FC2ブログ
≪ 2019 08                                                2019 10 ≫
 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - -

 第36回鳥人間コンテスト2013 

iwataniスペシャル鳥人間コンテスト2013 

滑空機部門 飛行機の浮力だけで距離を競う。

東京女子大学 飛ん女の会
女子大生だけの団体 目標100m。
離陸する時にぶつかり、飛び始めに尾翼が取れたけど88m飛んだ。
↑ふわっと飛んでいた☆ 次も頑張ってほしいなあ。

次世代航空機研究会
様々な職業の団体
 世界一美しいフライトを見せたい。
機体がもろかったか、13m。

626 Lab
学生時代から7年間、今年で最後にする団体 
目標100m。結果196m!
↑飛ぶ姿がすごくきれいだった!運転中余裕もあった。みんな感動で泣いていた。

iwataniのチーム 社長も来た。目標261m以上。結果73m。
きれいに飛んだけれど、2m伸ばした主翼が水面に引っかかった。

方正サイエンスプロジェクト
でんじろう先生が協力した団体 99m。翼の強度がもっと必要。

digest 省略されて残念。
福井工業大学鳥人間プロジェクト 134m飛んだ大学生の団体。

都立産技高専 TeamЯTR 最高記録が32mだったけれど330m飛んだ高専生の団体。

九州大学鳥人間チーム 3連続2位だった。
大きく水面に近づいてからまっすぐ飛び続けた。390m。学生記録更新!

みたかもばら×神奈川工科大学 鳥人間たちが鳥以上に憧れる存在。
歴代記録5位までを独占。優勝10回。
これも大きく水面まで近づいてから進む。早い!全く壊れずに着水。460m優勝!


タイムトライアル部門 往復1km。
150mを通過してから時間を計測。旋回の技術と、体力
が求められる。
500m先で旋回し、150m地点に戻ってきて着水したらゴール。

大阪府立大学 2連覇の経験がある。
中ペラ機体 
プロペラと尾翼が近いことで操作性は上がるが、構造が複雑で重量が重くなる。

↑早かったけど、上を飛び過ぎて着水が遅くなった。2分8秒。

東京大学・創価大学・筑波大学は記録も省略された。

名古屋大学「ここで漕がなきゃ一生後悔するぞ!」2分1秒64で記録更新

Team’F’
愛知の社会人集団
 2010年の初出場で優勝。2回目。早さに自信あり。
どんどん加速。58秒で折り返し。1分43秒03で優勝!歴代記録更新!


ディスタンス部門 20kmで折り返す。40km飛んだ者はまだいない。
東北大学が3連覇 他が阻止を狙う。


日本大学理工学部 もっと上がれ!少し上がったけれど強風で2723m。号泣。

芝浦工大 98年から唯一2人乗り機で16回出場、1回準優勝した。
特に先輩は「飛ぶため以外の筋肉は全て落としました」。
前が進行方向、後ろが高度を操作し、ひたすら漕ぐ。
↑上手く飛んでいたが突然風で着水。対応する暇もなかったようで残念!885m。
風が瞬間的に逆風になったのか、下降気流に入って、
一気に高度損失して揚力が生めなくなった。

東京工業大学Meister
右に流されたが修正。10kmで25分漕ぎ続けている。
漕ぐのが辛い時は機体を作ってくれた皆のことを叫びながら漕ぐ。
風が入ってきて暑くないんだって。
横風に対して微調整しながら漕いでいてすごいな。
15kmで大会新記録を越えた。
GPSが途切れて焦って叫んでいた。体力温存ー!
旋回は体力を激しく消耗する。足がつる。
機体が下がってきたが、「動け!みんなのためだ!」機体が上がった、すごい!
20kmを通過し、ホーンが鳴った。
左旋回上手
だな、でも足がつっていて、頑張ったけれど着水。20399km!!
↑すごい記録だけど運転手は号泣。皆も泣いていた。すごかった!!

帝京大学 568mで自己新記録。

大阪大学 無尾翼プロペラ機。
アホちゃうかと言われ続けて6回目。僕たち尾翼はいらないんです!
445mで自己新記録。

立命館大学 11回出場で最高記録は24m。あだ名は「弱小」。
チア部に応援を断られたが、188mで自己新記録
「弱小じゃないけど弱になりました」

東北大学 離陸時に尾翼をぶつけて落下。41m。これからも頑張って下さい!


感想 
記録更新がいっぱいあってすごかったです! 一生懸命さが伝わってきて感動しました。

ディスタンス部門は、年によって一位の距離が違う。天候の影響もあるのだろうな。
最初と最後に飛ぶのとでも気温とか風とか違ってそう。



スポンサーサイト



web拍手 by FC2

 なぜ受験勉強は人生に役立つのか 

なぜ受験勉強は人生に役立つのか 斎藤孝

学問のすゝめ
「賢人と愚人との別は、学ぶと学ばざるとによりて出来るものなり」


学ぶか学ばないかによって大きな差ができるからこそ学問を勧めている。

責任の重い仕事は学んだ人でないとできない。
責任の重い仕事をすることが個人の独立であり、個人の独立が国の独立の礎である。
そのための最良の方法が学問である。


学ぶことは喜び・権利である。

使わない知識を勉強するのは意味がないと言う意見
知識を切り拓いてきた先人への尊敬の念が無い。


ある年代から下の日本人の7割は物理を知らない世代になる
選択の自由の名の下に物理学という人類最高の達成を学ぶ機会を失わせたのは失策。



受験勉強
もっと難しく意味のある勉強をやるためにやる。
物理・化学・世界史などは受験勉強の機会にしか身に付かない。


問題に取り組む姿勢・やるべきことをやる習慣を身に付ける
社会で仕事をする時に必要。

試練を乗り越える通過儀礼は、どこの社会にもある
学力が全てではないけれど、
学力がある程度試される試験だと考え、そこから逃げないこと

例え不合格でも、そこで終わりではない
知識は無駄にならない。
ある程度の知識があってこそ、つながりに気付く時が来る。

次の大学受験に気持ちを切り替えればいい。


入試
配分力  目途を立てる力・情報の整理力。
確認力  ミスが多い人には仕事を頼めない。
捨てる力 合格ラインが7割なら…。



推薦入学やAO入試などの多様化
選択肢が増えるのは良い
とも言えるが、公正ではないと感じる面もある。
抜け道を求め、勉強への意欲を失う恐れがある。
不合格者の立場としては「人間性が低かったから」という理由はひどい。
まだ「学力が足りなかった・努力が足りなかった」と言われる方が納得できる。

出題者の考えを探る ←こちらもあなた方を試しているんです(下町ロケット)。
なぜその問題を作ったのか、何を答えろと言っているのか。出題者の苦労を想像。
「ここでひっかかったらだめなんですね、分かります」とか、
「難しいだけで良い問題ではない」とか分かったらすごい。


父の役割
休みの日に釣り・ボール投げ・サッカーなどのコツを教える

工作など、自分が得意だったことや好きなことで良い
子供には経験が大事。放物線の記憶などが残って勉強につながる時もある

向上心・知的好奇心は習慣 10代に身につけたい。

仕事が大変だから無理に子供の勉強まで見なくても良い
疲れていると冷静さを失いやすくなり、厳しくなる。

元々自分の子は冷静に見ることはできない

但し、成績の結果だけを見て威圧するのはだめ

妻の話を聞く
妻は常に子供を気遣って見ている。そのことを認めて、いたわりの言葉をかける。



本書がおすすめの本
東大のディープな日本史
「東大国語」入試問題で鍛える!斎藤孝の読むチカラ
応用自在(学研)


感想
題名は変だと思うけれど、なるほどと思うことも多かった。

日本国の仕組みの一つだから、
そこで生きるのなら逃げずに取り組んだ方がいいということかな。

一般入試・勉強をきちんとやることへの軽視
試験を小論文や個性などで測ると、主観的になってしまう。

「ガリ勉」など、勉強を地道にやることに否定的な印象があるのも良くないね。
勉強をやらない方がかっこいいという考えは、足の引っ張り合いだったのだろうか。
潜在的な意識改革をするには、勉強をする理由を説明する必要があると思う。

国語でも他の機会でもいいけれど、なんで『学問のすゝめ』を教えないのかな。

「なんで学校があるのか」という理由は、
例えば入学式の度に話した方がいいと思うけれど、子供達は反発するのかな。

でも聞いたことも考えたこともない状態よりはいいと思う。
聞いた上で、反発するか頑張ろうと思うかは、その子供次第。
言う側も、なるべく誤解や反発を招かないように良く言葉を練る必要がありますね。

本書で言うと、「意味のある勉強」や「学ぶことは喜び」は、まだ曖昧だと思います。
「学ぶことは喜び」と言われても納得いかないと思います。
それぞれが自分の言葉で考えることが必要だな。

↓考えてみました。言葉が足りなかったら補って下さったら喜びます。

学校ではご先祖様が発見してきたいろいろな分野の研究成果を学んでいる。
その中から自分が興味を持てること、もっと知りたいと思ったことを見つけて、
引き継いで新たな発見をするために勉強する。

学校は国が国民が優秀になったら国も栄えるから用意しているけれど、
国のために行くのではなく、
自分がいっぱい知識を持っている方が生きていく方法が増えるから行く。

勉強した結果、先人の知識を追い越す人もいるし、
他人に教えるようになれる人もいるし、興味を持ったことに関わる仕事に就く人もいる。

向き不向きもあるからできる所まででいい。頑張ってここまでだと分かるのは良い。
ただ、やろうともしないのはもったいない。知ることができる機会を捨てている。

例えばインカ帝国では、知識は特権階級が独占して、国民は知らなくていいと考えた。
そのほうが国民を操りやすいから。

実際の仕事に学校の勉強は使わないから無駄だと思っているかもしれないけれど、
それでは与えられたことしかできない。ごく狭い世界の中で生きることになる。
運が良かったらそれでもいいけれど、そうではない時、解決する方法も見つけにくい。

いろんなことを勉強するのは、自分でやりたいことを選んで生きる機会を増やすこと。


うん、こんなに長々と話を聞いてくれる子供はいないな(笑)。話す時は注意。


しかし、自分も何も分かっていない子供だったので、
「なんで勉強しなきゃならないの」とか「テストは嫌だ」とか思っていました。
嫌々やっても頭に入るわけがないですね。逃げることに労力を使うのは良くなかった。
そんな自分が自分のことを棚に上げて何を言っているんだろうと苦さを感じます。
それでも大人はそれらを隠して言わないといけない時があるのさ。
ああ、もっと興味を持って勉強すれば良かった。やらされている感があった。
勉強をする意味を知らなかったし、自分の心が歪んでいたからだな。

おまけ インカ帝国関連の記事 2013年頃に集中。あまり纏まっていないな(汗)。



web拍手 by FC2

 光と影で描く戦争の記憶 藤城清治さん 

NEXT 未来のために

藤城清治さん(92歳)
影絵作家。70年、光と影でメルヘンの世界を描き続けてきた。
「人間として『生きる喜び』をみんな持ってほしいと願っている。」


戦後間もない東京で、
瓦礫に差し込む光と、その影に手掛かりを見出し、影絵作りを始めた。
「みんなをなんとか楽しませてということがすごく大事。
 こっちもそれしかやれないし、それが僕の原点にある」


こびと
生きている喜びを持ってほしいという願いから生まれ、
作品に欠かせないものになっていった。

今も全国各地で行われているサイン会。
こびとに象徴される藤城さんの作品は、
世代を越えて多くの人に夢と希望を与えてきた。


『悲しくも美しい平和への遺産(2005年)』
『長崎山王神社の一本足の鳥居と生き続ける大クス(2009年)』


80歳を過ぎた頃から、戦争の爪痕を影絵にしてきた。
そこに必ず登場させたのは生きている喜びの象徴である小人。
二度と戦争を繰り返してはいけないという平和への祈りが込められている。

この夏、これまで向き合えなかった題材に初めて挑んだ。

自らの戦争体験である、太平洋戦争末期の特攻。
特攻に飛び立つ友人達を見送り続け、自分も死を覚悟したが生き残った。

亡くなった友と、生き残った自分。
戦争が突き付けた生と死を、影絵の光と影の世界で表現したいと考えた。

封じ込めてきた記憶から新たな影絵を生み出そうと、全てを掛けて臨んだ。

「原爆ドームを描くのとは違って、
 ある意味で自分の気持ちを象徴化された作品にならなくては」

「平和な世界を祈る、望む。
 切って切って切りまくって、ひとつの集大成、人生観を訴えたような絵に」

「感覚と体力と命、全てを掛けた作品としてふさわしいものができればと思う」

こびとを描くか 
死に向かうゼロ戦の隣に、一時は描かない方がいいかと悩んだが、描いた。

「平和を願って描いている絵の中に描かないっていうことはむしろおかしい。
 はっきり出してこそ、
 やっぱりこれに打ち込んで描いた自分の覚悟というか、決まりをつけたいな」



こびとは何かを訴えるように、しっかりとこちらを向いている。

ゼロ戦を見送るように満開に咲く桜
花びら一つ一つに、散っていった仲間の思いと、見送った自分の思いを込めた。
見送っている国民全部の心でもあるだろうし、
 飛び込んだ人は桜の花びらとして散っていったんだろうと思うし

 鎮魂の意味がある。花一つにね。」

特攻で散っていった一つ一つの命。
彼らの死があったからこそ、今日はある。

「静かにね、見てもらって、みんなの心の中に何か、
 日本の良さみたいなものをね、生きている喜びをこの中から受け止めて、
 やっぱり生きていることは良かったと、感じ取ってもらえればね」


作品『平和の世界へ』完成。

展覧会
藤城さんの影絵作家としての歩みを記す92点。その真ん中に最新作が置かれた。


「悲しいよね、ゼロ戦が飛ぶところ」
「絶対こびとさんがいるんだね」
「だからなんか希望が湧くよね」



web拍手 by FC2

 夢を叶える冒険カフェ 

日本のチカラ 田舎だからこそできる『冒険カフェ』とは

広島県北広島町 
農業と共に歩んできた歴史
が今も色濃く残っている。
人口約2000人。過疎と高齢化が進んでいる。


植田絋栄志(ひさし)さん 愛知県出身。
アジアの国から商品を輸入し、販売。

2001年 スリランカで象の糞を原料に再生紙を作る事業を始める。
ぞうさんペーパー 全国の動物園や美術館で販売。象と人間の共生を願う。

東日本大震災
皆が社会の仕組みに乗って生きているので、
何かがあると、水・電気・乗り物など、全てが止まる危うさがある。
店のものがいっぺんに空になる。
店にお金を持っていけばすぐ満腹になる仕組みはあやしいのではないか。

2011年 母の実家があるこの地域に、家族で移住。


自分で作って、売って、発信したい

芸北ぞうさんカフェ 過疎地に人と情報が集まるカフェ文化を。
海外の事業と並行して、移住して半年後に開店。
仕入れ・資金の調達・厨房は奥さんが支えている。

カフェの仲間と農作業 山を借りて椎茸栽培。
儲けはまだないが、作った野菜などを使ってこれからもがんばる。


仲間の得意分野を生かし、星空観察・コンサート・演劇などを開催。

お月見会 知り合いを増やす良い機会の一つ。
お寺で毎年開催している住職さんが、植田さんに共感し声をかけるようになった。


農業体験
参加料を徴収し、次回の資金
にする。
都市部に発信すれば農業は商売になる。
ただ一つ心がけているのは、辛い作業をみんなで楽しくやろうということ。

農地の確保が一番の課題

豪雪地帯
仲間と一緒に、お年寄りの家などの雪かき
をやる。
自分が地域の役に立つことが大切。


助けてくれる農家さんの話
農作業を有料のイベントにすることに、始めは抵抗があった。
「植田さん達は、環境にやさしいとかいう、ポリシーとか夢を追っているけど、
 地元の人は効率性や経済性を求めるので~
 植田さんが上手くやっていると思わない人もおる。

 ~みんなもやっぱり刺激になった感じがする。
 どういうふうに経済が動いているのか、
 植田さんはもともといろいろな経験をした人だから、
 ずっと地元にいて親の後を継いだりしていたらわからんよね。」


地元で生産される農産物を使った宇宙食の開発
この地方は古くから保存食が豊富。
宇宙時代に先駆けて準備を始める。夢はとにかく大きい方がいい。
↑パッケージがおしゃれ。


岩本農園の岩本さん りんご農家。
ぞうさんカフェが、自分達の在り方を見直すきっかけになった。
このりんごをつかって何とか地域に貢献したいと思うようになった。

天草を使ったりんごのジュレを開発 
赤ちゃんからお年寄りまで体にやさしい。

りんごのジュレを宇宙食として商品化 宇宙食を作った企業が提案。

海幸ジュレ ミラノ博に広島県代表として出品。

海外に売りだそうと言った植田さんに、始めはそこまでしなくていいと思ったが、
夢を持って行動すれば叶うのだと思った。


農村の資源を生かす
ジビエ 狩猟によって食材として捕獲
された鳥獣肉。
仲間が狩猟免許を取得。


広島大学で講演 事業を興して失敗したことなど。

地域に少しでも貢献できるような企業家になりたい。
喜ばれるし、自分にとっても面白い。



新しいことに挑戦してほしい
みんな起業すればいい。
レール外れたら人生最後とは思わないで、
僕が失敗も含めていろいろ深く考えずにやっていくのを見て、
おれもやってやろうかなと思ってもらえればいい。



感想
地域の人みんなを仲間にしていく感じ。
大学で学生たちに友達申請してくださいと言っていたのが印象的。
自分ではできないことがあっても、できる仲間を増やせばいい。
りんごのジュレを宇宙食にしたのは植田さん自身ではない。

感想2
今ある職業に自分を当てはめるのではなく、
自分には見える問題点、できそうなこと、みんなが喜びそうなことを見つけて、
それを仕事にできればいいと思います。



web拍手 by FC2

 小野田寛郎(旧陸軍少尉) 

あの人に会いたい
小野田寛郎 (1922~2014)
大正11年、和歌山の厳格な家に生まれ、反発しながら育った。
昭和14年、旧制中学を卒業し、貿易会社に就職。日中戦争最中の中国に渡った。
太平洋戦争が始まると徴兵され、陸軍に入った
中国語ができることなどから、陸軍中野学校に推薦された
スパイ活動やゲリラ戦を教える学校で、
「石にかじりついても生き抜け」という教えを受けた。

「覚悟が無いとやり遂げられないので強制はされなかったが、
 逃げたくはなかった



昭和19年12月、フィリピンのルバング等に派遣された。
命令は、「島にいる守備隊を指導し、ゲリラ戦を展開せよ」
2か月後、アメリカ軍が上陸し、200人の内160人近くが戦死
した。

昭和20年、終戦。
ルバング島の兵士は次々に投降していったが、
小野田さんと、共に行動していた2人は終戦を信じず、島に残った。

「私は軍人として、命令によってこの島に派遣されてきたものでありますから、
 命令の無い限りは、絶対下山することを許されるものではありません。」


森に潜んでから3年位は辛かったが、地形や果物のある場所、実る時期などを覚え、
どこで敵にぶつかっても勝ち目があると思えるようになった。

居所を隠す日々。
武器や食料など、20kgもの荷物を背負って密林を転々と歩いた。

終戦から9年目と27年目に、戦友を失った。

しかし、一人になっても気力は失わなかった。

「一人になったらどういう利点があるか~
 いくらか弱くなっただけで半分じゃないんだ~
 自分にそういうことをはっきり言い聞かせないと、あしたから生きていけないんです」



戦闘をきっかけに小野田さんの生存が発覚し、日本政府の捜索が始まった。

昭和49年3月、かつての上官から任務解除の命令が伝えられ、森を出た。
終戦から29年。一番辛かったことはという質問に、「戦友を失ったことです」。

51歳で帰国。
←怖かったと言うお母さんがうれしそうに迎えていた。よかったね。
しかし、一年足らずでブラジルへの移住を決意。

「いわゆる英雄扱いの目でいつまでも見られていることは、
どうもガラス箱の金魚のような感じがするのと、
ここらで少し自分の自由な生活をしたい、
皆様と同じだけの自由さぐらいは認めてもらいたい。」



ブラジル・南マットグロッソ州
灼熱の原野を切り開いて牧場を作る。
10年近く寝る間も惜しんで働き、1800頭の牛を飼育するまでになった。

牧場経営が軌道に乗ると、小野田さんは再び日本に目を向け、
昭和59年、「子供達に生きる力を付けてほしい」と自然塾を始めた。
平成4年には、福島県に専用のキャンプ場が完成。
のべ2万人以上の子供がさまざまな体験をした。


「もともと考えていたことなんです。
 きっかけは金属バット事件で親が殺されたこと。
 自分の少年時代から考えて、子供たちがもう少し自分らしくふるまえて、
 そういう鬱憤がたまらないようにすることじゃないかなという。
 結局ルバングの経験と言えば、熱帯の自然とか戦のことですけど、
 人間の弱さ、自分の弱さと強さだけははっきり悟ったんですね。」


子供たちにもう少し自分を表現できる、あるいは、
自分の自主的な行動ができるようにというのが狙い。

ルバング島での30年、ブラジル、日本。
どの時代も常に全力で生き抜いた。

「教訓は覚えているが、次に利用するだけ。
 あの時は苦しかったなどと、後ろは絶対振り向かない。」




web拍手 by FC2

 “虹の国”を目指した男~ネルソン・マンデラ氏の遺言 

#3443 クローズアップ現代 

人種隔離政策
少数の白人が政権を握り、黒人の参政権を否定。
黒人の住む場所を指定、教育も白人と黒人を分離、一緒にバスに乗ることすら拒否し、
抵抗運動は徹底的に弾圧


ネルソン・マンデラ(1918~2013年)
白人から数えきれないほどの侮蔑を受けて育ち、政府に対する武装闘争に身を投じた。
1962年(45歳)、政治犯として収監
された。
しかし、そこで「白人はなぜ差別をするのか」と考えるようになった。
「他人の自由を奪う者は、憎しみに囚われ、偏見の檻に閉じ込められているのだ」
「怒りに囚われることは無意味だ」
「~抑圧する側も解放されなければならない」
お互いが理解するための、対話が必要
だと気付いた。
 
1990年 釈放。27年もの獄中生活だったが、そこに怒りの表情は無かった。
「刑務所に、苦々しさや憎しみは置いてきた」←当時72歳!

1994年 圧倒的勝利により大統領就任
初の黒人による政権。白人の間には報復への恐怖
が高まった。

人種隔離政策を撤廃。

「黒人も白人も胸を張って歩ける、人間の尊厳が守られる社会を築こう。
 我々が目指すのは平和な虹の国だ」



真実と和解委員会 
人種隔離政策時代の人権侵害を明らかにする。しかし、懲罰や復讐が目的ではない。

「被害者にとって、加害者への懲罰を放棄するということは受け入れがたいでしょう。
 しかし平和のためにはどうしても必要なことなのです」



「肌の色や育ち、信仰の違いを理由に、他人を憎むように生まれつく人などいない。
 人は憎むことを学ぶのだ。~愛は憎しみより自然に人の心に届くはずだ」


白人を赦し、共に新しい国を作ろう。憎しみよりも和解。ノーベル平和賞を受賞。


南アフリカ共和国の今
2013年、ストライキを起こした黒人の鉱山労働者達に、警察が無差別に発砲。
黒人を力で抑え込むやり方に批判が集まった。

政府は、公的機関や企業に、黒人を一定の割合で雇用することを義務付けたりしている。
しかし、9割の黒人はまだ貧困から抜け出すきっかけすらつかめていない
と言う。


誰もが機会を与えられる社会にするために、世界を変えることができるのは教育だと、
マンデラ氏は何度も強調していた。


チュラニさん
マンデラ氏の言葉に感動した母が苦労して大学まで行かせてくれた。
マンデラ氏の遺志を継ぎ、恩返しをしたい。
一人でも多くの子供に機会を与えたい。

「~私達はマンデラの偉業を称えるだけではなく、~一人一人が行動を起こすべき」




web拍手 by FC2

 飯田亮(まこと)さん(セコム創業者) 

林先生の痛快!生きざま大辞典

セコムの理念 
社員になった時に配布され、昇級試験にも使われ、退職時に返還しなければならない本。

↓その一部

私は、中学一年生の時に太平洋戦争の敗戦を迎えた。
その混乱状況の中で様々な体験を勉強したが、その時に私が一番感じたことは、
過去の教え込まれて信じて来たものは一体なんだったんだろう、
過去の価値観というものはいつでも変わっていくもので、
それほど重要に信ずるべきものではない
ということである。



大切なものを壊され虚無感に陥りながらも、変えていけることに気付き、
自分の力にして戦後の日本を作った。



感想 やなせたかしさんもそんなことを言っていたなあ。→やなせたかし
争いは、自分の価値観しか知らない・認めないというのが原因になっていると思う。
でも、これから変えていけるんだという言葉が希望を与えてくれる。


他にもいろいろ面白かったけれど、あと2つだけ。

部下を育てるには、まず場を与えること、なるべく多くの泥水を飲ませることでしょう。



ザラついた人間になれ


今の若者は傷つくことを恐れ、当たり障りのないことしか言わない。


web拍手 by FC2

 近藤麻理恵の片づけ法 

全力教室
1、片付けの目的を考える 人が来ても恥ずかしくない状態を保つ。

2、捨てるものと残すものを見極める
残すものを選ぶ それ以外は要らない。
「有るに越したことはない」は禁句。
実際に触ってときめくもの、自分を幸せにしてくれるものを残す
要らないものを他人に押し付けてはいけない 自分で責任を以って手放す。

同じ種類は纏めて一気に行う
季節外の服→本→書類→小物→思い出の物。

服 季節外の服を全部出して積み上げ、自分が持っている量を把握する。

ときめかない服は部屋着にしない。無駄遣いを反省して手放す。

本 本を全部出す。読み返さない。
実用本や勉強本は一度手放す。

書類 全捨て前提。 ←あああ、これ無理~。
空が基本の未処理の書類を入れる箱

小物類 文房具・装身具・化粧道具・薬品類・消耗品・CD・DVDなど。
役目が終わった物は手放す。

思い出の物 結婚式の招待状・日記・お土産など。
今までの片づけでときめきの感度が上がっているから捨てられるようになる。

高価だったもの 当時はときめかせてくれたと思って手放す。


3、物の定位置(戻す場所)を決める。
服 スーツやコート以外はたたんで立てる。9割収納。

小物 立てる収納が基本。どこに何があるか分かり、取り出しやすく戻しやすい。


片づけは物理的な作業だから、終わりはきっとある。


物を大切にする 
子供には、まず洋服のたたみ方を教える。
「ありがとう」と言いながらしわを伸ばし、きちんとたたむ。

自分が使っている物に対して愛情や感謝を持って扱うと、
自分にとって、ずっと一緒に過ごしたいと思えるものが分かるようになり、
人生が変わる。




web拍手 by FC2

 #後 荒木飛呂彦×千住明 

千住明 3000以上の楽曲を作ってきた。
映画・アニメ・ゲーム・番組・編曲など、変幻自在の音の職人。
有名なのは風林火山の曲・スーパードライのCMの曲
などなど。

風林火山の曲 始めに作った曲は、雄大だけど勢いが少なめ。広大な西部劇みたい。

荒木氏がスーツで訪問。表彰盾やジョジョを玄関に飾っている。
ピアノ・キーボード・ガラスの机など、洋風な仕事場。

緻密な手書きの楽譜 下書きと清書がある。きれいに書くと綺麗な音が出ると言う。
ひとつひとつ書かないと魂が入らない。

最高の音で応える
 常に新しい音を求められる世界。

荒木氏はジョジョだけを、好きなことを好きなように書いているので、
千住氏に制約について聞いてみた。

始めは80%自分を殺した
在学中26歳で初めてのCM曲
を作った。
「面白いもの作って」とだけ言われ、
何十曲も作り、面白さを訴えたが、全部面白くないと言われた。
丸一日現場に籠って作り、最後の曲で「これがいいよ」と言われた。
この経験から、面白い事とは「だれもやっていないこと」だと気付いた


東京芸術大学大学院を首席で卒業したがクラシックに行かず、映像音楽の道に進んだ。
周囲には否定されたが、自分は新しいことをやっているのだと言った。

ピアノ協奏曲「宿命」 2004年ドラマ「砂の器」の、最も苦しんで作った曲
30年前の映画版「宿命」があまりにも有名なのに、進化した「宿命」を求められた
物語の核になる曲で、音楽だけで主人公の人生を描き切らなくてはならない。
この作品ができたから、自分らしさを出していってもいいと思った
と言う。
荒木氏も、名作のリメイクは描きたくないと言う。

ドラマの最高視聴率は26%、CDは10万枚売れた。

依頼した人の話 よくぞこれを作って下さったと思った。
圧倒的に品がある。品格がずば抜けている。依頼を踏まえた上で越えてくる。

妹の真理子氏
家族はお互いに他人が言わないような嫌なことを言い、叱咤する
始めの頃は自分を出さないで映像音楽を作っていた頃もあったが、
今では自分を出しながらその世界を乗っ取ったと思う。


同じところに留まってはいけない、どんどん変えろ

千住 いつでも先駆者でいたい。若い人と仕事をする。一番大切なのは影響されること
荒木 理解できない漫画に出会っても拒否してはいけない。勇気を出して読む。

荒木氏は、今年フィレンツェで原画展を開く。魂を込めて連載を続けていく。
千住氏は、万葉集など、日本文化を取り上げた創作オペラ
に取り組んでいる。

荒木氏 自分も漫画を読んで癒された。人生の希望や目標。
無意識の天然性
 ジョジョ立ちは計算していなかった。ねらいとは違う楽しみ方がある。

千住氏 聞いてくれる人がいるから音楽は命を持つ、聞いてほしい。
無駄な音符はかわいそうだから書きたくない。

番組の終わりに、たらこスパゲティを作ってあげていた。
いつも自分が作るのはおいしいと自慢していたんだって。 


感想 どちらも興味ありありで、面白かった! 真理子さんのCDも良かったです。
ドルチェドルチェ
(2007/01/10)
千住真理子

商品詳細を見る





web拍手 by FC2

 #前 荒木飛呂彦×千住明 

#3 SWITCHインタビュー お互いの仕事場を訪問する。
千住氏が司会をしている日曜美術館に荒木氏が出演し、同じ年でもあり意気投合
しかし、仕事の話はしたことはなかった。

漫画家 荒木飛呂彦
ジョジョの奇妙な冒険 連載26年、累計発行部数8000万以上。

MAG・ネット

青鉛筆で下書きをすると印刷に写らない 先輩から教わる漫画界の伝統。

漫画は絵だけ見ても楽しめるものだと思っている。

千住氏は、第3部位から構図・色使いなどが絵画的になった
と言う。
荒木氏は、若い頃に出版社が連れて行ってくれたイタリアで影響を受けたと言う。
飛行機などは苦手で、乗り気ではなかったが、立体で見ると衝撃を受けた。

2011年 女性誌でジョジョの登場人物がグッチを訪ねるという企画が受け、
20か国以上の店頭を飾った。

漫画家はスタイリスト・カメラマンなど全部をこなす。
荒木氏は売り上げが下がっていたらどうしようと言う。

個性的な登場人物 一番大切。話も絵もそれに付随するもの。読者の度肝を抜く。
60項目に及ぶ身上調査書 登場人物にも子供の頃から積み重ねた人生があるから。

ドラゴンボールがあった。

描く場面に合わせてCDを選ぶ 地下には1万枚を収納する巨大な棚がある。
場所と時代で選ぶのが楽しい。歌詞が分かると場面との違いが気になるので洋楽が多い。
第一部はプログレッシブ・ロック。時空を越える雰囲気。「タルカス~噴火~」など。
抑揚・盛り上げ方・世界観の作り方は音楽から学んだ。
次を読ませるために音楽のリズム感を取り入れた。
リズムを描くために話を作ることもある。

千住氏は、西洋音楽には時間の三角形という概念がある
と言う。
聴く前の静寂から聴いた後の静寂の間の時間を構築する。ジョジョは音楽的だと言う。

学生時代は、漫画を読むと馬鹿になると言われた時代だった。
千住氏も、隠れて漫画を読み、不良だと言われたバンドをやっていた。

1980年、20歳で手塚賞準入選。
←手塚氏に褒められる映像。なんとかわいらしい。
当時の担当者の話
筋運びは巧みだったが、王道からは離れていた。
キャラにまだ魅力がなかった。
ジョジョの2部位までは、常に打ち切りの危険を伴っていた。

禁忌を破る
舞台と登場人物を外国にした
 皆と違うことを描きたかった。

第一部の終わりで主人公が死ぬ 「男は死んで良いものを残す」ことを描きたかった。


規則正しい生活 描くのは11時から23時まで。週休2日。
締め切りに追われることはほとんどない。
生活の一部にすると辛くない。




web拍手 by FC2
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月の開運法ブログパーツはJavaScriptを有効にする必要があります。


presented by
生きがいアフィリエイトのすすめ


問い合わせ先
日本国憲法

世界人権宣言


「ここの人、前になぜかニーチェについて書いてたよな、気になる」てなときに、『ニーチェ』と検索するとその記事が見つかるのです。すごいね!
ちなみに、書いていなそうな語句を検索すると、記事は見つからないけど、関連商品などが表示されます(笑)。
「5月の初め頃の記事…」と時期で探す時に便利です。

全ての記事を表示する

始めの10件位、この機能に気付かず「もくじ」の記事を作って、記事を書くたびにハイパーリンクしていました…。

日本語→英語 自動翻訳
English
♥. ♠. ♣Alice
Web page translation
最新トラックバック
まどろみ島の管理人

遊子

Author:遊子
このブログについて
トップページへ

RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

StyleKeeper