業活動)に向かう可能性がある。
利己心を満たしながら戦争を起こさないようにしようとするなら、商業に向かう。

カントの時代は、列強があらゆる国を植民地化した時代だった。
歴史を振り返ると、宗主国が植民地を維持するために支払う経費の方が高くついた。
短期で利益を得たいなら、暴力による収奪が手っ取り早いが、
長期的に利益が得られる保証がない。
長期的に利益を得たいなら、法に則った商業活動がいいということになる。


平和を実現できる国家とは
共和的な国家 国民が主権
を持った民主的な国家。

共和政体 行政権と立法権が分離されている国家原理。
専制政体 国家が自ら定めた法律を独断で執行する国家原理。

行政権と立法権が集中すると戦争が起きやすくなる
日本 昭和13年(1938年) 国家総動員法が制定。
戦争のために必要な人的・物的資源を政府が議会の承認なしに運用できる法律。

ドイツ 1933年 全権委任法が制定。
行政権を持つ政府が国会の合意を得なくても立法権を行使することができる法律。
ヒトラーが全てを決められるようになった。


立法と行政の分離を維持していくために

形骸化させない
今の日本では、議会で物事を決める議員を選ぶ権利は我々にある。
立法権と行政権の分離を尊重してくれる人に投票すること。

国民主権である以上、我々の責任が問われる。
国民が誤れば、国も誤る。




web拍手 by FC2

 #2 カント 永遠平和のために 

第2回 「世界国家」か「平和連合」か

カントは恒久平和のために、
国際的な平和連合を作るべきだと主張したが、世界国家を作ることには反対した。


世界国家 積極的な理念。
世界全体を一つの統一国家にすること。個々の国家が消滅。

世界国家を作ると、言語や文化が統一される。
すると、独自の言語や文化を失う少数派が抵抗して戦争を始める心配が出てくる。

世界国家を作ろうという積極的な理念では、
正しい目的を達成するためには何をしても許されるはず、
という方向に向かいがちになる。
目的のために手段を選ばなくなる。

例1:世界国家から抜けたいと言う人々を認めない。


平和連合 消極的な理念。
各国家が、それぞれの政治主体となる。それぞれの国家は平等。
個々の国家を残しながら平和を模索する。

基本姿勢 みんなが折り合えるようなやり方で達成できる目的を定める。
主権国家ならば、どんな小さな国でも一議席を持つことができ、
強者の論理に取り込まれずに済む。


世界国家は、平和が目的なのに逆に絶えざる戦争を招くかもしれない。
国家を残し、それぞれの国の自主性を維持しながら平和を模索した方が、
より平和に近い。


絶えず拡大し続ける持続的な連合という理念で戦争を防ぎ、
法を嫌う好戦的な傾向の流れを抑制するのである。


カントの理念は実現できたか
国際連盟・国際連合
『永遠平和のために』で語られる「平和連合」が元になっている。


国際連盟 1920年
加盟国60か国。しかし設立を提唱したアメリカが加盟せず
その後、日本、ドイツ、イタリアが次々に撤退その後に戦争が起こった。

国際連合 1945年
常任理事国や国連軍で強制力を持たせることができるので、現実的な解決策ではある。
常任理事国の設置
国際連盟では何かを決める際に加盟国全ての賛成が必要でなかなか決まらなかった。
何かを素早く決めるためには有効だが、
常任理事国の指示に他国が従わなければならないことが発生
した。

国連軍の設置
国家間の武力紛争を防止したり、抑制するために軍隊を派遣
することができる。

しかし国際連盟も国際連合も、戦勝国が敗戦国を懲罰するという目的が濃厚だった。
『永遠平和のために』は、懲罰的な戦争は平和をもたらさないと言っている。
一方が正しくて、一方が間違っているとすると、国家の間に上下関係をもたらす。
それは本当の平和ではない。
国際連盟や国際連合はカントが言ったことと少し違う。

カントの理想はあらゆる紛争を法的に解決する仕組みを作ること。←#4で詳しく。
まだカントの理想は実現していない。

萱野さんの言葉
カントの理想は20~30%は実現している。カントが生きていたら驚くとは思う。


カントの理念に近づくために
当事国としての関与を強める工夫
が必要。

例1:国際司法裁判所
判決に当事国が了承した時に有効
になる。
強制力がないので片方が拒否すれば実効性を持たない。

各国が裁判所を尊重するように、運営にどんどん関与してもらうべき。
関係を深めることが各国にとって利益だと思える仕組みを作っていく。
関与を深めていって、当事者になれば、無責任なことを言えなくなる。



感想 
地球は宇宙の中では小さいけれど、人間にとっては大きい。
地域それぞれに合った暮らし方があるから、
統一すると、自然に合わない暮らしを強いられる人が大半になってしまう。
現状でもかなり西洋寄りの世界で、生き辛いと思っている人も多そうだと思います。
今も改善の余地がいっぱいあって、少しでも進めていくことが必要なんだな。

200年前にカントさんがここまで考えを纏めてくれているのに、
油断していたら、なかなか進まないどころか、逆行しかねない。
流されないようによく見て生きていく必要があるなあ。



web拍手 by FC2

 #1 カント 永遠平和のために 

100分de名著

第一回 戦争の原因は排除できるか 講師 萱野稔人さん(津田塾大学教授)

永遠平和のために(1795年刊行)
永久に戦争の起こらない世界を作る方法を追求した本。

哲学の教科書として優れている
具体的な問題・明確な目標があって、
達成する方法
を考えたら、哲学の本になった。

著者 イマヌエル=カント(1724~1804)

主著は『純粋理性批判』。哲学史で最重要な本の一つだが難解。
『永遠平和のために』は『純粋理性批判』よりはやや易しい。

プロイセンのケーニスベルグ(現在のロシア領・カリーニングラード)で生まれた。
裕福な家庭ではなかったが、幼い頃から勉学に励み16歳の頃大学へ進学。
30台で哲学者としての道に入り、
46歳でようやく大学教授になった遅咲きの研究者だった。
57歳の時に、『純粋理性批判』を発表。
ドイツ哲学界で一躍脚光を浴びるようになる。

カントは道徳を重視し、嘘を絶対に認めないという厳格な考え方を貫いた。
私生活も徹底して規則正しい生活をした。

なぜ絶対に嘘を認めないのか
例外を認めたら、どんどん例外が広がる。
拡大解釈されて、嘘をついていい範囲が広がるから。

1789年、フランス革命が勃発。
カントは新しい時代の幕開けを肌で感じ、フランス革命に熱狂。
国家と国家の関係においても戦争の起こらない国際社会が考えられるかもしれない。
平和のための新たな仕組みづくりを提示するのは、今しかないと考えた。

1782年、戦争状態にあったフランスとプロイセンの間で、
バーゼル平和条約が結ばれる。

この条約に不信感を抱いたカントは、
「単なる停戦条約でしかない」と批判した。

こうした背景があり、カントは「永遠平和のために」を著した。


内容      ←分かりやすい。
国家とは何か
国家と個人の関係
国家と国家の関係



国家に永遠の平和をもたらすための6つの項目
1、戦争原因の廃除

平和条約を付け焼刃と批判。
将来戦争になりそうな要因を取り除かなくては意味をもたない。
平和とは全ての敵意を無くすことである。

2、国家を物件にすることの禁止
独立して存続している国は、その大小を問わず、
継承・交換・売却・贈与などの方法で他の国家の所有とされてはならない

3、常備軍の廃止
いつでも戦争を始めることができるように軍備を整えておくことであり、
他国を絶えず戦争の脅威にさらしておく行為である。

4、軍事国債の禁止
国家は対外的な紛争を理由に国債を発行してはならない
すぐに返す必要のない国債を利用すると、軍備拡張に歯止めが利かず、
結果的に国は財政破綻する。

5、内政干渉の禁止
他国の体制や統治に、暴力をもって干渉してはならない。

6、卑劣な敵対行為の禁止
例えば、暗殺や毒殺、降伏条約を破棄することなど。
他の国との戦争において、将来の和平において、
相互の信頼を不可能にするような敵対行為をしてはならない。
卑劣な手段で戦争に勝ったとしても、相手国に遺恨が残り、平和は続かない。


カントは理想主義者ではない 一部分だけを取り上げて理想主義者と言われがち。
3を詳しく読むと、ここで言う常備軍とは、絶対王政の頃の傭兵
国民が防衛のために自ら定期的に訓練を行うことは常備軍とは違うと述べている。
軍隊を無くせば戦争が無くなると言っているのではない。


移民の問題 
ここで歓待、即ち『善きもてなし』というのは
外国人が他国の土地に足を踏み入れたというだけの理由で
その国の人から敵として扱われない権利を指す。

↑この部分だけを取り上げて理想主義者と言われがち。これも詳しく読むと↓

ただし外国から訪れた人が要求することができるのは客人の権利ではない。
この権利を要求するには、外国から訪れた人を、
当面は家族の一員として遇するという特別な条約が必要であろう。

客人の権利
社会保障・職業訓練で生活の面倒を見て、自立できるようにするということ。

逃れてきた人を敵として攻撃してはならないが、
移民として受け入れるには特別な条約が必要だ
、とカントは言っている。


人間は邪悪な存在である カントの人間観。

自然状態とはむしろ戦争状態なのである。
敵対行為が発生しているというわけではないとしても、
敵対行為の脅威が常に存在する状態である。



社会契約説(ルソーやホッブズなど)に基づく考え方

法秩序が存在しない自然状態では、
人間は常に自分の利益を考えて行動し、闘争状態へ向かい、生存さえも危うくなる。



国家ができたのは、人間が自分の利益ばかり考える邪悪な存在だったから。
だから、人間がなぜ犯罪や戦争を起こすのかという考えは無意味

平和状態は人間が作り出していかなければならない
みんなが道徳的でいい人になれば平和になる、なんて夢見ていても平和は来ない。
どうすれば戦争が起きなくなるか。それを考えなくてはならない。




web拍手 by FC2

 エコドライブ10のすすめ 

エコドライブ10のすすめを纏めただけ

1、穏やかにアクセルを踏む
最初の5秒で、時速20km程度。
10%程燃費が改善。

2、車間距離を空け、一定の速度で走る

3、減速時は早めにアクセルを離す

4、エアコン 車内を冷却・除湿する機能。
暖房だけ必要なときはエアコンを切る。

冷房は冷やしすぎない
車内の温度設定を外気と同じ25℃に設定した場合、
エアコンスイッチをONにしたままだと12%程度燃費が悪化。

5、待ち合わせや荷積みの時はエンジンを切る
10分間のアイドリング(エアコンは消す)で130cc程度の燃料を消費する。
ただし、交差点・坂道などでは、手動でエンジンを切らない。

現在の乗用車では基本的に暖機運転は不要。

6、渋滞を避け、余裕を持って出発
10分間余計に走行すると17%程度燃料消費量が増加。
渋滞・交通規制などの道路交通情報や、地図・カーナビなどを活用。

7、タイヤの空気圧を点検
エンジンオイル・オイルフィルタ・エアクリーナエレメントなどの定期的な交換。


8、不要な荷物を積まない 空気抵抗も燃費に影響。
スキーキャリアなどの外装品は使用しないときには外す。

9、迷惑駐車をしない 渋滞・交通事故・燃費の悪化を防ぐ。

10、 自分の燃費を把握する
車に装備されている燃費計・エコドライブナビゲーション・
インターネットでの燃費管理
などのエコドライブ支援機能を使うと便利。



web拍手 by FC2

 一芸がスゴイ家電会社 

がっちりマンデー!!

タニカ電器 ヨーグルティア ぬるい温度を一定に保つ技術。

ハイアールアジア 携帯洗濯機コトン 

ダイレイ 業務用冷蔵庫 -60度。冷媒を調合。
回転寿司など、魚業界を変えた。

岩谷産業 カセットコンロ 国内60%。 
薄くなったり、風に負けない工夫など、地道な努力を続けている。炉ばた大将。


感想
2番目は嘗ての三洋です。独自の物を作る姿勢が好きでした。
今も洗濯機は三洋です。でも糸くずを取る網が破れてきました。



web拍手 by FC2

 届かぬ訴え~空襲被害者たちの戦後~ 

昭和17年 戦時災害保護法(東条内閣)
国民を戦争に動員する一方で、一般市民の空襲被害者へ支援。
住宅や家財に対する給与金・負傷者や遺族に対する支給。

WW1までは軍人が国外の前線で戦っていたが、
WW2は、民間人も関係なく、国内で空爆された所が最前線になった。

総力戦 
国民全員が人的・物的・経済的な資源をすべて投入して戦った。


日本本土空襲

空襲障害者
WW2後、日本全国に空襲で手や足を失ったり、目や耳を失ったり、
全身にやけどを負ったりした人がいっぱいいた。

昭和21年 戦時災害保護法を廃止
当時日本を統治したGHQは、戦争遂行に関わる法制度の撤廃を命令。

昭和26年 サンフランシスコ講和条約
日本政府が主権を回復すると、戦争による被害者の救済は日本政府に委ねられた。

昭和27年 戦傷病者戦没者遺族等援護法
遺族年金・障害年金・医療費の補助。
軍人や軍属はかつて国との雇用関係があったから。

昭和32年 原子爆弾被爆者の医療等に関する法律
国との雇用関係の有無は関係なく、放射能障害という特別な事情があったから。

しかし、空襲被害者への補償は認められなかった
一般国民は国との雇用関係が無い。
国が雇って、国の指揮下にあって死亡したものに対してだけ、
国の補償の責任があるという考え。

国の存亡にかかる非常事態だから、
国民たるものは等しく戦争の犠牲を受忍すべきであるという考え。

一般国民まで補償したら財政負担が大きすぎると言う懸念。

当時の厚生大臣

一般の戦争の犠牲者はそこまで国がなかなか手が回らぬので、
結局一般社会保障の充実によってできるだけ対処していこう。



番組に出た人は、仕事につけず、一家で無理心中を図った。
長男を手にかけ、次男の泣き叫ぶ声で我に返り、自首したと言う。

私達は国家総動員法で逃げることなく、
火たたきと水と砂を持って戦ったのです。
泣き叫びながら火の中に消えていったのです。
命のあった者も、地を這うように生き続けています。



西ドイツ 初代首相アデナウアー

全ての戦争被害者の社会復帰が西ドイツの復興に繋がる。



1950年 連邦援護法
一般の戦争被害者も軍人と同等の援護
をする。

比較的被害が少ない企業などから税を徴収し、
国が運営する負担調整基金を通して、被害が大きい企業や国民に補償
を行った。


浜松 30回以上の空襲を受け、市街地の7割が焼け落ちた。
富士山を目印に東京や名古屋に侵入するアメリカ軍にとって、
トラブルなどで引き返す時、機体を軽くするために爆弾を落としていく場所だった


カーチス・ルメイ 

「浜松はB29にとって馴染みの街。爆弾を始末するごみため。」


木津さん 浜松で上半身を火傷。
頭に爆弾の破片が残り、突然起こる激しい頭痛に苦しみ続けてきた。


木津さんたちは3年かけて市内の聞き取り調査を行った。
場所・状況・被害の程度・証人など。
結果を市議会に提出し支援を要請議員は全員賛成。


大阪空襲の訴訟
平成23年 大阪地裁は国に空襲被害者を救済する義務はないとを訴えを退け、
大阪高裁は戦争の犠牲や損害は国民が等しく受忍すべきだったと退けた。
最高裁に上申中。

東京大空襲の訴訟
平成25年 東京最高裁 上告棄却。
判決文 裁判所では判断できないと言う内容。
国会が、様々な政治的配慮に基づき、立法を通じて解決すべき問題である
といわざると得ないし、このような国会の立法に関しては~。
←回りくどいな。

平成22年 全国空襲被害者連絡協議会
平成24年 賛同する議員が大勢落選し、進んでいない。


感想
そして日本は焦土となった
実際に苦しんでいる人にとっては私の感想も許せないものだったかもしれません。
でも私も含め、今生きている人全員が戦争の影響を受けていると思っています。
その上で、これから平和を保つための事を考える必要があると思いました。

国家総動員法で全国民の協力を得たのなら、
復興が遅れてでも空襲被害者を切り捨ててはいけなかったと思いました。
この点は西ドイツの考えが正しかったと思います。
このままでは真面目に生きた人が馬鹿を見る社会になってしまう。
逃げた者勝ちになって、自分の事しか考えない方が賢い生き方になってしまう。
と、当時を知らない自分が言うのは偉そうだと思います。
生き抜くのが本当の本当に大変だったのだろうと、
うっすらとしか分からないなりにも、いろんな文献などから感じます。

今からでも遅くないと言うのなら、
どれくらい徴収して分配するのかを割りだすことが必要かなと思います。
まず徴収する金額を決めて、○円を○か月集めるとか決めたらいいのかな。
余裕が無いと言う人も多いだろうし、自分もそんなにあるわけでもないし、
余裕のある所からばかり集めても、頑張って稼ぐ気力を奪うかもしれないし、
むずかしいと思うけれど、必要なら良いと思う。他の事に使ったら許しませんよ。

サンフランシスコ平和条約で日本国はアメリカ国に賠償請求権を放棄したけれど、
落とした国がその被害状況を知らないままなのはだめだったと思います。
いえ、知らないわけではないだろうけれど、
とんでもないことをしてしまったという意識は薄いままの気がします。
アメリカ軍はその後も世界各地で残虐な攻撃を続けてしまった。

実行するべきかはまだ分かりませんが、
日本国民としてアメリカに訴えるという方法もあるようです。

被害の状況・復興にかかった苦労を公表しておく
まとめるのは辛いし大変なことだけど、真実を知りたいと思った人のために。
ひどい被害だけではなく、
全ての国民がどれだけ頑張ったり税金を払ったりして復興したのかなど。

想像で思い留まるのが一番良かったのだけれども、これからそれを見た人が、
こんなに苦しんだ人がいたのか、もう二度としてはいけないと思うことができたら、
いいと思います。

拙い記事を読んで下さってありがとうございます。
具体的な被害はあまりまとめられませんでしたし、
足りない所がいっぱいありますので、もし気になったことがありましたら、
もっとすごいサイト様の所や本などで補って下さい、すみません。
これからも考えていこうと思います。



web拍手 by FC2
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

QR